さざれ石

 石は成長する?

 神社の参道や寺社の境内にサザレイシが置かれているところがありますが、殆どの人は目にも留めないで通り過ぎます。

 昔、石というのは砂粒が成長して石となり、更には岩になると思われていました。

 日本国の国家にある、「サザレイシの巌となりて苔のむすまで」というのは、それ位永く栄えますようにということであります。

 

 天女が3千年に1度天界から降りてきて、羽衣を岩にかけて地上で遊楽し、帰るときに羽衣をとって羽織るとき、薄い羽衣と岩が擦れてできるのがサザレイシ。

 そのサザレイシが巌となり苔むすまでということは、千代に八千代にどころの時間軸では計れない気が遠くなるほどのもの。

 

 実際のサザレイシというのは「石灰質角礫岩」といって、小さな石の欠片の隙間を、長年月かけることで石から溶解してでてくる炭酸カルシュームや水酸化鉄が、周りの砂や小石を固めて大きくなったもの。





神社参拝の作法