小   説


 童話リンク

                  
                夏風越の(なつかざこしの)

                                                          百神井 応身

信州飯田の背面に、風越山と呼ばれる山がある。越すというのは、なにを意味する言葉

なのであろうか。近頃は、「ふうえつざん」と読むことも多い。

 

春爛漫である。揺れ動く風に乗せて校庭脇の枝垂れ桜が、花びらを夥しい便りのように

して、新入生たちの頭上に天もがこの日を祝っているかの如く降りそそいでいた。

 よく晴れて暖かな校庭での入学式典が終わり、それぞれの教室に引き上げる列の両側に

は、部活動への勧誘のための上級生たちが並び、これと目をつけた新入生を取り巻いて、

盛んに入部を誘うというよりは半ば強制的に迫っていた。

 そんな中に、長身白皙、静かな雰囲気の生徒がいて、剣道具を身に着けた堂々たる体躯

の四~五人に囲まれていた。

 「お前、剣道部に入れ。」「・・・」「わが部は、インターハイで度々優勝を果たして

いる伝統ある部だ。お前は見所がある」有無を言わせぬに近い勧誘であった。何をもって

見所と言っているのかの説明はない。

 その傍らを、琵琶の木刀を肩に担いだこれも新入生が通り抜けながら嘯いた。

「腕を見てから返事をしたほうがよいぞ」あからさまな挑発であった。

 これを聞いた部員たちが色めきたった。

「なにっ!生意気な。ちょっとこっちに来い」

「ふん、これしきで気色ばむようじゃ、腕のほどは知れたものだ」

 言い放つと同時に、肩に担いでいた木刀で無造作に空を縦に薙いだ。木刀とも思えぬ、

空気を切り裂く凄まじい刃音であった。

 先輩たちとの間に音を立てて落ちてきたものがあった。先程らい空高く弧を描いていた

鳶であった。

 気勢を殺がれたというばかりでなく、格段の腕の差を見せつけられた思いで先輩たちは

青ざめた。

 入部を迫られていた数馬は、どこかで以前に確か見たような光景であると思ったのであ

る。風に溶けたかのように遠く霞んだ記憶であった。同時に、自分の名が数代を繰り返し

て午年に生まれたからついた名なのかと、なぜかふとそんな思いが頭に浮かんだのでもあ

った。

 後に、彼が数馬に語った。「校門の前の石垣を組んでいる石屋が、でっかい石をハンマ

ーの一振りで真っ二つに割っているのを見たことがあるだろう?」「うん」「あれと同じ

さ。石屋は石の目を読んでそこにハンマーを当てるし、俺は風の目を読んで、そこに木刀

の刃先を入れるだけのことさ」

 青嵐に山々が揺れ動くのは、まだまだ数ヶ月は先のことである。

 

信州飯田、堀大和守一万七千石の城下町は朧月に濡れてボウと滲み、辺りは総てひっそ

りと眠っているかに見えた。十代親寚(ちかしげ)が外様ながら幕府の要職につき、若年

寄としての功によって加増を受け二万七千石となったのも束の間、老中格として水野忠邦

の「天保の改革」を助けたという失政の責めにより減封され、現石高となったのである。

十一代親義の元治元年、遠く北の地で、三月末に争乱が勃発した時節柄でもあり、余人

にはそれと知れずとも、微かに異様な気配が運ばれ映っているかの如き妖しい光を月に感

じとって、隼人は眉を顰めた。

「うむ、六回か。随分手加減したな。それでもそなたが居れば何が来ようと心配あるまい

よ」白髪白髭、藜(あかざ)の杖を片手に仙人然、傍らに並んで静かに佇んでいた庄兵衛

が呟いた。目の先、肩の高さほどに撓った竹の葉先から、夜露がキラッと光って地面に落

ちるまでの間に刃を切り返してその露の粒を斬リとばした回数を言ってみせたのである。

刀が鞘を離れたわけではない。気合だけのことではあった。

背後に暗く迫る風越(権現)の山の端が翳んでいた。

余談ではあるが、仙人の杖というのがある。ご存知の通り、杖頭が瘤になっているもので

あるが、藜という1年草から作られる。

藜は、新芽のころにはお浸しなどにして食用にもできる雑草で、夏には背丈以上に伸びて

葉を繁らす。秋になって根ごと掘り上げ、髭根を切り枝を払って幹を磨き、長さを整えて

瘤状の根を上にして杖とする。軽くて丈夫である。

何事も無く一夜が明けると、天竜の川からは朝霧が立ち上り、辺りを蒙と包みこんだ。

この川には「かわらんべ(河童)」が棲むという。これにシリコダマを抜かれると命がな

くなるというが、憑かれると大きな鼾をかくようになり、人の言うことを聞かなくなるの

だと言われる。取り憑かれた者は、見る人が見れば、すぐにそれと知れるのだともいわれ

ていた。身体が青黒くなるのである。

 

程なくしてお日様の強い光に霧が突き払われると、座光寺の里は春霞む天竜川の段丘上

に、昨日と変わらず茫と浮かんでいた。天に桜の紅、地に菜の花の黄色、揺らめく景色を

分けて吹き抜ける微風は、香りを乗せて肌に心地よかった。

 そこここに色鮮やかな草花が、眩いばかりに光を跳ね返している。名はあるのであろう

が、派手な主張をしない花は、いかに美しくとも一括りに雑草扱いされる。

そこから坂道を四半里ほど下れば、古刹元善光寺がある。推古天皇十年、麻績の里(座

光寺)の住人本多善光が、難波の堀から一光三尊の仏像を拾い上げ、これを本尊としてこ

の地に迎えて臼の上に安置した。その後、皇極天皇の時代に長野に遷座したが、霊験あら

たかであり、長野と座光寺の双方の善光寺にお参りしないと片参りであるとされる由縁が

このあたりにある。

 近隣に限らず、参拝する善男善女からの篤い信仰は、根付いて永い。

緑なす草々のそこここに、今を盛りと群れ咲く蒲公英の帯を裂いて、三州街道が黒田の

里をよぎり飯田の城下へと白く続いている。

 三州街道(上街道)は、中山道の脇街道として中馬で荷駄を運ぶ通商の道であり、別名

伊那街道とも呼ばれ、信州と三河を結び栄えた。

 中馬とは賃場の転訛であるが、宿場で馬を乗り継ぐ伝馬と異なり、街道を通じて馬を乗

り変えない方式であった。

隼人は、一本杉のもとに祀られた山の神の祠前から、座光寺富士とその地で呼び慣らわ

されている一二七〇米の山を背に、大門原を下り、その三州街道を飯田長姫城下に向かっ

て平安城相模守を無造作に佩き、着流しの裾を僅かに閃かせながらゆっくり歩を進めた。

 途中、何人かの旅人に追い越され行き違いしたが、一見なんでもなく見えて、腰の据わ

り足運び目配りに、隠しても隠しおおせぬ雰囲気をまとった旅人たち出あった。

 

その昔、白羽の矢が立ったという厚い藁葺き屋根を持つ家が建つ上黒田の付近に差し掛

かったとき、突然ヒョウと空気を切り裂く音がして、隼人めがけ一筋の矢が飛来した。

隼人に矢を射たてるのは至難の技である。弓弦の音の方が先に届くというばかりのこと

でなく、視野が桁外れに広い上、毛先ほどの気配があれば、仮に暗闇で目を閉じていてで

あっても、身を躱すことは苦も無くできる。

わずかに肩を捻り、およそ緩慢としか見えない動作で懐手を抜くや、飛び来たった矢柄を

掴むと、矢の飛び来た方向を見やるでもなくその矢に目をやって、隼人はかすかに頬を

緩めた。何を意図しての射かけなのかは、わからぬ。ご丁寧にもこの地に因んだのか、そ

れは白羽の矢であり、何故かその白い矢羽根の一部分が切り取られていたのである。

 

白羽の矢に始まる岩見重太郎の狒々退治伝説に語り継がれたあらましは、こうである。

風雲急を告げる戦国時代の末のころ、暮れなんとする刻限に中山道の脇街道である三州

街道を、上方目指しているらしき旅の武士があった。この上黒田の辺りに差し掛かると人

だかりがあって、中に憔悴しきった老夫婦と若い娘が肩を寄せあって泣いていた。

「おお、なんといたわしや。真面目一方できたわしらが、どんな悪いことをしたというん

じゃ。神も仏もないものなのか」娘を掻き抱いて身も世もなげに嘆いていた。

「お父、お母わしゃ行きとうない。そいだけど、わしが行かなきゃ代わりがあるわけじゃ

なし。わしの身が役に立つんならしかたないずら。でも、おっかないし・・・」

今年は、この家の屋根に白羽の矢が立ったのだという。矢を射たてられた家は、その家

の娘を人身御供として差し出さねばならない仕来りであり、さもなくば全村に災いが及ぶ

というのである。それがいかなる災いなのか知る者はないのだが、それぞれに想像を逞し

くするから際限というものがなくなってしまい、恐れられていた。

その人身御供として神社に上がらねばならないのが、今宵なのだという。

人は上っ面で綺麗ごとを言っていても、その実は嫉妬と損得で動く。自分と比べてない

ものを持っている人に陰湿な感情を抱く者が多い。努力してそれを手に入れることをする

前に、つるんで他人の足を引っぱる。周りにまで配慮ができる人は少ない。無いものを得

られないとなると、次は自分がいかに損をしないで済むかを考える。目先のことだけだか

ら、将来にわたって自他ともに良いということに意識は行かない。

周りに居ながら、自分のところに害が及ばないとなった人の無神経さと、配慮もしない

で発する白々しい慰めの言葉の残酷さは、おためごかしにすらならず、気の毒がっている

ように振る舞っているようでも、言葉に出せば出すだけ、その者らの品性を落とし、白々

しくて空虚であった。

 泣く泣くその仕来りには従わざるを得ないのだと、その場にて聞き及んだ旅の武士は、

「よいよい、拙者がその災い取り除いてくれよう。安心してまかせるがよいぞ」と声をか

けた。穏やかながら強く響のある声音であったという。

我が身を捨てても村の衆の為になれば、という娘の健気な心映えが呼んだ天佑だったか

も知れない。


日暮れて、慣わし通りの白木の箱に入り、身代わりとなった武士の上には内掛けが被せ

られ、箱には蓋がされた。

 白木の箱を担いだ村人の行列は、野底川沿いの山道を、権現山から連なる虚空蔵山の麓

にある姫宮神社に向かい無言のまま進んだ。

 娘と武士が入れ替わっているとはつゆ知らぬ担ぎ役の村人たちは、わが身の難を背負っ

て身代わりとなってくれた娘への感謝や労わりの言葉を箱に向かってかけるでもなく、恐

ろしさが先にたって無言の道中を続けた。早く帰りたいというのが本音であった。

物音が一つでもしようものなら、いつ箱を放り出して逃げ帰ってしまっても不思議でな

い行列でもあった。

 

境内に辿りつき静かに箱を地面に降ろすやいなや、運んで来た村人たちは、後も見ず蜘

蛛の子を散らすが如くワっとそれぞれに逃げるように走り去ってしまった。

 やがて、静寂に包まれた闇の中に青く燃える目が浮かび、あたりに生臭い風が吹いた。

 神社の横手より、用心深い足取りでひたひたと白く仄浮かんだ影が進み、その手に箱の

蓋が乱暴に取り払われた。

そして一気に被せられていた内掛けが捲くりあげられるのに合わせ、下からその物の怪

に向かって柄をも徹れとばかりに刀が突きあげられた。

「ぎゃー」と叫んで倒れ伏した六尺余りのそれは、夜が白んで確かめてみると、年を経て

全身が白毛に覆われた狒々であったという。

 これがこのあたりに残る岩見重太郎の狒々退治の伝説である。

 何故狒々が若い娘を毎年所望したのかは伝わっていないが、中国にいう猿の妖怪である

「獲猿」が、攫媛となって伝わり、媛を攫うに通ずるとして娘なのだとの説がある。

 

ここから八里ほど北、駒ヶ根の光前寺にも「伊那の早太郎」伝説というのがあって、こ

の寺で育てられた犬が、乞われて遠州磐田まで出向き、そこの妖怪と壮絶な戦いをしてこ

れを倒したのだが、満身創痍となってしまった。息も絶え絶えとなりながらそれでも、育

ててくれた恩がある故郷の寺まで辿り着き、そこで力つきた、という話の妖怪も狒々であ

ったということであるから、訝しいといえば訝しいことではある。

 

助けられた娘のその後も、助けた武士のその後も、揺として知れぬ伝説なのである。

 

 話しは変わるが、このあたり一帯には古墳が多く点在し、中でも前方後円墳である高丘

の森の石室に深夜丑三つ刻入ると、石壁の一部が移動して洞穴が現れ、この穴を辿ると、

遠く権現山まで通じているとの言い伝えが残っている。

 その高丘の森から河岸段丘となっている一山を越える途中に、瑞垣が神寂びて佇む麻績

神社がある。この神社には神官がいないが、里人の尊崇は厚く、いつも掃き清められて厳

かである。麻績(おみ)の名がどうしてついているのか知る者はないが、麻というのが神

様ごとに深く関わって、依り代であったり幣であったりするのは広く知られる。

 しかし、音に出したときの微細な振動について触れる人のないのも、不思議といえば不

思議なのである。

 「麻績(お~み)」「オーム」「アーメン」「南無ナーム」「阿―吽」などの持つ振動

が誘うであろう世界があるようなのである。そこに繋がる正確な音や波動は、なんとなる

のだろうか。

神社から更に山を掻き分けて登ると、戦国の昔に山城であった南本城跡がある。

廓張りであった土塁の今は、狐の巣穴が多数掘られている。そしてこの山裾を巻いてい

る坂道を稲荷坂と呼ぶ。

狸は己が他のものに化けるだけだが、狐は人を化かすのだとか。

 夜にこの坂道を通ると、時に化かされて、自分の意図しないあらぬ方向へ無理矢理歩か

されるとか、土産品として携えていた折り詰めなどを奪られた者があるとかも言われ、遠

く聞こえるケンケーンという狐の鳴き声は不気味であった。

 

 隼人は、姓を薄田と名乗る。近郷に此の姓を名乗る家は他にない。

 一説に、狒々の人身御供となって果てたかも知れぬ一命を、危ういところで助けられた

娘が、感謝の念が嵩じた恋心で何日か旅の武士の世話をする間に身篭って為した子の裔で

あるとも言われ、その武士の姓であるとのことどもも言われるが、定かならざることでは

ある。

 

なぜか隼人に行きかう領内の誰もが「若様、お早うございます」「今日は、いい塩梅で

ざいます」などと小腰をかがめて挨拶したりと、おろそかにしていないのは確かなこと

であった。

 

 受け止めた矢を片手に、隼人はゆらゆらと歩いていた。矢を捨てなかったのにはわけが

あった。矢羽の一部が切り取られたそれは、直線ではなく明らかに軌道を曲げて遠距離を

飛来したのであった。「福島殿にも見せてみよう」と思いつつも、隼人にしてみれば、射

方によってその矢がどのくらい曲がるものか試してみることに興味を持ったと言える。

隼人が、矢の飛び来たった方向を見向きもしなかったのは、その所為でもあった。見や

ったところで、人影がある筈もないくらいの曲線を引いて飛来したと覚えたのである。



         ご 前 試 合


 城下の桜町に差し掛かるとそこ立札があって、人だかりがしていた。

 此度、殿様の思し召しこれあり、御前試合を催すもの也。

刀槍弓馬は申すに及ばず、武芸百般に覚えある者あらば名乗り出て御前に披露すべし。

 身分委細お構いなしとのご沙汰なれば、百姓町人の参加も差し許されるもの也。

 拠って試合の儀は、五月朔日、今宮神社境内にて取り行われる可し。

 

 「これはこれは、若様もお出になられるんでありますかな」「若様がお出になるんじゃ

もう、首座は決まったようなもんでありまするなう」「さようでありまするとも」

集っていた者たちが口々に声をあげた。百姓町人といえど、殆どの者が文字を読めてい

るということである。この地の学問水準の高さを窺がわせた。

「身共は、こたびの試合に出る心算は毛頭ござらぬ」とのすげないとも言える応えに、残

念そうな嘆声がそこここに漏れた。信仰に近い技前が隼人にあるということである。

 なぜにこの時期、絶えて久しくなかった武芸試合なのかとなれば、先夜の妖しの気配に

関わりあることとして、隼人の進言により催されるものだったのである。

 

 試合というにはそぐわぬ技前の披露の形式で、張り巡らされた幔幕の中では呼ばわれた

順に正面の床几に座る堀公に一礼して、次々に演武が進められた。

 

「井伊左門、剣にござる」

痩身中背、およそ剣には程遠く見える武士が境内中央に進み出ると、鯉口を切って静か

に大刀を抜き放ち、無言で空を縦に薙ぎ払った。

何事やと見る間に、そのまま御前を下がってしまい、何がなされたのか解らなかった。

 しばらくすると、空たかく舞っていた鳶が音を立てて地上に落ちてきたのであった。

 なにが披露されたのかと声もなく立っていた観衆がどよめいた。鎌鼬のごとく切り裂い

た風の先にあったのは、まぎれもなく今まで空遠く離れて飛んでいた鳶だったのである。

 

「福島与五郎にござる。弓矢を少々」

柔和な面差しの割には強弓と見える重藤の弓を携えて、次なる者が境内に進み出た。

三十間ほど先に的が設えられ、中間に幅三間高さ二間ほどの板塀が据えられた。射座か

ら直接に的は見えず、板塀の眞中に直径二寸ほどの穴があって、かろうじてその穴を通し

て的が臨めた。携え出でた矢が四筋、無造作に連射された。

 一本目は板塀の穴を通して、二本目は塀の上を越えて、三本目四本目はそれぞれ塀の左

と右から弧を描いて、悉く的の中央に吸い込まれるように集中した。

 

「河尻又兵衛、槍にござる」

脇に掻い込んだ槍は、先に5寸釘が付いているかのように穂先が細長かった。長身であ

る。介添えの二人が左右から引っ張る綱から、一尺幅位の間隔で肩の高さ程に糸に吊るさ

れた寛永通宝が並んで揺れていた。

やおら槍を下段に構えると、滑るように体が蟹の横ばいさながらに移動し、その間に穂

先が五度きらめいた。風に揺れていた寛永通宝の穴は、すべて槍先に貫き取られていた。

 

「棚田真吾と申します。写しの技にございます」

その場の緊張感と馴染まぬ位に柔和な笑顔で、小柄な男が場内に立った。

「書状書付、その他目に付く品物を百個ほど、この場にお並べ下され」

暫くしてその場に広げられた物を一瞥すると、「もうお取り下げ下されて宜しゅうござ

います」言い終わると、すぐに筆を取り出して半紙にすらすらと文字を走らせた。

書状は一言一句の間違いもなく、出されていた品々の品名は、一つの落ちもなく書きと

められていた。

 

「火打石式種子島でござる。大門次郎衛門と申します」

担った銃には二連の筒がついていて、火縄らしきものは見られない。「手前工夫の、雨

天にても打てる二連発なれば、威力の程ご覧願わしゅう」

十間ほど先の台に据えられた二つの兜に狙いを定め発射すると、轟音とともに見事二つ

の兜の前立ての間には、大きな穴が貫通していた。

 

「大筒花火の工夫にございます」

凡そ花火師には見えぬ学者風の男は、山吹村在住の寺田佐門と名乗った。

境内から離れることおよそ三十間ほどの所に、予め並べ立てられていた案山子に筒先を

向け口火に火を点けると、煙を引いて飛び出した玉が弾けて、間隔のあいた十に余る案山

子が全て粉々になって飛び散った。

 

棒、飛礫、鎌などもひとわたり披露されたが、矢来の外に集まった見物人に見せるため

の催しであったかのごとき雰囲気で終わりとなった。


天竜川に茜を流して、ほどなく夜の帳がおりた。

 夕暮れての飯田城内大広間。百目蝋燭が並べられて、明るい。

 「隼人、そなたの進言あったがゆえの本日じゃが、秘蔵の家臣達も表に出してしまっ

た。このような按配でどんなものであったろうの」酒肴の膳を挟んで大和守が尋ねた。

 「程よきところかと思料仕ります。四~五人は見物人に紛れこんで見ていたようにござ

ります」

 「ところで若様、本日の御前試合での業前披露は、何故あってのことでござりましょう

や。殊更に見せ付け、軽々に手の内を見せるは、異なことに存じますが?」戦国時代に甲

州信州あたりで名を馳せた武の名門、河尻一族の裔とされる河尻又兵衛が、口を切った。

 同座していた出場者全員が、一様に隼人に顔を向けた。

 「殿様からのご下問もこれあり、この先に危惧される争いを避け、長く続いたこの谷あ

いの平和と、生きとし生けるものを守らんがための示威なのでござる。殿様のご苦衷も知

らず、口さがない者がなにかと騒ぐかも知れませぬが、穏やかが一番でござる」

「さればまた、何事か起るのということなのでござるか」今度は福島与五郎が尋ねた。

「本日のご貴殿の弓の業、流石のものにて実に見事にござった。先日それがしに矢を射た

てんとした者の上を行く術でござれば、かの者もきっと肝を冷やしたことでござろう。ご

貴殿をはじめ数々の技前を垣間見せたことは、山深き谷あいの小城ひとつ、なにごとやあ

らんと軽んぜられるを防ぐ手立ての一つにてもござった。かけひきそれだけで済めば何よ

りかと存ずるが、ほかにちと気がかりな気配もござる。お聞き及びでござろうが、筑波山

に天狗が舞い降り騒乱を起こして一月余。言うに恐れ多きことながら、弱体化したご公儀

がこれを鎮撫するは、極めて難しかろうと推量致します。いずれ通るでござろう街道沿い

の八ヶ岳の権現山も、八つという字にからみ恐ろしゅうござるが、ここはまだ目覚める様

子は見せておりませぬから、さしたることなく通り抜けてきましょう。されどことは天狗

なれば、この飯田の権現山・虚空蔵山に向かうは地の利の必定。いずれ伊那を下って京へ

上る道をとるであろう様子が目に浮かぶのでござる。有り様を申せば、水戸の天狗党勢だ

けなれば、目的は当藩との戦ではなく、京に上り将軍家に会うことにてござれば、やり過

せばよきこと。いまひとつは、ご公儀への対策にてもござる。無傷で天狗党勢を通過さ

せたとなれば、どんな咎め立てをされるや知れ申さぬ。さればこそ、これが厳しい処分を

躊躇わす強さを示すことにもなりましょう。それよりも厄介なのが、天竜のカワランベと

虚空蔵山の天狗が、時空を越えて動き出さんとする気配の方なのでござる。まさに脅威は

どちらかといえばこちら。避け難いことになるにしても、神国のことを考えれば、今この

ときは妖しとの戦いへの備えが焦眉の急となっているのでござる」

天狗は翼があって空中を飛翔し、俗に人を魔道に導く魔物ともされている。天狗が全く

妖怪化したことによる霊威怪異の伝承もあって、神隠しなどもその一つの例とされる。

なんにしても、人の言うことを聞かぬのが天狗。後には修験道による山岳信仰と相俟っ

て、神として信仰の対象になるほどの大天狗
も出るのだが、まだまだ恐ろしい存在ではあ

った。

信州は神州に通ずるとの意識が、この地にはあって、超常の現象を知る者は多い。

「今ではなく、百年後にこそ飯田の民の力が必要になるとの声が、しきりに身共の耳奥

に聞こえてくるのでござる」

 隼人の超常的な力を知る一同は、瞬きすら忘れて聞き入った。

 外には昴(スバル)が、いつにも増して輝いている。

 

 「すると、二方面とせず、主眼は魔との戦いということになるのでござらうか」

「さようにあいなるかと」

「しからば、霊魂・魂魄の世界に近いものにてござるか?」

「間違えば、国の滅び。鎮まって去って貰うほかないかと。荒ぶるものも、中にはあろ

うかと存ずるが、それは身共が一身に代えて引き受け申す所存にござる」

武道の修行を積む中で、悟りに近い境地にある面々は、悟り直前近くに現れる魔のこと

は言わずもがな知っていた。心身の鍛錬・修行が進むと、何事にも自由で、美しく開けた

境地に達する。ただ、ここが到達点ということではなくて、悟りはまだ先にあるというこ

とである。

 「先ほど八という数について気がかりとおおせでござったが、八は末広がりで吉なので

はないのでござるか?」

 「左様でござる。方々もお気づきと存ずるが、北辰を指し示す北斗の柄杓の八星が、七

星しか見えなくなってござる。見えていたものが見えなくなるのは危険でござる」

 七星には、輔星アルコルがあって、ときに死兆星とも呼ばれる。

 星は、図にかくと普通☆となり、五芒星である。伊勢神宮の周りに見られる六芒星は、

正三角形を二つ組み合わせて描かれ籠目模様ともいうが、籠目に閉じ込める結界のような

ものであるかも知れませぬ。かごめかごめ かごのなかのとりは いついつでやる とい

う童歌は、言いえて妙。竹籠に閉じ込めるのは、龍。しかし三角形は3次元までのこと。

八芒星は、四角形を二つ組み合わせてでき申す。八は、そもそも再生・甦りの数でござれ

ば、その前に破壊があることは必定。何が壊されるかということでござる。八岐大蛇に限

らず、八に因むものは数多くござるが、八芒星の矢は、本来太陽の光芒を表すものにて、

米はその恵みによるもの。古代における我が国の言葉は、88音あったのだとも聞き及び

申す。数の意味するものは深そうに存ずる。

「して、この先いかようにすれば宜しゅうござりましょう」井伊左門が膝を進めた。

 「さればでござる。人たるの天狗党勢との戦をせずに済む策として、この先、見慣れぬ

風体ながら、一廉の修行を積んだと思しき間者の往来が増えようかと存ずる。なまじ飯田

領内でことを構えると、無傷では済まぬと思わせるようにお振る舞い下されたい。くれぐ

れもご配慮願いたいのは、一筋縄ではいかぬと恐れさせるまでのことにて、無傷で間者密

偵の類は逃げ帰らせて頂きたいということでござる。妖しの者との戦いは、精神力の戦い

にござれば、この場におられる方々しか対抗できぬことかと存ずる」

 「そして真吾殿。ご貴殿にはこの後のことを後世に残す手だてをお願い致したい。われ

らのこの後がいかようになるや知れ申さぬ。霊体になって残り、何代かして現世に甦るに

あたり、忘却の川を渡らねばならぬことなれば、生まれ代わりの回数がまだまだの我等が

記憶を留めていられるかどうかは測りかねるのでござる。記憶を繋ぐ縁(よすが)となる

なれば、宜しくお書き残し願いたい」

 「全てを眼前にすることは、出来かねるかと存じますが」

 「その儀なれば、大丈夫かと。思念がご貴殿の脳中に伝わろうかと存ずる。感じたまま

を見たままのように書いても障りなきかと」


 座敷には、行灯と蝋燭の灯りしかないにも拘わらず、隼人の頭上は金色と紫色に輝き、

他の面々も、赤、青、緑、黄色の霧に覆われているかのように仄浮かんでいた。光背のよ

うなものであったろう。

 容易ならざることにあると、一同は無言のまま、覚悟の程を見せつつ揃って首肯した。

 

 それからは、うってかわり皆がまだ若くて血気盛んな頃の思い出話が弾んだ。

 「そうそう、そんなことが有り申した」

 5人は、元服前から仲が良かった。修行の合間を縫い、連れ立って遊びに出かけること

が度々であった。

 城下桜町の少し先にある柏原の堤に釣りに出かけたことがあった。風に吹かれる水面に

は小波が立ち、折からの強い陽射しが反射して眩かった。

 竿を伸ばして一刻を過ぎるも、誰の浮きも動く気配をみせず、時おり池から釣り人を嘲

笑うかのように、大きな鯉が飛び跳ねては、「どうだ釣り上げてみよ」と挑発していたの

であった。

 帰りの刻限が迫って来たころ、「一尾だけでもようござるか?」と、河尻又兵衛が口を

きった。

 長く撓る竿を槍のように構えると、飛び上がった鯉に向かって突き出した。二尺はあろ

うかという鯉は、目のあたりを鮮やかに貫かれ、手元に手繰り寄せられた。

 「そう、あの鯉は美味かった」

 「その後でござったか。城に某藩の剣術指南役が来ていて、腕自慢に殿の小姓に持たせ

た扇子に飯粒を付け、大上段から飯粒だけを切って見せたのは」

 「いやいや、その話はご勘弁下され。若気の至りでござった」井伊が眼前で手を振って

遮った。

 そのときの井伊は、同じ小姓の拳に飯粒をつけ、拳を自由に動かさせながら、飯粒だけ

を両断して見せたのである。拳に毛筋ほどの傷もつかなかった。

 「いやいや、その後がまた見ものでござった。弓の名手だと思っていたに、剣の冴えも

見せたのだから」河尻が、今度は福島に目を向けた。

 今度は、福島が面映そうに「それも、ご勘弁下され。あの頃は若うござったゆえ」

 侍女に縫い針を4~5本持ってこさせ、それを畳の縁に並べて刺し立てた。

 片膝立ちになると刀の柄に手をやり、じりじりと横に移動した。居合い抜きを数回繰り

返したのであるが、目にも留まらぬ早業のあとには、縫い針の全てが畳に打ち込まれてい

たのである。弓の的を射る修行の中で、針先が卵大に見えるまでになっていた福島にとっ

て、それはもはや容易なことであった。

 「他藩に軽んぜられてはならじ、我が殿大事のあまり大人気ないことでござった。花を

持たせて帰して聊かの不都合もなかったと、今にして思いまする。争いごと競いごとでは

なく済ませられることが肝要とわかってござる」

 

 「これ小雪、隼人に酌をしてつかわせ」

 傍らに控えていたうら若きにょしょうが、恥ずかしげに瓶子を傾け隼人に酒を注いだ。

 二百五十年の時を超えて、絶えてなかった白羽の矢が、此度は座光寺の小雪の家の屋根

に立ったのを、隼人が大和守に庇護を願い出て少し前に城中に伴って預かってもらってい

る娘であった。色の白いは、七難隠すといわれるが、小雪の名が示す通り肌が抜けるよう

に白い。小雪は、その容姿におよそそぐわない薙刀の名手でもあった。



 「隼人、起きなされ。今日より父上から申し付かっている修行が始まります」

6歳になった早暁のことであった。

 いつも優しかった母の常とは異なって厳しい声が、まだ明けやらぬ屋敷内に響いた。

 「隼人、母は今日そなたに申しておかなければならないことがあります。そなたが生ま

れてよりこのかた、及ぶ限りそなたを慈しんで参った。今とて、懐から出しとうはない。

なれど、母一人の子とするわけには参らぬ星回りに生まれついたのじゃ、としか思いよう

がありませぬ。そなたを身籠ったと思われるときのことです。大きな眩い光に包まれて

、何処からともなく声が聞こえたのです。

『大きゅう大きゅう育てよ』

 そして、そなたが生まれた日は、時ならぬ雷鳴が何度となく轟いて、稲妻も次々と闇を

裂いて青い光を落しました。そのときにも声が耳に響いたのです。

『この世にあるもの全ての元は、唯一つのものからなることを体得せしめよ。一代でなら

ずば代を繋いでなさしめよ。』

 母は、言葉を覚えているのみで、何をどのようにすればよいのか判りませぬ。ただ、そ

れをそなたに伝え、そなたを信じて見守るしか為す術はありませぬが、きっとそなたには

何か使命があってのことでしょう。そのようにするのには、如何なる事にも負けぬ強さが

あってこそのこと。生半可なことでは済まぬ心身の鍛錬が、それも並外れて必要となるこ

とは母の想像には余ります。幼きそなたに負わすには偲びないことですが、天命と思い決

めて下さるよう頼み参らせまする。

 そなたは武士の子ですから、殺生の場に立たねばならぬことがあるやも知れませぬが、

つとめて、慈愛の心なしに動くようなことは決してありませぬよう覚悟して修行に励みな

されませ」

 想いが溢れるように、息と言葉を継いだ。

「そなたは母の子であって母一人の子ではないのかも知れません。天に委ねることにな

りますが、それでもなお、この胸に抱いて愛しく育てたことを終生忘れることはできませ

ぬ。戻りたくなったら戻って参られても、決して叱りは致しませぬ」

負わせるに忍びないこととの、尽きせぬ思いのたけであった。

 「きっと立ち戻ることは無いかと存じますが、いついかなるときでも、母上の子でござ

います」六歳の子にして、これであった。

 

 日課としての鍛錬が始まった。

 膝丈ほどの高さの柵を助走なしに飛び越えるのを30回。背丈ほどの高さから、藁屑を

撒いた地面に飛び降りること30回。木刀の素振り100回。前後左右斜めへの摺り足で

の素早い移動100回。糸に吊るした小さな錘を揺らして、その揺り返しを瞬きなしに見

つめること100回。

 長ずるに従って増えたのは、重さ、高さ、回数、速度であって、来る日も来る日もひた

すら繰り返された。山林の中を木々の幹に触れることなく、体を捩じることなく、足で蹴

ることもせず、身を翻してジグザグに数丁駈け抜けるのも日課となった。

 母は、いつも物陰から、幼いわが子を抱きしめてやりたい思いに耐えて見つめ続けた。

 肉体の鍛錬が終わると、素読と端座しての瞑想であった。知識は、昔に空海が授かった

といわれる虚空蔵の知恵に似て、何処からともなく流れ込んでくるようであった。

 というより瞑想によって意識の深いところに沈むということは、無尽蔵に汲み取ること

のできる知識の海とも言える別世界に通じることであって、そこは汲みつくせぬ程の知恵

の宝庫であった。物質的な知識もさることながら、加えて霊性の向上が常に求められた。

 深山幽谷、霊場と尊ばれる地に身を置くと、天の気ともいうべき波動が身内に流れ込ん

できて蓄えられる。人は、天にも魔にもいとも簡単に意識をむけて同調できる。

 いずこに意識を向けるかが、霊性のためには重要な意味を持つ。蓄えられ高まった善な

る波動は、自ずと周りを救う。

 天の龍脈に沿って歩き、時に場所を得て坐を組むことも多かった。

 瞑想が深まると、ときに我が身を別のところから見ている自分があった。霊とか魂とか

のほか、肉体ばかりではなく何層もの自分があるように覚える隼人であった。

隼人の進歩は、すべてに神速と言えるものであった。

 

 座光寺庄兵衛について体系だった武術と学問を学び始めたのもその頃からであるが、天

凛とは隼人のためにある言葉といえるものをその幼い頃から垣間見せたのは、生まれる前

からの蓄積があってこそのことと解するより他ない秘められた能力といえた。

 十五歳を越すころには、竹刀を持って取り囲んだ十人が一斉に打ち込んで一太刀たりと

も隼人に触れることが叶わなかったし、自らが編み出し「雁行」と名づけた抜きつけの技

は、左腰から発する刃が右から走る軌跡となって、影ですら誰も捉えることができなかっ

た。仏師が仏像を彫りあげるに、外から木材を刻んでその姿を顕すのではなく、中にある

ものが自ずから現出するのだと言うのと同じく、全ては隼人の内にそもそも在るものが磨

き出されてくるようなものと言えた。

 この頃からの技前は、速さそのものを必要としなくなっていた。見えていても相手がど

うしても防ぎきれず、逆に攻撃されるときには隼人にとって極めて緩慢な動きとして、ま

るで止まっているように感じられるようになっていた。

 

 飯田の城下も、近頃は月夜といえど闇が深くなった。何がどうということではなくも、

日が落ちれば今までになく暗く、人通りは殆んど絶えた。

 

 異様である。おりしもその月影を縫って、大小を落とし差しにした武士が歩を運んでい

るのだが、歩くというよりはゆらゆらする影が滑るように次の位置に移っているかのよう

なのである。目にしている筈の誰もが、その姿に気づいている様子がない。結界のなかに

あるに等しかった。

 

 京への抜け道で、数多の旅人があるとはいへ、他国者に目敏い里人の目に留まらないで

通り過ぎるというには難しい土地柄である。余程の修練を積んだ者であろうことは、その

足運びに覗えた。

 近頃、ぶらりと市中見回りに出かける隼人の姿であった。何事かをなさんとするときは

なにはともあれ動いてみるというのが隼人の流儀。なさねばならぬことは、そんな動きに

つれて意識に浮かんでくるのであった。

 

「待たれよ。その方、何処より来て何処に参る?」紋服袴の武士が突然月明かりの中に踏

み出て、旅拵えの男に声をかけた。

 月に浮かんだ武士は、御前試合で冴えた剣技を見せた井伊左門であった。家重代の脇差

安倍弥次郎泰経を手挟んだ腰の据わりは見事であった。

 「この時刻に何用あって軒下に潜む?」

 「いえ何ね。そこの飲み屋で一杯やったあとの酔い覚ましでさあね。月も綺麗なことで

すしね」道中差を腰にした旅人風であるが、風体・言葉からして土地の者ではない。

 城下の居酒屋で、見慣れぬ者数人が、酔って女中に狼藉を働いているとの知らせを受け

て、支配違いながら、異変前の陽動もあるかと、根が人の世話好きなこともあって出向く

途中の井伊が見咎めたのであった。

 「相尋ねるが、これよりいずれの旅籠泊まりじゃ」油断無く間合いが詰まる。

 「これから夜旅をかけて諏訪まででさあ」

後ろ跳びに間合いを広げると素早く踵を返して、脱兎の如く走り去ろうとしたが、その目

の前に着流しの武士が立ち塞がった。

 影とは光のこと。月影に浮かんだのは隼人であった。抜く手も見せず鞘走った旅人の脇

差が切ったのは空であり、脇差の峰にはふわりと隼人が乗っていた。その空間からの隼人

の太刀が切り裂いたのは旅人の懐、手傷ひとつ負わせていなかった。零れ落ちる物を拾い

も合えず走り去った後に残ったのは、城下の縄張りを書き写した絵図であった。



 国内諸藩が尊王か佐幕か、攘夷か開国かで沸騰している中、光圀の昔から尊王を唱える

水戸藩は、攘夷までもが藩論の中心となっていたが、藤田東湖や藩主斉昭が相次いで死去

した後は、佐幕派が主導権を握っていた。

 尊王攘夷派天狗党の藤田小四郎は、筑波山で挙兵、武田耕雲斎とは那珂湊で結集して、

脱藩者と浪人連合軍の形となった。

 幕府軍は、これを一応打ち破って面目を保ったとはいえ壊滅することはできず、逃散し

た彼らを暴徒として追討するよう諸藩に命じたのである。

 飯田藩でも郡代官名で回文を出した。

 

 常州筑波山に集まり暴行致し候浪士共、追討候人数御差し向け相成り候処、浪徒共散走

致し候由に相聞き候。去り乍ら、兼ねて相触れ候趣も之有り逃げ延び難き儀に候得共、自

然姿を替え落ち行き候者之有る可く候間、聊かにても怪しき体に見掛け候はば、容赦なく

召し捕り申し候。尤も手向かい等致し候はば切捨て候様致す可く候万一右党類共隠し置き

候者之有り、外より相顕れるに於いては、当人は勿論の所役人共迄、厳科に処せらる可く

候条、その段きっと申し渡し置き候。

右の通り、公儀より御触れの趣相達し候間、小前末々迄洩らさず申し聞かせ、尤も格席の

者へも申し通す可く候  以上。

               九月二十九日出

                              中山安太郎

 

 信州の山々は、常にも増してモミジで赤々と燃えんばかりに染め上がった。モミジの下

には鬼が現れると古来よりいう。美しさの中に潜むものは見定めがたい。

 

松本藩に、幕府よりの天狗党勢追討令が届いたのは、天狗党勢がここを越えれば信州領

である内山峠に至らんとする十一月十五日であった。

 武田耕雲斎・藤田小四郎ら天狗党勢は、京に上り将軍徳川慶喜に決起の趣旨を訴えんも

のと、中仙道を罷り通り、二十日には和田峠下の戸沢口で、諏訪高島藩と松本藩の連合軍

二〇〇〇と戦ってこれを破り、勢いに乗じ翌二十一日、尊王攘夷派浪士八百余人は、木曽

路を選ばず武装をより強固にして伊那街道を破竹の勢いで進軍中であった。追討の幕府軍

は、二日分程距離をおいて及び腰で追随するも、一向に距離を詰め戦いを挑む体勢をとら

なかった。

 血刀を引っさげ、砲煙に煤けて黒い顔を連ねて進む隊列を見た街道筋の年寄りは、後に

「おっかなかったよう」と、子供達に語り継いだ。

 高遠藩も、これは敵わじと見て、平出宿あたりに敷いていた陣を払い、軍勢を引いた。

 刻々伝わってくる進軍の状況に応じ、飯田藩は、これを迎え撃って座光寺の大門原で戦

うべく、その前哨線として牛牧と座光寺の境である弓矢沢に土塁を築き、そこに大筒を十

数門並べたのである。

 

 天狗党は、本隊の先に探索、斥候を放っている。物見のための遠眼鏡を覗き大筒を確認

するや嘲笑い、隊に帰って報告した。

「虚仮脅しにござる。大筒に見せかけて並べたるは、竹の箍を巻いた花火筒でござれば、

押し破って通るに聊かの不都合もないかと存ずる」

「左様か。ならば明日にでも罷り通るべし」

「いやいや待たれよ。その花火筒、侮っては危うい。この五月、飯田藩の御前試合を探索

した折、佐門なるものが披露した花火の威力たるや凄まじく、十門も並んでいては当方に

甚大な被害が及びかねなく存じます。ここは調略あって然るべしと存ずる」

 これにより、幸いにも花火筒は使われることなく済んだ。この後これらの筒は、飯田近

在の神社床下に長きにわたって放置されることになるが、後の里人は、これが何であるか

分からず、絶えてこれに目を向けることもなくなったのである。

 

 飯田近在、伊那あたりには、北原稲雄・今村豊三郎兄弟をはじめとする平田派門人が多

かった。同じ志を掲げる水戸浪士達が無事飯田を通過して京に上ることができることを願

って、飯田藩と天狗党勢の間を斡旋することに心を砕いていた。

 戦火を交えるということになれば、飯田城下を焼き払ってということになるのが目にみ

えている。民百姓の嘆きもさることながら、双方にあたら討ち死にする者が多数でること

も忍びない。

 天狗党は、武装して街道を罷り通っているとはいえ、街道の人たちに極力迷惑をかけな

いようにしていた。飯を食ったらちゃんと金を払っていく。

 おおっぴらにはできないが、肩入れしたいと思っている里人が多かった。

 北原は、我が身の平安を捨てることになろうとも、この里の将来と村人の命の優先を真

剣に願ったのである。

「ここは若様に相談するよりない」と思い決め、人目を避けて深夜に隼人の屋敷を訪ねた

のである。

 「若様、この鄙の里に絶えて久しい戦が起ろうとしております。志が違えば、なかなか

に説得は難しいことでございますから、双方が折り合える道が何かあればよいと思うので

すが・・・」

 「時代が変わるときというのは、得てして無用に血が流れやすいもの。しかし、役立つ

命は山川草木等しく尊ばねばならぬ。かようなこともあろうかと、親義公にお願いして先

般飯田藩の武辺を広く知らしめたのだが。なかなかに面子という厄介なものがあるから、

上手く持ちかけねば双方が引くに引けまい。考えが無くもないが、命がけになることであ

るし、下出に出て我慢もせずばなるまい。そこもとできるか?天狗党勢に会って談合する

には、なまじ武士より、そこもとのような村役に越したことはないのだが」

 思想や宗教に裏打ちされた考えは、説得がきき難いのである。折り合いがつくかは判ら

ぬ。

 「もとより、命を惜しむものではございません。お聞かせ下さい。如何ようにしたらよ

ろしゅうございましょう」

 「明日にでも、天狗党勢宛に文を書こう。この五月以降の隠密戦で、身共のことは先方

に知れておろう。無理に力押しすれば、双方甚大な被害を覚悟せねばならぬだろうし、穏

やかに取り組めばそのように対処する懐があるとの見極めはしていようから、そなたらが

会っての折衝次第じゃ。幸い、平田派という学門上の接点もあること。志が近い者同士、

無下にはできまい」

 困難というものは、一つだけでやってくることは少ない。あれもこれも乗り越えねばな

らないことになるが、諦めずに手立てを尽くせば開けてくることが多い。

 

 伊那部あたりからは、街道筋の住民の天狗党勢に対する様子が変わった。

 伊那谷には平田篤胤の国学を学んだ者が多く、数えて二七九人にも及ぶ。北原稲雄が紹

介した門人衆だけでも五十人を越していた。

 尊王攘夷を目的とする天狗党勢に少なからぬ共感を抱いており、彼らへの恐れを越えて

親しみさえ覚えていた。


 飯島宿にて止まっていた天狗党勢に面会を申し込んで、北原の意を伝えんとする弟、今

村豊三郎が幹部に会えたのは、この縁からであるといわれる。

 「天狗党勢の勢いが壮んで、戦闘能力が飯田藩に勝っていることは、誰の目にも明白か

と存じます」この切り出しは、緊張をほぐした。

「されど、戦えばこちら様も無傷というわけには参りますまいし、我等一同、皆様方が恙

無くこの地を抜けて京にお上り遊ばし、本懐を遂げられますよう祈っております。本音を

申し上げますと、いざ合戦ともなれば、厳しい冬を控え、我ら民百姓も難儀致します。ご

温情をもって間道をご通過下さる策をお取り上げ下されば、我らがご案内仕ります」

 

 後に、『昔ながらに詠われし、平和の村こそ楽しけれ。』と村歌となって歌われる程に

、南北朝時代でさえ、天竜川を挟んで争いがなかったのが不思議とされる伊那の谷あいで

ある。

 飯田藩では、最悪の場合城下を焼き払って篭城するという手段が練られてあり、町家の

者にとってはたまらないことであった。

 一方、京に上がるのが目的の天狗党勢としては、無用な戦いはしたくないのが本音。

 小野斌雄(藤田小四郎)名で、間道があったら是非にも案内を頼むとの打診がされてい

たのである。

 飯田藩としては、幕府への慮りもあり、迂闊にこれを可とするわけにはいかなかった。

 藩の預かり知らぬところで動いてくれるのであれば、渡りに舟といえた。

 どちらにとっても、面目の立つ斡旋案として、双方の間隙を満たすに頃合の手立てを隼

人が絵に描いたといえる。

 最悪でも、重臣一人の腹で済ますことができれば、との飯田藩の思惑も、言外にあるら

しく診てとれることも、気持ちを動かした。

 君君たらずといえども臣もって臣たらずんば得ず、などという大時代な心情ではなく、

武士は死に場所を探しているものであるとの信念を持つ者がまだ残っていて、腹一つで治

められるならそうするという表れであることと、忖度できた。

 物見の報告と、薄田隼人からの密書を得た耕雲斎は、喜んでこれを了承した。

 

 了承を得てからの動きは急である。

 北原兄弟が独断で間道を案内するというわけにはいかぬから、形式上でも藩の内諾を得

ねばならない。

 隼人の知略は、嘆願書として藩にこの案を差し出せば黙認されると読んで、兄弟に教え

た策が採用されるであろうことにあった。命を重んじるにも、建前上の方便が必要であっ

たのである。

 

 二十四日、北原稲雄は天狗党勢の饗導掛として、三州街道を城下直前で右に反れ、飯田

領内をかすめ上黒田山道から野底橋を渡り、桜町の大木戸が閉じられていることもあって

作場道を辿り、今宮に出た。

 今宮は、飯田長姫城から指呼の距離。御前試合が催された場所であるから、飯田藩が知

らなかったでは通らぬことになりかねない場所である。申し開きの抗弁としては苦しきこ

とながら、多くの命をあたらここで散らすのを忍びないとする隼人の進言を入れた以上、

最悪の場合には何人かの「腹」が必要となるかも知れぬ覚悟が、藩にはあった。

 武士にとって、裏取引や卑怯未練な行いほど忌まわしいものはない。義とは道理に従い

決断して猶予せざる心。死すべき時に死に、討つべき時に討つ。その心を放ち、求むるも

のを知ろうとしないのは、狭きに過ぎよう、との言を入れるには、勇を鼓さねばならぬこ

とであった。

ここ今宮で昼食を摂ると、上飯田村羽場、桜瀬で松川を渡って大瀬木までを案内した。

 ここから駒場までは一本道である。

 別れを告げるに際し、稲雄は隼人から言われていたことを挨拶の言葉の合間に小声で耕

雲斎に告げた。「奥方さまと二人のお子様をここでお帰し遊ばしては如何。わが村には、

奇しくも耕雲斎様と同じ名の耕雲寺という古刹もございますし、武田の末孫といわれる家

も多うございます。何かのご縁なのかもしれません。神隠しにあったように繕って、人知

れずお匿い申し上げることができるかと思いますが」

 この先の北陸への道は、雪空の下の暗く険しい道であり、行く末を暗示しているかのよ

うである。

 隼人には、家族も同座で責めを負わされる彼らの最後の様子が見えていたのである。

しかし、奨めは肯んじられることなく、覚悟の同行を続けていったのである。後に敢え

無い最後を遂げることになるとは、彼らには知る由もなかった。


難所である雪の峠越えを奇跡的に果たし、敦賀の新保というところに漸くたどり着いた

とき、そこは天狗党にとって絶望の地となった。

諸藩の兵1万数千に囲まれ、しかもその追討軍の指揮を取っていたのが、頼りにしてい

た徳川慶喜その人であったとは・・・

ここで加賀藩に降伏することを余儀なくされたのである。

遇するに、武人に対する礼がとられたとは言い難い。

処分は苛烈であった。死罪352人、島流し137人、水戸藩渡し130人。同行して

いた女子供も例外とはならなかった。

あの、世にも名高い安政の大獄でさえ、死罪は僅か8人であったことを思うと、なにゆ

えここまでのことになったのか。

水戸藩は徳川親藩でありながら、光圀以来尊王の傾向が強かった。幕末の混乱期、天皇

が求めたのは攘夷であり、これを目指さんとしたのが天狗党であり、幕府に忠誠であらん

としたのが諸生党であった。両党は藩論を二分して争ったこともあって、天狗党に関連し

た者への処分は限度を越える程厳しかった。

これが、明治維新後に朝敵という名の下に、諸生党が天狗党から同様の報復を受ける結

果に結びついた。程度を越えるとそうなるという愚かさというほかない。

自分の主張を通さんが為に互いが余りに急で、他を慮る余裕が無くなっていることがな

せる業か・・・・

滅びに向かうときというのは、双方ともこのような道をたどるのかも知れない。

 武士の一分とは、いかなるものなのか。

時代の境目にあっては、それぞれの価値判断によるほかないにしても、肉体の鎧を脱い

だあとの霊魂のことを思えば、生きて精神の磨きをかけることを選ぶべきと思う隼人であ

った。生まれ変わりがあることに思いをいたせば、疎かにできぬことが多いのである。

 

梨子野峠を越えると飯田藩が守る清内路関所がある。番頭斎藤長右衛門以下三十人ほど

が詰めていた。

「お通り召されよ。」

臆して、卑怯未練な振る舞いに出たのではない。

黙って天狗党勢を通したことを咎められ、後に切腹ということになったが、もとより

覚悟の上のことであった。

意地を通してこの関所で合戦におよべば、関所役人は全滅、天狗党勢にも少なからぬ死

人がでることは明らかである。我が身一つの命をもってそれに換えることができるなら、

何条もってこの命惜しまんや。武士道とは、死ぬことと見つけたりという心得は、もとよ

りあったことであり、怖気をふるって黙過したということでは断じてなかった。

 

天狗党勢は、去っていった。虚空蔵山を覆う天狗の気と、天龍の腹中より這い出さんと

する河童の気の間を通過するも、ここで合流して変質し、列島の中央に大過を齎すことが

なかったのは、ひとまず幸いなことであったと言える。

ここが東西に破られたとしたら、迫り来る夷敵が増えようとしているとき、雪崩込む災

いは甚大になったであろう。

 

 

国の背骨をなすこの地の地軸の鳴動は相変わらず続いていた。山深くには雷鳴が重々し

く轟き、山崩れが起き、川は堰とまり、容易らざる異変を見せていた。浄化は、破壊を伴

う。

羨む恨む嫉む、不平不満を抱くなどなど、人の心の歪みや隙間には、いとも簡単に魔が

取り憑く。集まるとそのエネルギーは、想像外の甚大な災厄をもたらすのだが、個々人が

それに気づいて立ち返ることは滅多になく、他人のせいにするのが常である。

この星の生きものの不幸は、他の動植物あるいは鉱物の命を取り入れることなくしては

生き続けられないということである。いかに受け継いだ命を有難くわが身内に輝かせるか

ということに思いを致さずして精神の進化は望めない。道は、限りなく遠いのであった。

 

「いろいろ夫々に存念は多々あろうが、まずは大過なく過ぎてよかった。皆の者大儀で

あった。後のことは後に致し、一息入れるがよいぞ」

堀大和守が労いの言葉をかけたが、隼人らの心が休まるには程遠かった。

去っていったとはいえ、脱落したものが皆無であったとは言い難い。どんな組織にも、

そのような不届き者は内在する。

困難に立ち向かうとき、強固な意志で肉体や精神を目指すところに向かって維持し続け

ることは、何人もができることではない。

きっかけがあれば、そこに魔がさす。それでなくとも天狗が騒いでいるときである。

道をそれるにも、とりあえず尤もらしい理由はある。もとより大した理由ではないから

すぐに言い分は忘れるし、変節もする。

天狗党における隊規は厳しかった。犯せば即ち死を意味した。さして悪意はなくとも反

してしまった者たちは、逐電するほかなかった。逃げる先とすれば山中しかない。

分け入った山の麓の神社に、天狗の面が奉納されてあった。赤天狗青天狗烏天狗、それ

ぞれがそれを被って面を隠した。最初のうち面は着脱自在であり、面をつけると制約から

逃れられた自由を覚えた。

しかし、生き延びるためとはいえ、それが僅かばかりのこととはいえ、隠れ住むには不

埒な行いもせずばならなかった。悪事は悪事を呼び、段々人としての範を越えていった。

悪事を働くにつれ、面は血肉と同化してしまったように顔面に貼りつき、取り外すことが

叶わなくなっていった。

一旦踏み違えると、それは際限もなく真善美とは逆方向に進み歯止めがきかなくなる。

顔を向ける先がいずこなのか、そして最初の小さな一歩がどこに向かっているかが先を

分ける。

何人かの脱落者が辿ったのもそのようになった。女がらみになるのが端緒でもある。

一難が去ったのもつかの間、飯田城下に異変が続いた。


最初は食べ物や家畜が消えた。続いて若い女が神隠しにあったように突然姿を消すので

ある。

とはいえ、常の神隠しと違って、程なく体だけは戻ってくる。ただ、目をそむけんばか

りに変わり果てた見るも無残な姿となってである。腹を割かれたり、体中を切り刻まれた

りして虚しく投げ捨てられているのは、悪鬼の所業といえた。

 異変の前後に、異様な顔をした異様な風体の一団を見たという者がいる、と聞かれるよ

うになった。

夜ともなると、千の矢が射られたように、漆黒の天空をよぎる妖しの光の筋が、隼人ら

五人には見えたのである。

そのことは、妖魔との決着に未だに目途がつかず、大いなる意思を持った知識体からの

安心は、まだ得られていないということであった。

縄文の昔から一万年余、培われてきたこの地の和の系統が、蛮夷荻戎によって破られよ

うとしていた。間違えば、一気にこの世の終わりとなりかねない。猶予を得るための証が

少しなりとも必要であった。他への慮りと、解り合えるための和の心。損得や自我から脱

却できるかどうかが見られていた。

 

飯田から少し離れるが、平安貴族の憧れの地であった園原近くに、律令の時代に幹線道

路であった東山道最大の難所といわれた神坂峠がある。

ちはやふる 神の御坂に幣まつり 斎(いほ)ふ命は父母のため

と、遠く九州の地に狩り出された防人が通過するときに歌ったという。この神坂峠近くに

上下が逆に生え、遠くからは有るように見えて、近づくと掻き消えてしまうといわれる帚

木(ははきぎ)がある。

この、昼神の地にある帚木が、このところざわめくのだという。異変の範囲が広がってい

る。

昼神の由来は、日本武尊が、この地で口に噛んでいた蒜(ひる)即ちニンニクを投げつ

けて山の神を退治したということから変じた名だという。ニンニクは、西洋でもバンパイ

ア除けに使われるのだとか。

いずれにしろ、人心の乱れをついて顕れる魔は、そもそもこの世の成り立ちはたった一

つのものからなのだということが解り、総ての人が互いに睦みあう和やかさなくして防ぎ

ようがない。

 天の意思は現世を見限り、エネルギーは、元の一つに回帰せんとしているのかも知れぬ

のである。一気の浄化を避けるには、魔という憑物を最小限でも排除せずばすまぬ。

いよいよ急は差し迫ってきているようであった。

 

月明かりと見紛うばかりに、星影が障子を青く染めて部屋うちに射し込み、小雪の肌を

仄白く浮かび上がらせていた。

 両手で顔を覆って恥ずかしさに耐えながら緊張で固くなった身体を隼人に任せて、とぎ

れとぎれになりそうな息をやっとの思いでつなぎながら小雪が言葉を紡いだ。

「隼人様、私は幼きころから、ときどきに垣間見るお姿や、いつにても我が事の前に周

りを大事にされているご様子を見聞き致しまして、ずっとお慕い申し上げておりました。

我儘は申しませぬが、今宵で今生のお別れになるのでございますか?」隼人の腕の中で、

溶けんばかりの幸福感に浸りながら、小雪がそっと尋ねた。全ての覚悟はできていた。

 襟元から差し込まれた隼人の手が、優しく胸乳をなでる。そっと、そしてゆっくり豊か

で満たされた静かな時が流れる。「愛しく思い、末永く睦みたいと想うは山々なれど、今

宵が最後となるやも知れぬ。相済まぬ」隼人は優しく小雪を抱き寄せた。

 やがて二人の影は溶け合うように重なり、ひとつのものとなった。

性器の少し上、脊柱と交叉する辺りに座がある。互いの精神性が高まり、親近感が密の

状態では、湧き上がるエネルギーが、全身にかけあがって至福のときを共有するという。

 白むまでには、名残を惜しむ充分な時間があって、飽くことがないかのようであった。

 

「明日、夜が明けたら大島山の滝に参るがよい。そこに我が母が待っていようほどに、

共に滝の後ろに身共が作った結界に入り、両三日は穿たれた岩穴にて過ごされよ。その後

は母と仲よう暮らし、子が生まれたら母と共に育ててくれるよう頼む。委細は、母が承知

いたしているゆえ、身共のときと同じじゃと話すがよい。達者で暮らせ」

「後のことはおまかせ下さいませ。いかようにでも致して生きてまいります。」

知り合って短いい間柄が、これで永の別れとなるかのごとき言葉のやりとりではあった

が、互いに取り乱すことのない深い縁(えにし)となったものであった。

人の範となるべく生まれついた者は、顔を向ける方向が自ずから定まる。そして行いに

おいても優先するものが何であるかによっては、我が身をばかりを顧みることができない

ことが多々ある。


五人の振る舞いが、この後の如何を決めるものとして、偉大なる意思から資質を問われ

ているのかもしれないのであった。

隼人たちの一行は、暗く霞んだ霧のなかのような茫漠たる空間を権現山に向かって何か

に導かれてでもいるかのように進んでいく。行き着く先がなへんにて終りとなるのか、又

そこに何事が待ち構えているのか定かならずといえど、迷うことなく逍遥と、しかし確か

なる足取りで進んでいた。一身に代えてもなさねばならぬ星の下に生まれ、それがわかっ

てこの場に集ったのかもしれなかった。能あるものが果たさねばならぬ責めともいえた。

およそ人は、その立場に立たねば他からは理解されず、何をなしたのか外からは解から

ないまま埋もれてしまうことが多い。そういうときの他というのは、極めて表層的な事柄

を捉え、無責任な評価をまるで自らは万能の神になったかの如くに口にするが、責めを負

う立場にあると自覚した者は、いたずらに抗弁することがない。

 

一行と別れた河尻は、その何者かに導かれるままに、高丘の森に向かって進んだ。

誘われて近づいた、丑三つ刻の高丘古墳の石室は、不気味である。

空には三日月がかかり、肩にした槍の穂先と重なって鎌槍のように青白く光っている。

 その場で河尻が目にしたのは、怪しく光を放って開こうとしている穴であった。

 隼人との別れ際、「くれぐれも命に関わるようなことは避けて下され。貴殿には、看取

らねばならぬ病身の母上も居ることゆえ」と言われてはいたが、開かんとする異界の穴を

急いで塞がねば、広がった穴がいかなる惨事を噴出すか計り知れないと思われた。

猶予はなかった。河尻又兵衛は、我が身をもってその穴を塞ぐほかに手立てがないと覚

悟したのである。守らねばならぬものが沢山あった。

躊躇いもなくその穴に身をこじ入れると、動かぬように我が身を我が槍で繋ぎとめて、

穴を塞ぎ、生きながらその生涯を閉じたのである。

落命の瞬間、まばゆい光を放って、天空に走り去るものがあった。

「母上、先立つことお許しくだされ。来世にては必ず・・・」

同時刻、河尻の自己犠牲の覚悟の程を多とし、臥せっていた母のところにも金色の雲が

舞い降り、その体は敬意をもって包み込まれて、その霊は天界に移されたのである。

 

井伊左門は、権現山に足を踏み入れるやいなや、雄叫びを挙げおどろおどろしい面体を

した者に三方から襲われた。面が外れなくなってしまった者たちである。

抜き合わせると、水も堪らず瞬きの間もおかず三方に切って落とした。

倒れ伏す三人の面はその瞬間に割れ落ち、顕れた顔には、自らでは外せなくなってしま

った軛からようやく解放された深い安堵と感謝の面持ちが覗えた。

 その後は、乱戦となった。3人が山に逃れてより悪事を重ねた短時日の間に、図らずも

魔界から呼び出してしまった有象無象は夥しい数にのぼっていた。斬っても斬っても際限

がなかった。

 

福島与五郎は、妻より先には死なぬと常々口癖にしていたが、五人張りとも言われる重

藤の強弓に大鏑矢を番え、群雲の中に向け満月のように引き絞った弦を鳴らして矢を高々

と射放った。そこに何者かが潜んでいることに、疑いは挟まなかった。

 名をば雲井にあぐるかななどという意識は微塵もない。

この春の御前試合がなければ、この十年余、弓に触ることとてなかったから、名人と呼

ばれたのも遠い昔のこと。

武は極めるにつれ、その武器には拠らず内面にできあがってくる。使わずにすむ手だて

のことに変わっていっていたからである。

何事によらず、楽しいことになるような生き方が好きで、争わずに済ませられることが、

武の鍛錬の励みであった福島である。

矢羽に香を焚き染めた破魔の矢は、虚空を切り裂いてどこまでもどこまでも駆け上がっ

て、見えなくなった。源頼光の鵺退治なれば、ここで手応えがあろうものを、どのような

ものが射返されてくるのかわからなかったが、そうするしかなかった。

地面に並べられた矢筒から次々に抜き取られ放たれる矢は気を込められて、まるで一本

の糸で繋がれたように同じ軌跡を描いて見えぬ相手に向かって射込められていった。

ほどなく、放った矢は悉く戻って、福島の身体を針鼠のごとき様に変えたように見てと

れた。

しかしよく見ると、福島の身体から毫と離れぬ場所に隙間なくびっしりと突き立ってい

たのである。

福島がその修行時代に求めたのは、狙いを寸毫もはずさぬということであった。

「そうじゃ、力にてでは収まらぬ。なれど其の方が愛しく思い守らんとした気概は受け

取った」降り注ぐ矢音に交じり、その声は茫然として薄れ行く意識の耳にに届いた。

「慈愛深きことも同様にぶれてはならぬと、世に知らしめよ」生きて果すべき使命が残っ

たといえた。

 

隼人は、山中に一人凝然と立っていた。

「その方らが今戦っている魔は、その方らが作ったものじゃ。一つ一つは薄く小さくと

も、集まれば手に負えぬ。このまま気づかずに居るなら、見限らねばならぬ。自らが作っ

たもので滅びるが良いという警告じゃ」

隼人の佇む横の山肌が、雷鳴と共に次々崩れ落ちた。

「もとより、その方の咎ではない。わが身には預かり知らぬことと目を背けるならそれ

もよし。そうするのであればこの世を長くはもたさぬ」

意識をつないで真意を汲み取り、仁愛の心がまだ世にあることを伝えるよりない。

神の美しい宮代は、誰もの身の内に備わっている。同じように魔の巣窟もそうである。

意識の向け方の僅かな違いが、結果を大きく変えてしまう。

深く深く瞑想して次元の壁を越えようとするる隼人の身体が溶けて、微細な霧が立ち

上り、広く限りなく地を覆っていくのにつれ、隼人の姿はかき消され見えなくなった。

 こうして彼らの行いは、歴史に埋もれ去った。

やがて白まんとする空に、明けの明星が瞬いていた。


正義と言うものを為すのは難しい。所を変えれば正が邪に変りうるからである。非理法

権天(ひりほうけんてん)という観念が示すように、非即ち無理は、理即ち道理に劣位し

、道理は法に劣位し、法は権威に劣位し、権威は天道に劣位する。争いがあるとき、理屈

も何もないのでは、理由のある主張には敵わない。

しかし双方にその立場による理屈があるのは当然だから、その場合は法に基づいて決め

るということになるのだが、その法があったとしても、それを上回る権力の下では、力に

よって決まってしまう。

正義と言うものがなされるのに、現世においては正邪善悪ではなく力によってが決めら

れてしまうということだって往々にしてあり得る。それでは救われないことだってあるか

ら、天(神)が決める場が必要になる。それであれば、永遠に生き続ける霊魂の世界があ

って、そこで正しく判断されることが必要となるということかというと、そうとばかりは

言いきれない。長い生き死にのなかで醸成されていく法というものはある。残留する思念

というか遺伝子化によって、正義というものは出来上がって行く。

隼人たちは消え去って、静かな世が続くようにも見える。

 

春ともなると、群咲く桜の花のもと、この地の神社の祭りがとりおこなわれる。

下伊那地方の神社の祭りには、獅子を舞う地域が多いが、獅子曳きを伴った獅子も随所

に見受けられる。

座光寺の獅子の行列は、高丘の森の古墳から出発して、麻績神社に納められる。この獅

子は盲目で、しかも大変な暴れものということになっている。

右から左から真後ろからと襲い掛かる獅子を、獅子曳きの稚児、梅王丸、松王丸、桜丸

の三兄弟が手綱で叱り叩きなだめ、獅子がおとなしくなったところで神社の方角を指し示

し、「あの神社に行くのであるぞ」と諭す。

この獅子と獅子曳きを護るのが、甲冑に身を固めた天狗である。前に赤天狗、後ろに青

天狗が居て、ときに集まった見物人に怪我人が出るほどの手荒い警護をする。

天狗が身を挺して守るのは、獅子と獅子曳きなのであるが、中でも獅子の尻尾に見立て

られる「獅子花」と呼ばれる和紙を紅白に染めて作られた縁起物の牡丹に似た花を取られ

ぬようにすることが要となる。獅子花をとると縁起がよいということになっているから、

隙あらばと、見物人が獅子にむらがる。

これらの仕来り通りの仕種をするのは、数々の、人知れず埋もれてしまった先人のお陰で

あるとの意識が、知らず知らずに形を変えて人々の記憶に止まっているからなのかも知れ

ない。神様のお使い役ということになっているのだが、この祭りにも天狗がいて重要な役

割を果たすことは興味深い。

祭りが行われるのは、入学式の季節でもある。

 

第1部完

(第2部に続く)




隼人外伝

修行がある段階に達した後は、文武に限らず、新たに加えなければならないものがある

ということではなく、内なるものを削り出していくというのが相応しく思えるものになっ

た。全ては内に存在していた。

それに気づくまでに一定の経過は必要だとしても、何回もの生まれ変わりの中で蓄積さ

れたものは、膨大であるが確かに存在した。全ては内なる神ともいえる形となって、そこ

に在った。

初めは、剣の速さを求めた。しかし、そればかりではない。剣先が届かねばならぬし、

緩慢に見えても避けられない刃筋というものもある。相手の間合いの外にいれば、いかな

る攻撃であって躱しきれるが、躱していれば過ぎ去るというわけではなく、相手を凌駕す

る能力がなくては済まぬ。力というものには、能力というものと腕力というに相応しい暴

力的なものがある。力のない正義というのは、ときに争いを助長する。抑止力として働か

ないのである。

心の在り方は、更に重要であることに気づくに至る。

人が志を高く掲げ、その達成のために弛まぬ努力と強い意思を保ち続けることは大事な

ことではあるが、念に凝り固まるのはよくない。心身は、軽やかで融通無碍である方が、

人格の形成のためには良い。

「直心是れ道場」。直心とは、純一無雑で素直な心のことであり、直心なれば、喧騒の街

もまた静寂そのもの道場なのである。

 一人の樵が斧で木を伐ろうと、山深く入ったところ、「さとり」という珍しい動物が姿

を現わした。樵がこれを生け捕りにしようと思うと、さとりは直ちにその心を読み取り、

「俺を生け捕りにしょうというのか?」という。樵が吃驚すると、「俺に心を読まれて、

びっくりするとはお粗末な話だ」とまたもしたり顔でいう。ますます驚いた樵が、「ええ

い、小癪な奴。こうなれば斧で一撃のもとに殺してやろう」と考えた。するとさとりは、

「こんどは俺を殺そうというのか。いやー、怖い怖い」と、更にからかうようにいう。

「こりゃー敵わぬ。こんな不気味な奴を相手にしておったんでは、めしの食いあげだ。こ

んなものにかかわらないで、本来の仕事を続けよう」と、樵は考えた。するとさとりは、

「とうとう俺のことをあきらめたのか。かわいそうに!」と嘲笑った。

樵はこの不気味な「さとり」を諦らめて、再び木を伐ることに没頭した。本来の仕事を

続けていると、額からは玉のような汗が流れ始め、それにつれて雑念はなくなり全く無心

になった。

すると、偶然、全く偶然に、斧の頭が柄から抜けて飛び、さとりにあたった。お陰でさ

とりを生け捕りにすることができたという。

 樵の心を読み取り、樵をからかったサトリも、無心状態になった心までは読み取ること

ができなかった。

大乗仏教の経典である維摩経に出てくる説話である。

仏教も儒教も学問ではあったが、識字力を武士に限らず町民村民に高めたことに意義が

ある。人は、言語を介して論理的思考を組み上げる。文字は、言葉にできないことまでも

、書かれることで、その紙背に言外の意味を伝えることができる。

自然界の万物に、八百万の神を感じ取り、畏まり受け入れ感謝する能力を培ってきた広

い心が、我がことのみを願うのではない優しさを、時代が変えつつある。

勤王だ佐幕だの主張も、偏れば主義主張ばかりを通そうとして、争いばかりになりかね

ない。

活人剣、活人論でなくてはならぬ。隼人は、そう思うのであった。

今こそ、パワーではなくてフォースが必要とされる時なのだと、天からの警告と思しき地

鳴りを聞くたびに、心するのであった。

 

 寺というのは、情報源でもあった。他国の旅人が寺に泊まることが多く、宿泊時の四方山

話が、閉ざされた地方には得難い話を持ち

込むのであった。

大名家ばかりでなく、旗本などの所領地が入り組む三州街道沿いには、古刹も多い。

天台宗 大嶋山 瑠璃寺。開基900年の歴史に生きるこの寺も、その一つである。 薬師瑠

璃光如来三尊佛を本尊とし、日本で唯一の 薬師猫神様も祀られている。

 その寺近くの街道脇に、旅姿にきりりと身を固めた若い娘と供の小者がいて、周りを数

人の男に取り囲まれていた。

「懐の書付を出せ」と迫るのに対し「ご無体な!書付とは何のことでございましょう。私

には与り知らぬこと。見当違いにござりましょう!」

「いいや、そなただ。見間違いはない。早く出せ」

小雪は、先代殿様の寵愛をうけていた叔母のもとに江戸屋敷奉公をしていたが、叔母がみ

まかったのを機に、故郷の黒田に帰る道すがら、嗜んでいる和歌を思い浮かぶまま書き留

めていた。

先ほども、道路脇の地蔵堂で一休みした際、懐紙に矢立の筆を走らせていたが、そういえ

ば後から来た数人が堂の外でなにやらひそひそ話をしていた。堂内にいた小雪たちに気づ

くと、そそくさと立ち去った者たちらしい。

「ええい面倒だ。どのみち話を聞かれたなら生かしておくわけにいかぬ。切り捨てよ!」

己たちの言い分のみを通そうとする乱暴狼藉に及ぼうとしていたのである。

「待たれよ!白昼も憚らず、婦女子を相手に如何なる所存か?」たまたま通りかかった隼

人が瞬きの間も与えず、囲みの中にすっと割って入ると、背中に小雪主従を庇い「早くこ

こを離れるがよい」と、小声で促した。

「無用の邪魔立てをするな。その方に関わりないことぞ」と喚きたてるのに向かって、

「最前より見るに、おぬし等の勘違いのようじゃ。こちらの主従に思い当たる節がなさそ

うなのは明白じゃ。刀を引いて、早々に立ち去れ!」

オッ取り囲んだ面々は、問答無用とばかりに、呼吸を合わせ、四方から隼人めがけて切

りかかった。白刃が交差するなか、隼人の躰はひらりひらりと舞うように動き、ときに白

刃の背に次々乗って廻っているかに見えた。「天狗舞い」隼人は息一つ乱れていなかった

が、切りかかった者たちはすでに息も絶え絶え、へとへとになっていた。

圧倒的技量差に男たちは戦意を失い、ほうほうの体で這うようにして姿を消した。

「危ういところを忝のうございました」衣紋を正し腰をかがめて挨拶する小雪に、

「いやなに、双方に怪我もなくよかった」汗一つないさわやかな顔であった。

「某は薄田隼人と申す者であるが、見覚えのあるお顔立ちと存じ割って入り申した。そこ

もとの身のこなしを見るに、無用の助成であったかも知れぬ。飯田城下まで戻るところで

あるが、そなたらはいずれまで参られる?差し支えなくば、途中までお送り申そう」

黒田まで行くという小雪主従を、念のため警護しようというのであった。

「忝のうございます。座光寺小雪と申しまする。貴方様のことは、良く存じ上げておりま

す。幼き頃に育った地で度々お見掛け致しておりました」

黒田にある生家に帰る小雪にしてみれば、願ってもなく心強いことであった。

黒田といえば、本編にあるように、狒狒退治で有名な姫宮神社があるところ。「姫宮」

というなれば、隣接の八王子神社に対するものとなる。さすれば姫宮様というのは鹿屋野

比売命が祀られていることになろうか。

野底山に相応しい、山の神、野の神、草の神というわけで、このあたりに風越山に通じる

道があることや、土器や石器がよく出てくる場所であることからも、古くからの山岳信仰

があったのかも知れない。

さして険しくもないし高い山であるというわけでもない。しかるに狒狒などという異形の

ものが居たということであれば、異界の裂け目があるのかも知れない。

権現山の鳴動は続いているのである。

かかるときに現れた小雪も、また時を繋ぐ役割を担わされているのであろうか。和歌を嗜

むというのも、古の道に繋がっているように思える。

個人は、少なくとも言語を使うにおいて、決して他者から切り離しては考えられない。

それを介する以上、他者とのかかわりが予定されており、好まないと言ったところで社会

性がついてまわることになる。しかもこれを文字にすることで、人を喜ばせることもある

が傷つけることも更にある。高度に発達した精神活動を、あやまたずに表現することは至

難というより不可能に近い。

であるから、ありったけでものを言うとき、可能なかぎり美しい言葉で素直に表現するこ

とで、理解してもらうこともできるし、また逆には、性、善なるものと他を汲み取ること

もできる。

 日本語の成り立ちの中に、伝承形式として確立した音声としての日本語が既にあって、

そこに文字も備えた中国語が入ってきたと考えられる。取り入れざるを得なかった他文化

は、その言語を理解することなしに、仏教であれ律令であれ触れることが適わなかった。

しかし神話や万葉に知ることのできる美しい日本語は現にあり、それを失わせることな

く内容を読み解こうとすることは、想像するだに苦難の連続であったとするに難くない。

 

模索模索して、ついには訓を使うという二重の読み方を発明することで、双方の文化を統

合するを得るに至ったのだと思う。しかも日本語を表す文字は、音のみならず『意味』ま

でを兼ね備える。和歌はそれをつなぐ。

そうしたあらゆる努力をしたに違いない先人を思う時、仇や疎かに言辞を弄してはなら

ないと思うのである。

言葉は、己をわかってもらいたいがため発せられるとしたら、その土俵にあがるときに

必要な普遍的ルールであるというのが私見です。

人間は、唯一学習を許された動物であり、よい事を積み上げ伝統として昇華させること

ができるのであれば、及ばぬまでも歴史をつなぐ役割を少しなりとも担わなくては、とも

思うのである。

中国の周辺諸国に、言葉遊びができるほどに文字を発達させたところが他にあるとは、

寡聞にして知らぬ。

 わが国には、平安の昔から掛詞をはじめとするシャレた言葉の文化がある。何事も排除

せず受け入れ、畏まって人としての感性を磨き、韻を踏む豊かな言語とによって精神活動

が高められてのことである。

さは言えど、隼人が道中に何か話を交わしたというわけではない。

門前まで何事もなく小雪を送り届け、丁寧に礼を述べ「茶など一服点てますほどに」

 と招き入れられるのを固辞して、隼人は踵を返した。道々に僅かばかり交わした言葉の中

に、小雪の細やかな心映えを見て、心地よかった。この先に縁が深まる予感があった。

何日かして、使いに出た家人が、屋敷の周りを窺う不審な者の姿を目にした。武家屋敷

であるから濫りに討ち入る愚は犯すまいにしても、隼人が去り際に言い残した言葉

「先ほどの者たちがつけてきているかも知れ申さぬ。気配りはして参ったが、彼らをま

くほどにして来たわけではござらぬゆえ、しばらくは用心めされよ。もし不穏な気配があ

るようなれば遠慮は無用、お知らせ下されよ」に頼ることにした。

迷惑な依頼であるとは承知しながら、隼人なれば大きな騒ぎにせずに納めてくれそうに

思ったということもあるが、もう一度お会いしたいと思う心の方が思慮に勝った。

付け狙われるような悪巧みを耳にしたというわけではないが、聞かれたかも知れぬと疑

う側の存念は計り知ることは叶わぬ。見境をなくす可能性はあり得るから、手段を選ばぬ

行動に出ることへの備えはするに越した方が良いと思いつつも、隼人に知らせるについて

は面映ゆさもあった。薙刀をとれば、おめおめ遅れをとるとも思えぬ。僅かばかりの縁に

縋って人様に迷惑をかけるより、敵わぬまでも戦って、いざとなれば潔く死ねばよいのだ

という覚悟もあるからであった。

隼人が自ら眼前に姿を現したのを見た時、小雪はそれこそこれで死んでも良いと思った

のであった。心の底から嬉しかったのであった。

人は、我がことのみを思うのでなく、他人への思いやりがなくてはかなわぬ。善き人た

ちとの縁も広げなくてはならぬ。一人ではないのであるとする隼人にしてみれば、当然の

ことであった。

隼人が屋敷内に入るのを何処かから窺っていたのか、その後数日たつも際立った変化は

起こらなかったのであるが、そろそろ大丈夫かと隼人が思い始めた早朝、白羽の矢が飛来

し軒先に深々と突き立ったのであった。

白羽の矢が突き立つのは、この地の伝説であるが、この300年絶えてなかったこと。

狒狒は、いうなれば異界からの魔物。姫宮神社近くに鎮めの石が据えられていたのであ

るが、何時の間にか少しずれていた。そこからの瘴気が漏れ出して、心ゆがんだ人に憑依

してしまっているかも知れぬ。それは災いを広げる。

気づいた時点で、隼人はそこに籠目の結界を張った。籠目とは、かごめかごめ籠の中の

鳥は、と童歌に唄われる六芒星。

ときを置かずして、城下の八か所に正八角形の照魔の結界も張り終えてはいるが、用心

に越したことはない。

「小雪殿、早速なれどお支度めされよ。これより城中にご案内申す」隼人がこのところ懸

念していることと関わりがあるように思えたからであった。

こうして、小雪は隼人からの預かり人として、掘大和の守の庇護の下に置かれることに

なったのである。権現山の鳴動は、相変わらず続いていた。



井伊左門外伝

 

井伊は、生来自分が表立って何かをすることを好まない。目立たないところで、仮令誰

が気づくことがないとしても、人の世話をするのが性にあっているのだと思っている。

自分というものを余り出さないから、時に軽く見られることがあるが、彼の縁の下の力

持ち的な働きがあって物事が治まっていることを、知る人は知っている。

武士の表芸である剣の腕も、端倪すべかざる技量を備えているが、それを知る者も又、

僅かしかいない。それは、道場などで修行したのではないことにもよる。

天賦の才があったというしかないが、どこからか湧いてくるものに素直に従っているだ

けのことと思っているから、修行に励む人への遠慮もあった。

捉われることが少なく伸びやかにしているから、ときどきの自然の美しさにも目が行く。

折から山桜が咲いているのを、手折ると枝が裂けて見苦しいからと、小柄を抜いて一枝切

落としたのを携え家路をたどる道で隼人とすれ違った。

「よいお日柄でござる。ご貴殿が切り取られた枝でござるか」と隼人が声をかけた。

「さようにござるが、何故にての問でござろう」

「余りに切り口が鮮やかに見え申したので、卒爾ながらお尋ね申した」

これが、隼人と井伊が最初に出会った時の会話であった。会うべくして会ったのだと言

えよう。井伊も時を繋ぐ者の一人であった。

井伊は、自然の中にいるのが好きであった。鳥が翼を翻して飛ぶのや、猫が獲物を捕らえ

る身の熟しを見るともなく見ている内に、それらの動きが何時の間にやら身に備わった。

そよ風の中に身を浸しているうちに、風の裂け目ともいえるものが見えるようになった。

自然に逆らわず、それに身を任せば、体が自然に動くのだということが体感したことなの

であった。我意を働かせることよりもずっと、自在でいられることを知ったのであった。

自らの役割を果たさねばならない時が来るとすれば、それは自ずと解ることであり、その

時が至るなれば、その時は力の限り立ち働けばよい。任せていれば良いことだと思ってい


た。

武士に生れついたからには、いずれ一命を惜しまず尽くさねばならぬ事態が起こり得ると

の覚悟はある。それが何に対してであるのかは、未だ知れなかった。

井伊の家の前の庭先は、子供たちの遊び場に解放している。武士も町民も百姓もない。仲

良く遊ぶことを約束事にさせている。それを身分柄を弁えずと眉を顰める向きがないわけ

ではないが、表立って苦情を言ってくる者がないのも、井伊の人柄であった。

子供たちの揉め事は、井伊が現れるだけで自然に治まる。今日も、立ち帰ると子供たちが

周りに群れてきた。「おじちゃ~ん」というのに「おじちゃんじゃなくてお兄ちゃんじゃ

」と言いつつ「どうした?」と尋ねた。

「またいつもの意地悪鳥が、小鳥を苛めているんだよ」子供たちが小石を投げても届かな

い位の距離にいるから追い払えない。

「おじちゃん、いつものやつやってよ。」というのに「そうかそうか」と答えながら、右

手で手刀を作り軽く構えた。鳥に向かって無言の気合いと共に手を振ると、その意地悪鳥

バタバタしながら地上に落下した後、慌てて飛び去った。命を取るほどのことをしない

のは、いつものことであった。

 人は大自然の中にいて、自分に都合の良いことばかりを大して感謝することなく取り入

れる。自然の猛威というのはいつでもついて回っているのだが、見ないふりをしていて、

いざその災害にあうと不条理なものとして嘆く。

 陰も陽も一体のものだとは考えず、不都合なものは避けて通る。誰もが自分でできるか

ぎりのことを担えばよいのだが、それはしない。人が避けることを負担するのは、結局そ

れができる人が人知れずそっとしていることになる。

それは、天に対し畏まることができるかどうかによる。井伊とは、そんな男であった。

 井伊は、自分が組織の中に馴染まない性格であることを知っている。自分の信じること

を曲げてまで出世のために折り合いをつけることができない。そんなことをするよりも周

りが良くなることに人知れず動くことの方を選ぶ。凄まじいばかりの剣の腕をもっている

ことをひけらかしたりしたことはないから、他人はそれを知らないし、目端の利いた働き

をすることがないこともあって時に軽んぜられるが、そんなことは一向に意に介さない。

酒を飲んで目立たないでいる方が、面倒がなくて良いと思っている。

酒を飲むにも拘りがある。料理やつまみなしで、傍らに水を置いて酒と水を交互に飲む。

酒量が多くなっても酔いつぶれるようなことはない。体に似合わず酒豪なのである。

 隼人とは、家が近いこともあって、幼いときから仲良く遊んだ。本編の御前試合に出た

のも、隼人から是非にと頼まれたからであって、何故にそうするかの理由は理解したけれ

ど、さして気乗りがしたわけではない。御前に披露したのも、かなりぶっきらぼうなもの

であった。判る人がわかれば良いと、隼人がいうことに従ったまでである。

いずれ抜き差しならぬことになるやも知れぬとの思いはあったが、そうなっても不足に

は思わないというのが、隼人との信頼関係であった。



河尻又兵衛外伝

武家の表芸である刀・弓・馬・槍を総称して「武芸四門」という。

中でも槍は、薙刀と並んで、突く切る薙ぐ払う叩く等の何れにも適していて、最強の武

具といえる。対抗しうるのは、小刀・懐剣ということになる。間合いに入られると、具合

が悪いが、その間合いに入ることがなかなかに難しい。河尻は、その槍を使う巧者であっ

た。

物ごころが付いたとき、いつの間にか槍に触れて育っていた。馴染んでいたのだといえ

よう。

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて槍が生まれ、それが次第に武将も使うようにもな

り、武芸としての槍術が発達していった。

武将が使うようになるにつれ、槍自体も使い手の好みによって改良が重ねられて、普通

素槍一種類から、穂が長い大身槍、穂の根元が分岐している鎌槍十文字槍、柄に可動

性の管を装着して突き出し易くした管槍、柄が短い手突槍など、さまざまな種類が生まれ

た。

流派も多岐にわたるが、他流試合というものは無かったようである。

河尻又兵衛は、母方の伯父である尾張藩の家臣であった河尻又三郎が嗜む貫流を垣間見

て、槍を使うことになった。

貫流は、尾張藩の御留流であるから、表立っての手ほどきを受けることは叶わなかった

し、伯父が若くして身罷ったから、貫流が身についたわけではない。

貫流は、長さ二間の長槍に管を通して用いる。管を通すことを有効に使い、敵の刹那の

崩れをつき、螺旋を描いて槍を素早く繰り出し繰引くことによる速さに破壊力を生む。

この流儀は、槍・剣の二芸は「車の両輪・鳥の双翼の如し」「槍法を知らずして刀術を

語ること勿れ。刀法を知らずして槍術を語ること勿れ」ということになっている。

河尻は、管槍ではなく長柄大身の素槍を使う。幼少期から膂力衆に秀で、屋敷の庭が広

かったから、槍を振り回すのに何の不都合もなかった。

自分で巻き藁を何本も作り、墨で的を黒く塗って、突く薙ぐ叩く払うを飽きずに繰り返

した。あるとき、蝿が異常に発生した。飛び廻るこれらを目がけ、突く切る払うをして過

たず全てを地面に落とすことができるようになっているのに気付いた。

そんな時である。隼人が偶々通りかかって生け垣超こしにそれを目にして声をかけた。

「ご修行中に卒爾ながら。凄まじき業前にござる。拙者は薄田隼人と申す者にござるが、

是非とも間近にて見学のお許しを頂きたく存ずる」

「薄田殿のご高名は、かねてより存じ上げ申す。できますれば当方こそ、ご貴殿の刀法を

ご教示賜りたく存ずる」

 一流を極めた者は、腰の据わり呼吸ひとつで解りあえたということか。双方十五歳前の

夏のことであった。

前置き抜きで、真槍と真剣をとって向き合い、呼吸を計って対峙するも両者とも微動だ

にせず四半刻がすぎた。一合も交わすことなく槍と剣を引き合い、深々と礼をし合うと、

「恐れ入ってござる」「恐れ入ってござる」と同時に口に出していた。

打ち合いこそしなかったが、数十合のやりとりがあったということである。

縁先に並んで腰をおろし、緑が濃くなった風越山の上に広がる蒼い空を眺めた。

そこに又兵衛の母親が茶を点てて運んでくると、そっと静かに置いて言葉を発すること

なく退っていった。豪放磊落な息子に対し、何事も解って物静かでいられる母であった。

 

「虚空蔵山あたりの雲行きが、近頃怪しゅう感じられてなり申さぬ。」隼人が問われもせ

ぬのにポツリと口をきった。技を極めた者は、超常現象にも敏感である。河尻もまた、肌

に感じていることであった。

この伊那谷に入るには、いずれの道を選ぶにしても、鬼の栖といわれる峠を越えねばな

らぬが、その鬼が連れだってくることだってありうる。

河尻は、何時の事になるか知れぬが、命がけとなるそのときが来た時に心残りとならな

いよう、母親への孝養を尽くしておかねばならぬと、漠然とではあるが心に決めていたの

である。

肺腑を衝く。槍の修練が進むにつれ、急所を突くということは、肉体のみのことではな

く、言葉や行いが人を動かすことを知るようになった。誠を尽くすということである。至

誠は、天に通ずるということであれば、心の出し入れが武技に勝るのだと、河尻は信じる

に至っていた。



福島与五郎外伝

武家は「弓馬の家」とも呼ばれ、武士は「弓矢持つ身」と称した。戦場にあって武功を

あげることを「弓馬の誉」とする如く、弓術と馬術は武士の能力そのものともされた。

弓は、古くは桑・梓・檀(まゆみ)などを削って作られたが、木の外側に竹を当てるこ

とで強度と性能を増し、弓の幹の割れを防ぐ
為に麻糸や藤を巻き漆を塗るなど工夫が凝ら

されると共に、美的外観も備えるようになった。矢も、弓と共に進歩した。矢竹は、矢箆

竹(やのちく)を使い、矢羽は鷲・鷹など猛禽類の羽を使うのを最良とするが、高価であ

ることから、白鳥や鳶も使われた。

弓矢は、武器というより神器の色合いが濃い。弓矢の威光をもって魔障を払う。鳴弦

(めいげん)は、弓に矢を番えないで弦だけを鳴らして悪魔や妖気を打ち払うことである

し、引目は、鏑矢を引き放つときの高い音で、同様の効果が得られるとされていた。

弓の稽古は、作法が殊の外重要視されるのも、そんなあたりにあるのかも知れない。

元善光寺の矢場にて奉納される金的を射る催しも、的に命中させることのみを争うもの

ではない。全射命中すれば、確かに名誉なことではあったが・・・

福島は、およそ神仏に恃むということをしない。何時の頃からか、頼んで甲斐があるも

のとは思えなくなっていた。外に求めなくとも、内にそもそも備わっているのではないの

か?内にないものは、気づくこともできねば得ることもできない。あくせく欲をかくから

、それを削り出すことができない。大らかに素直にしていれば、機に応じて顕れるものだ

と思っている。

生きてあるうちは、自らが楽しくあらねばならない。そう思うにつけ、歯を食いしばっ

て修行するというようなことをしないで済む工夫をする。合理的なのである。

よりどころを外に求めるのは身勝手に過ぎるとして、己ができることに全てを尽くそうと

してはいるが、それであって尚、己が身内から引き出せるものは、求めれば無尽蔵なのだ

とも感じている。それができないとしたら、まだ理解できない力の働きがあるということ

であるとして、それが現れるのを待つのみだと思っているのである。

理解できないものは無いとするのはあたらない。縦横斜め意外に働く力というのは確か

にある。それが精神の働きということになれば、尚更のことである。願いを叶えるための

ものであれば、それは意識だけでは如何とも為しがたいから、気楽でいるのが良いとして

いる福島である。気乗りのしないことは避ける気があるから、一見自分勝手に見えるが、

悪気があるわけではない。性格の持つ特性といえる。

薄い壁を通して、何事をも可能にしてしまう空間があるのであり、そこに繋がる手立て

が如何にしたら得られるのかは詳らかでないにしても、それはあるのであって、不意にそ

こに至ることがあるのだということについての感覚が、隼人と共通する認識であり、解り

あえていた。

福島は、武道といえど興がのるような楽しみを伴うものを好む。弓の他の剣も、曲芸と

も思えるような技もそんなところから自然に身についた。本編にある、縫い針を畳に並べ

立て居合抜きに次々打ち込む技も、遠い的を射ぬく弓矢のための目をもってすれば、苦も

ないことであった。

風の中にあっても瞬きしない目力は、人が見落とす僅かな動きの変化も見逃さないから

、誤魔化しが効かない相手であるはずが、一見遊び人に見えるから、他から用心されはし

ない。然して、楽しくなくては生きる甲斐がないとする、武家勤めに似合わない男ではあ

った。




第2部

邂 逅 

 数馬が生まれた時、雷鳴が轟き落雷が地を裂き風雨が吹き荒んだ。

風神は悪を追い払い、雷神は善を勧め水雨を整えるのだという。風雷いずれも自然現象

なるに、天地剖判(ぼうはん=二つに分かれること)以来、元が一つであったものが分か

れて成れるものは、上下・左右・正邪・美醜などなど限りなくある。神の如何なる意識が

あって何故分離したかは解らぬが、分かれればそこに隙間は生じる。

雷は巨大なエネルギーを地上に降り注ぐが、天にも同じ分量を放出する。それは光の粒と

なり、風を起こして宇宙に充満し天地をつなぐ。

そもそも一なるものは、分かれたことの意味は理解できずとも、分かれた部分に働きが

それぞれにあり、それを任されたことであると感じ取ることはできよう。その持ち分に上

下はないのであると知れば、そこに不満は生じまい。分かれたものには中心があり、そこ

がバランスの場所なのであろう。 

人だかりがあった。放課後の部活の時間帯である。

美少女であるとつとに知られた部長が茶を点てているのを、隙間から覗き見ようという

のである。

当校茶道部では、創部以来猿蔵の泉から汲んできた水を使うことになっていた。

猿蔵の泉とは、江戸時代の頃、茶道家の不蔵庵龍渓宗匠が、茶に適した水を求め、京を

発って諸国を遍歴していたとき、天竜川下流の水のうまさに心をひかれ、その源を探り尋

ね支流を遡ること40キロメートル、風越山のふもと松川渓谷で発見したと言われる泉。

奇しくも、これまた風越山に因むのである。近年一応男女共学校ということになったが、

元々は男子の進学校という歴史があることから、女生徒の割合が極めて少なく、その上美

女ということであれば人気はいや増して、人知れず青春の胸を焦がす若者が多かった。

日々の学業は、知識を増やすものではあっても、知識の増大が即ち分別を生むものでは

ない。知るということは、わからないことに対しては極めて無力である。知りえぬ状況を

どのように判断するかは、また別の智恵であるのだが、恋心という目には見えないもので

あっても、認識されればそれは形あるものと変わらず確かに存在するものといえるから、

対処の方法を探ることになる。そして往々にして間違う。

而して、超常現象も認識されることにおいては存在を否定できず、変なマジナイに頼る

者も出て不思議がなかった。

近頃は、自らに内在する神性を意識する人は少なく、一方的我意をコントロールする事

ができず相手や周りに害を及ぼしてしまう者が多い。我意は、即ち害であった。

数馬には見えるというか解るというかの能力が幼くして備わっていたから、いずれ好む

と好まざるに拘わらず、その働きをしなくてはならない場に立つ予感があった。

見渡せば、段丘の春はうららに霞んで、暴れ天竜川は水嵩を減らしていたが、権現山が

時を越えてまたぞろ鳴動し始めていた。

天竜川と権現山の間には高速道路が龍蛇のごとくうねり走り、夜ともなれば赤カガチの

目さながらに光るヘッドライトの流線が行きかい、その吐く息は、むかし手が届くほどの

距離に見えた輝く星々を曇らせていたのである。

カガチとは酸漿(ホウズキ)の古名、八岐大蛇にもその記述がある。

変じて蛇のことをカガチといい、蝮の数百倍の毒をもつというアカカガシというのが山

野を這い回っている。不気味である。 

雨の境目というのを見た人は少ないだろうが、少年のころにそれを見たことがある。

真夏の昼下がり、乾ききった地面を夕立が叩いた。線を引いたように左側は土煙を上げ

て雨に打たれ、見る間に乾いて赤茶けた土を黒く染めたが、右側は相変わらずの土埃を雨

風が舞いあげさせ草の葉の上に積もらせていた。

数馬には時として、同じ空間なのに別次元の世界らしきものが平行して動いているのが

見えることがある。1歩踏み越えれば、そちらの世界に入り込めるかと思える程のもので

あった。境目や範を越えて、そちらのものが越境してきても、不思議ではないと思うので

あった。世情の乱れや人心の荒廃は、そんなところにも遠因があるのかも知れない。

憑かれるということも聞くことがある。古くは狐などの動物霊であったり悪霊と呼ばれ

るものであったり、新たには自分が呼び寄せてしまった超常エネルギーであったりする。

良い結果を生むものであれば望外の幸せということになろうが、自らが引け目に思う行い

が良い結果を齎すエネルギーを呼び寄せることはなさそうである。

本来は性が善であるはずのものを、自らが貶めるような言動を度重ねていることで、波

動が荒くなってしまっての結果であるとすれば、折角魂の磨きの場を今生に得られたとい

うのに悔やみきれないこととなりかねない。

自分が意図しないものであるにも拘らず、他人に雷同して引きずられていることによる

のであれば、踏みとどまる勇気をもたない限り、いずれ自分でツケを払うことになるのは

、それが因果だということに思いを致す必要があろう。

思い込みの激しい男が、茶道部の部長である桜町真央に暗い想いを寄せた。いわゆる懸

想したということである。自己本位そのものともいえる暗い想念を抱いた。

「数くん、私このごろ気味が悪いことが多いのよ。いつも誰かに見られているようだった

り、時々後ろからつけられているような気がしたり、怖い夢もみるの」

 真央が、幼馴染である数馬に学校帰りの道すがら話しかけた。

「真央ネーは、誰にでも好かれるタイプだから、気をつけないとね」

「そんなことはないわよ。気が強いし茶道をやっているにしてはお転婆だし、好き嫌いは

ハッキリしてるし。数くんの知ってるとおりよ」

「それでも、綺麗な女の子は気をつけないと」

「あら、高校生ともなると数くんでもお世辞をいえるの。今まで私のこと女扱いしなかっ

たくせに」

入学して数日しか経っていなくとも、真央にファンが多いことを知らされていた。素直

に接すればよいものを、内に篭らせて遠巻きにしている者が多いということもである。

数馬には、感ずるというか見えるというかしてしまうものがある。

生霊というか、生きている者の凝らしたエネルギーというものが異常に強くなることが

あるのがわかってはいても、どう処するかは教えようもないのであった。

それに較べれば、死霊は対処さえ誤らねば、さしたることなく済ませられるのかもしれな

い。そんなことを言うと、宗教家にクレームを付けられるかもしれないが・・・。

有名な話がある。

深い恨みを持って仇と付け狙っていた男が逆に捕らえられ、その敵と狙う武士の面前に

高手小手に縄をかけられ引き据えられた。怨みの形相物凄く歯噛みして「死んでもこの怨

み晴らさずにはおかぬ」と吠えるのに対し、捕らえた方の武士が、「ほう、死んでもな。

そうできるかどうか証を見せてみよ」と言ったという。

「しからば、首を刎ねられたらそこにある石灯籠に噛み付いてみせよう」

首斬り役人が、水もたまらず一刀両断に首を斬り落とすと、胴を離れたその首は空を飛

んで狙い過たずその石灯籠に喰らいついたのだという。

その場に居合わせた家臣たちは、あまりの凄まじさに顔面蒼白、言葉を失った。

それから月日が流れたが、一向に障りとなる現象はいつかな起こる気配をみせなかった。

家臣の一人が恐る恐る「あの怨みに満ちた男の霊は、どうなったのでございましょう」

と尋ねると、「ああ、あれか。怨みの一念凝り固まって石灯籠に向かってしまってそれで

終わりよ」

その先はないのだ、と言うのであった。逸らしてしまったということである。

それとは別に、思い方というのもある。くよくよ悩んでいると、それらの悩みの種を益

々引き寄せてしまう。
 

風越山の背面の空を茜色に染めて、夜の帳がおりた。異様に赤い。

日が暮れると、街中の路地のあちらこちらに赤い灯青い灯が点って、時がたつにつれ足

取りの定かならぬ者たちの数が増し、恐怖がそこに迫っているのを気づきもしないで、あ

たりはさんざめくにまかされて、常と変わりなかった。

黒曜石のように黒く透き通った大きく不気味な目が、中天からそれらを見ていた。

黒曜石は、別名矢の根石と呼ばれ、鏃の形に整えられたものが、このあたりでは畑のあ

ちらこちらから珍しくもなく見つけることができた。信州の和田峠あたりで採れる原石が

、太古の昔いかなる流通経路を辿って、日本国中に広まったものなのだろうか。信州の山

深いところからであることを思うと、不思議といわざるを得ない。

鏃が沢山あったほかに、大きな石斧も見つけて持っていたのであるが、明らかに打製石

器の様相を呈していたので、小学生時代先生に見せたところ、「日本は磨製石器の時代か

らの歴史しかない」と、その先生は頑として譲らなかった。

それから何十年かして、隣村の牛牧から出土した石器が打製石器であるということにな

って歴史は塗り変わった。その先生、素直に物事を見ることができていたら、歴史に名を

残せたかもしれないのに、残念なことではある。

その牛牧から山道を登ると、大島山の滝がある。巨大な1枚岩を削って丈余の滝が水し

ぶきをあげている。

数馬はここで瞑想するのが常であったが、ある日何かに急かされて、滝の上から滝つぼ

に飛びこんだことがある。まかり間違えば命の危険さえあるところであるにも拘らずであ

った。

渦巻く滝つぼの中には、抉られたような空洞があり、いずくかに繋がっているらしき洞

穴が黒々と続いていた。しかし不思議なことに、光が差し込むことが無いにも拘らず、洞

の先が仄明るいのである。

今このときではないが、いずれこの先に進み入るであろう予感があった。

通じるための道というのは、地中にあるのだろうか?天空に開けるのだろうか?我が身内

にあるのだろうか?わかりそうでわからないもどかしさがあった。

 川田勝夫は、同じクラスの真央に思いを寄せていたが、声を交わすこともできず悶々と

した毎日を過ごした。悩みの時間は陰陽を越える丑三つ時になると最悪の決心をするに到

った。

いかなるものごとであれ、この時間帯に考えて出る結論にはろくなことがないことが多

い。襲って拉致することにしたのである。人目を避けるのは容易なことではないから、準

備が必用であることは意識にあるが、短絡的に見境がなくなってしまっていた。憑かれた

のである。

類は類を呼ぶ。本来は善である者も意識が沈んで良からぬことを考えることが度重なる

と、悪い波動は悪い波動を持ったものが同期しやすくなり、自分が思いもしなかった大事

に至ることが多い。因がなければ縁に触れることもないし果もないということになる。

道は、踏み外した最初が小さなものであっても、自ら踏みとどまることができねば、際

限もなく深みに嵌る。他人ではなく自分のことなのである。

川田勝夫は、普段の気弱さからは考えられない行動に走ることになった。町外れの神社

の暗がりに潜み、日が落ちて暗くなった道を大抵は一人で帰る真央を襲うことにしたので

ある。

神社というのは、午後の2時くらいまでの明るいうちに詣でるのはよいが、遅い時刻に

なると参拝者の落としてゆく澱みが払われきれずに残存していることが多い。善男善女ば

かりが参拝するとは限らないから、得てして悪想念からの黒い欲望を吐き散らして憚らな

い者だって参拝者の中には多くいるから、それらが滞る。それらの中に入れば染まること

だってあり得る。

 悪念は凝り固まれば、たとえその望みを果たしても、我が身を滅ぼす。空気が清々しい

うちに参拝すべきなのである。

部活を終え部室の片付けが済むと、部員達は口々に部長である真央に丁寧に挨拶してそ

れぞれ退出した。戸締りをして外に出たときには中天に朧月がかかって、あたりをやわら

かく包んでいた。真央の帰路は、街中を抜けると両脇に果樹園が続く三州街道を4キロメ

ートルほど歩くことになる。日が暮れると、果樹園の手入れに朝から忙しい付近の住人は

、明日の為に眠りにつくから人通りは絶える。

しかし、和やかな伊那谷のこのあたりの治安は、女子供が仮令ひとりで歩いても、何の不

安も覚えぬほど安定していた。遠く山間から、ときに狐の鳴き声が聞こえるのが寂しいと

いえば寂しいと言えるくらいのものである。

狐火というのがある。遠く高くに聳える尖った山並みの上を、点々と仄の白い灯りが渡

ってゆく。古人は、これを狐火と呼んで人魂と同じく恐れた。なんらかのエネルギーの移

動あるいは攪拌があるのではなかろうか。

真央は、幼少時代の数馬の修行に幼馴染ということもあって遊びのように付き合ったか

ら、本人が気づかぬまま、その身体能力は尋常一様なものではなかった。

部活を一所懸命にやった充足感からか、真央は機嫌がよかった。歌を口ずさみながら、

街はずれの神社の鳥居近くにある道祖神を刻んだ石像前を通り過ぎようとした。そのとき

、背後から襲われた。黒い布で面を包んだ男に、口を押さえられて後ろに引き倒されよう

としたのである。

そこからの真央の反応は早かった。右足踵で相手の右足甲を強く踏みつけ、痛さに怯ん

だ処に向き返ると、右手の裏拳が眉間に間髪を入れず打ち込まれていた。ギャッっと声を

あげて男は後ずさり、そのまま一目散に逃げ去った。

真央は息も乱さず、何事もなかったように家路に再びついた。豪胆である。嫋やかに見

える外見からは、誰も想像できないことであった。

翌朝、勝夫は病気を理由に学校を休んだ。その実は、打たれた顔面の腫れが引かなかっ

たからである。休んだついでに次の手立てを考えることにした。親の金を使えば、自分で

やるより容易にできる。エスカレートするのが、悪事の常である。

子供時代から、悪戯の泥をかぶせ自分が何食わぬ顔で通してくることができたのは、手駒

であると川田が自分勝手に思い込んでいる男がいたからである。自分の力ではなく、親の

威を借る勘違い者は、どこにでもいる。

現在は、暴力事件がらみの関係者であると決め付けられて停学中であるから、目立たな

くて好都合な松田芳樹を呼び出した。

計画は乱暴である。拉致して自家の古くなって使わなくなった山小屋に監禁しようとい

うのである。その後に起こるであろう事態への収拾策もなにもあったものではなく、頭に

血がのぼって破滅への道をまっしぐら。何かに憑かれた恐ろしさというほかない。山のむ

こうから、いったい何が来たのやら・・・。

松田芳樹は、親がかりのいきがかりもあって、川田勝夫に無理やりその役回りを押し付

けられることがあったりはしたが、もとより気は進まなかったことの方が多い。乱暴であ

るとして咎められることは多かったが、その乱暴には常に言い分があった。人として越え

てはならぬものを侵してまでのことをするということは、今までなかったのである。

今回の川田の申し出には落としどころを考えねばならなかった。更には、破綻を招く前

に、川田の立ち直りのキッカケをも図るには、どうすればよいかと思うにつけ、今までの

彼の性格の歪みを知っているだけに、暗澹たる思いにかられるのであった。

松田は、一見ワルのイメージで通っているが、自分のことだけに捉われてものごとを為

す質ではない。そういう意味で、数馬とも今
までに接点がある。入学式の後の部員勧誘の

おり、天空から鳶を切り落とした男である。その後、真央が数馬にとって身内に等しい

ということも知るに至っている。

どうにか、表沙汰やおおごとにならないように収めねばならぬ。それも頭に血がのぼっ

たままでいる川田にそれと知られずにということである。

「内々に話してみるしかないか」ということに思いは行き着く。かといって、川田の恥を

さらけることになるのは、相談ともならぬ相談を持ちかけられている手前、いささか気が

とがめなくもない。されど人としては踏みとどまるべき行いを助長するわけにもいかぬ。

気が弱いだけで、根からの悪党であるとは思えない川田を、大きく間違わせるわけにはい

かぬし、片棒を担ぐというのは真っ平だというのも、正義漢ぶるわけではないが本音。不

思議な記憶力を持つ川田を、憎からずとも思い、どこか遠い記憶が、思い出せないずっと

昔からのかかわりがあったように思えてならないのであった。

どうやって川田の意を翻させるか。というのも、気の弱さが激情に走る気のある川田で

あることを知っているだけに、放り出して思いつめれば何をするかわからない恐れもあっ

て、自分が彼を抑えないとならぬと思うのであった。

夜ともなると、山裾に鬼火が燃えるのが見られるようになっていた。鬼火と書いてホウ

ズキとも読む。ホウズキの古名は、カガチ。カガチはすなわち蛇。

血、地、乳、智、オロチなど、「ち」のつくものは、何か神霊世界に通じるものが多い

ように思える。

川田の目は、近頃ホウズキのように赤く光るようになってきている。


河尻 明は、先祖が槍の名手であったと聞いてはいる。時々同じ夢を繰り返して見る。

同じ状況に至れば、自分もそうするであろうといつも思う。我とわが身をもって異界への

入り口を塞ぐと、何処からともない声を聞いた。「それで良い。全ては、別のものではな

くて一つのもの。分かれて見えるのは、人の五感が、そうしているのに過ぎぬ。意識を解

き放ってこの先へ進むがよい」

高丘の古墳の石室が開くと続いていると言い伝えられていた道が、ほの明るく先へと誘

っている。権現山に至ると言われていた道は、踏み出してみると銀河が輝く星々の中の如

くである。

道というより空間といえ、意識が限りなく広がり、恐れから程遠いものとなる。

暗い随道を進んでいる筈なのに、壁などまるでないかのように全てが見渡せる。誰かが

怪しの者と斬り結んでいる姿も、別の誰か矢を切って放す様子も、隼人が凝然と佇んで何

かと対峙している雰囲気も、傍らに居るがごとく見えるというより分かるのであった。

滑るように進んで行く先の中空に、何故かとても懐かしいものなのだが、それが何である

のかが解らない長い柄の先に尖った鋼がついたものに気づいて手にとった。槍であった。

ても懐かしいものなのだが、それが何であるのかが解らない長い柄の先に尖った鋼がつい

たものに気づいて手にとった。槍であった。

槍の名人である河尻にして、それが何であるのかを忘れていた。手に取るとそれは体と一

体になり、身内に取り込まれてしまう。この先使うことはあるまいが、意識すれば必要に

応じて取り出すことができるのだと思えた。

「そうだ。生まれ変わってもそれを使うことはあるまいが、その働きが必要となることが

あるかも知れぬということのみ覚えていればよい」どこからともない声が脳裏に届いた。

そこで河尻の意識体ともいえる固体は、霧のように宇宙に溶け込むのだった。

 

松田が時々見る夢は、際限もなく次から次へと現れる魔と斬り結んでいて、やがてそれ

に倦む。そのことのみに意味があるようには思えなくなってくるのである。源を断たねば

如何とも為しがたいのだと。

そう思うと、個の体ではなく意識体でなくては適わぬと思った途端、夢は霧消する。

人は何故、個を区別し争わねばならぬのだろうか。各々の持分の働きがあって一つのも

ののはずなのに、同次元で競わねばならぬとはどうしたことなのであろうか。

松田は、川田の捉われが一体何なのかと思いを巡らせている内に、恋慕の情による肉欲

というより単に認められたい親しくなりたいということなのではないのかと思えてきた。

顕れ出でねばならぬ何事かの予兆としての揺らぎかも知れない。

自分に剣の才能があるのも、時に心が騒いでわかりそうでわからないことや、見えそうで

見えないものがあるもどかしさも、生まれついてのそれらのものが、合せて明らかになっ

てくる時期なのではないかとも覚えるのであった。

片棒を担ぐのもご免だが、彼が道を踏み外して深みに嵌っていく前に「一回じっくり話

してみるか」と思ったのである。最初の一歩がその後をわけるとしたら、踏み止まること

に要するエネルギーは、止まらずに走ったことによる結果を覆すのに比べれば、いつでも

さしたることではないのである。

なぜか、生まれる前から川田を知っているように思えてならないのであった。

「川田、本当にそうしていいのか?俺にはとても賛成できない。今まで大抵のことは、手

助けしてきたが、今度ばかりはお前の本当の気持ちがわからない。取り返しができない企

みだからということでもあるが、より嫌われることが確かだし、その後をどうするのかも

聞かなくっちゃならない。何をどうしたいのかが全く見えないんだ」

「俺にもわからないが、何かに引き込まれているようなんだ。星をも砕く力っていう言葉

が頭にこびりついて離れないんだ」

「何、それは本当か。その言葉は、俺の頭の中にもいつも響いている。ずっと昔に、何か

恐ろしいことを乗り越えようとした記憶が俺にはあるが、お前にはないか?俺とお前は、

どっかで繋がっていたんじゃないだろうか」

「ぼんやりだが、それはあるんだ。何かに憑りつかれているような気がしている」

「真央さんについても、何かひっかかりがあるようなことか?」

「いや、真央さんを護っていた仲間がいたような気がするんだが、それが何だったのかわ

からない」

時を越えて魔が再び蠢動を始めたのかもしれなかった。命を代償にした隼人たち五人の

働きが、その後の人々の意識を変えきれていなかったと言えるかも知れぬ。人の本性の浄

化や進化は難しい。どうしても目先に囚われるからである。

 

麻績神社の裏手の山に、絶えて久しかった狐の鳴き声が度々聞かれるようになり、天竜

川の波が高くなっていた。

神社のほど近くに佇む元善光寺の境内下にある矢場に、矢音も高く弓を引く青年が、一

人黙々と矢を射ていた。60メートルほど離れた土塁に設えられた金的には、射られた矢

が重なるように突き立っていた。

的を侯串(こうぐし)で刺し立て、矢を受け止める為の土盛り、安土が設えられていた。

安土には主に川砂または土が使用され、川砂や山砂、おがくず)を適度に混ぜ合わせ、50

度前後の傾斜をつけて盛る。
 

学校帰りの数馬が傍らに来た時、福島の射は図星からは少し外れたところに突き立った

ところであった。数馬と福島は的に向かって深々と頭を下げた。

「今、『それ』が降りたね」「うむ、やはり君には解かるんだね」が、最初の挨拶であっ

た。

福島が師についたとき、師から言われたことは、何故ですかと聞かずに同じようにやれ、

ということであった。「力を入れるな、当てようと思うな、射ることを意識するな、呼吸

のみを考えよ」が教えであり、後のことは自分が修行の中で身につけていくより他なかっ

た。

一体誰が弓を引き、誰が矢を放つのかということについては、師は「いずれ解かるであろ

うが『それ』が降りてきてするのだ」とのみ言っただけである。自らが気づけなければ教

えようがないもののようであった。

「福島、相変わらず精がでるね」

「うん、このところしきりに心が騒ぐんだ。落ち着かない所為か、なかなか思ったほどに

は引けぬ」

「落ち着かなくてもそれか。落ち着いて射たら、矢が裂けよう。確かにこのところ俺も心

が泡立つような気がしてならないんだ」

 ほどなく、朧月があたりを包んだ。月に浮かれた狸ではなく、狐が鳴く物悲しい声が稲

荷坂あたりから聞こえてきた。

 

翌日、川田は絆創膏を貼った顔で登校し、意を決して真央の前に進み出ると、深々と頭

を下げた。

「真央さん、あの、実は先日の・・・」と言いかけるのを真央が遮った。

「わかっているわ。何も言わなくってもいいのよ。貴方にも星をも砕く力という声が聞こ

えるんでしょ。私には、解放すれば星をも砕く力って聞こえてくるわ。数馬君が前々から

言うのよ。破壊しつくして創り直さなければならないと考えているとしか思えないパワー

が、動き始めているらしいって。でも、その前に魔との戦いがあるだろうって。魔って何

だか解らないけれど、人の意識の中に巣くっているものが形に現われてくるから、それを

消すことなんだって。貴方もきっとそのときのお仲間になるのよ。宜しくね」

川田の顔は、吹き払われたようにみるみる明るくなっていった。

現れれば消えるものに捉われて、どんどん引き込まれるから深みにはまって身動きがとれ

なくなるが、踏みとどまる勇気をもてば道は開ける。乗り越えられないものはないのであ

る。

飯田から駒ヶ根に向かい25キロ程の飯島町七久保に、今は桜の名所として知られる千

人塚というのがある。

1582年(天正10)に、この地にあった城は、織田信長の軍勢により落城した。戦い

で死んだ敵味方の将兵の遺体や武具などを集めて埋葬し、塚とした。

その後、悪疫が流行したため、そこに千九人童子の碑を建てて供養した。そこにあった城

の空堀は、昭和の初期に水を引き入れて灌漑用の池となり、城ケ池と呼ばれ、かなりの大

きさで水を湛えている。

高校生達が気のあった仲間と連れ立って、自転車などでピクニックに訪れる。ここに至

るまでの道筋にある畑には、苔むした墓石が諸方に散見される。畑の持ち主の先祖の墓と

いうわけではない無縁の墓が殆どだが、彼岸や盆などには花が手向けられていることが多

い。

真央、数馬、松田、河尻、福島、川田は、自転車に食料を大量に積んでピクニックに出

かけた。

花が終わるとわからなくなるが、こんなに桜が多く植えられているのかと思うほどに、途

中の桜花も見事であった。切る風が薫り、頬に心地よかった。

千人塚の桜の下に六人がビニールシートを敷き、持参したおにぎりやサンドウィッチ・果

物を並べて食べているときに、異変は起こった。

「わあ、どうしたんだ!」と叫び声が上り、見る間に人だかりができた。輪の真ん中にい

た少女が、頬の辺りから多量の血を滴らせていた。

「これは、鎌鼬(かまいたち)にやられたんだ!」人垣の中に居た老人が叫んだ。

鎌鼬は、甲信地方に多く伝えられる、妖怪が起こす変異とされる。旋風に乗って姿も見

せず現れ、人に鋭い傷を負わせるが、痛みというのはないのだという。

鼬も魔物の一種と見做されていて、群れると不吉であり、夜中に火柱を起こし、そこに火

災が起こるとされている。

鼬は後ろ足で立ち上がり、人の顔を凝視して、狐と同じく眉毛の本数を数えて人をたぶ

らかす。信州では、カマイタチ現象は悪神の仕業であると言われていて、暦を足蹴にする

と、この災いに会うという俗信もある。

この現象は、真空状態のところに触れると起こると言われるが、科学的に証明されて確

たるものとなってはいない。そもそもは、「構え太刀」が訛ったものだという人もい
るが

現象の説明はない。 

川田が、ポツリと言った。

「そういえばこのところ山付けの農家で、巣箱に飼っている兎が、鼬らしきものに鼻先

を抉られてやられるという話をよく聞く」

巣箱の奥にいればそんな被害にあわなくて済むのに、わざわざ網のそばまで行ってヤラレ

ルとは、なんて兎は愚かなんだと、飼い主が悔しがるのだとか。本当に鼬の仕業なのだろ

うか。

日が傾き始めたのを機に帰り支度をして、市街地に皆が戻ってきたのは、朧月が昇り始

めた頃合であった。

交差点を無灯火で、携帯電話をしながら走る若者が、危うく横断歩道を渡りかけた老婦

人と接触しそうになったのを、連れの男性が「君、あぶないじゃないかっ!」と咎めてい

るのに遭遇した。若者は、非を認めて謝罪し
ないはおろか、居直って「何、このクソジジ

イ!文句あるのか」と罵った。

六人が分けて入ろうとするより早く、その若者は携帯電話を持った手から突然血を噴出し

てその場で自転車ごと横転した。間に何の姿も見えなかった。鎌鼬である。

六人は、思わず顔を見合わせた。急が迫っているように思えたのである。

散会する前に、喉の渇きを潤そうということで立ち寄った喫茶店で、松田が口火を切っ

た。

「おい、どうする。何か異様な展開になりそうだぜ」

「うん。なにかに憑りつかれてしまっているようなのが、うようよ見える」

数馬が応えた。

「自分勝手な人たちへの天罰というか、警告ということだけじゃないみたいね」真央が眉

を顰めた。

 そこに集まった面々は、以前どこかで一緒に立ち向かったものが有ったのだと、言わず

語らずのうちに理解していた。記憶の川を渡り返して生まれ変わってくるとき、残留する

思念を一部引き継いできたらしい。

真央がいう。「万能の創造の神様だって、何かの手助けが必要だったり、気づきをきっ

と願っているんだわ」




     始まり

 人間は、自分では良いと思ってしていることでも、時に過ちを侵す。気づいたとき素直に

謝ることと、許しを与え合うことが、精神の進化をもたらすように思える。

信念であったり宗教であったり主義に捉われると、正義は自分のサイドにのみ有って、

悪いのは全て相手であるということになり、相手にも言い分や立場があるということに思

いが至る余裕を失う。

そもそもが一なるものであるとしたら、このような分れはどこから始まったのであろう

か。判断基準となるものは、善悪・美醜・快不快・損得・正負その他様々あるが、そのど

こに分け目を見出したらよいものかが確かには判らぬ。命というものが永遠に続くとした

ら、どこからが生であり、どこからが死だと言って区別するかということも判らないこと

になる。生かされてあるということに粗末な世になっているのかも知れぬ。

目先の小さな損得が重大であり、それに従って他を慮らない行動をとることが普通にな

った。この世的にいえば、悪事を働いている人が逆に栄えていることも多い。もっとも、

何が悪なのかはわからぬことではあるが。

  街中に、刺刺しい雰囲気を纏ってそれを撒き散らして歩く人が増えた。些細なことが口

論や争いに進展するのである。人々は眉を顰め避けて通ることはあっても、それを治めよ

うとは誰もしない。他人事なのである。それがいつ我が身に及ぶことになるのかわからな

いにも関わらずである。それでも、それは自分ではなく誰か他の人がやることとして見過

ごすのに平気であった。

子は、生まれ変わるときに忘れてしまっているが、その都度、何らかの意味があって

、自らがその両親を選んで生まれてくるのである。そのことに気づかないと、親子ともに

精神の進化は望めない。

子は、親を選べないなどという論が罷り通るようになってより、親が子に人として必要

な躾ができなくなった。子が可愛くない親は滅多にいないが、育てる責任はある。近頃は

責任というより本能のみで育てていると言い換えてもよい。

猫可愛がりという言葉があるが、動物界の親は、子に一定期間は目一杯の愛情を注ぐ。

それがないと子は自立できない。

わが子の将来のためによかれと思ってやることでも、時に子のそのときの意にそぐわな

いことは当然ありうる。子の顔色を見て怯んでしまい、教えねばならないことから遠ざか

っているのが愛であるかのように勘違いしていないだろうか。子の将来を思ったら、すべ

きことはある。

むしろ、親が子を選べないのだと言えるのかも知れないのである。自分以外のものをと

やかく言うことはあっても、自分の内面を見つめることが少なくなった。

実は、そこに全てが凝縮されているらしいのだが、他との差別を争うの余り、外にばかり

目を向けてしまっているから、いつまでも気づけないで苦しむ。

全ては我がことに他ならないということを、誰もが遠い記憶の中では知っている筈なのに

である。残された時間は、限りなく少なそうなのである。創造主であっても、いつまで我

慢するか判らない。歪が来てしまったものを治すより、破壊して新たに創りかえる方がよ

っぽど楽に違いない。

人は、肉体というものを纏わないと叶わぬ修行というものがあるらしく、魂の磨きの場

を得ようとして、長くは400年もの順番待ちをして転生を待つのだとか。よく、前世が

お姫様だったとか身分の高い武士だったとかのお告げを受けて喜んでいる人がいるが、聞

く方も聞く方、告げる方も告げる方である。魂の磨きのために繰り返される転生の度に、

殿様であったり乞食であったりお姫様であったり女郎であったりしても、それは必要あっ

て積まされた経験にすぎぬ。今生で何を学ぶかということに、思いを致さねばなるまい。

「真央おねえちゃん!恐いおじちゃん達がきてお母さんをどっかに連れてっちゃったの」

隣の家に住み、幼稚園の行き帰りに真央ねえちゃん真央ねえちゃんと慕って纏わりつい

てくる琴音が、目に涙を溢れさせて縋り付いた。

母子二人でいつも仲良く寄り添って一所懸命暮らしているのを、真央は琴音ちゃん琴音

ちゃんと妹のように可愛がっていた。

いつもの愛くるしい笑顔が消え、ちっちゃな心一杯で大好きな母のことを心配する琴音を

、屈み込んで胸に抱きしめ「大丈夫よ」と、今は励ますしかなかった。

「今夜は、お姉ちゃんと一緒に寝ようね」

事情がわからないことには、動きようがない。幼い琴音に尋ねるには忍びないことに思

えた。数馬たちに相談するよりない。優しく弱いところに現れた変異のように感じたので

ある。

浦安琴音。浦は裏に通じ、すなわち心のこと。心を安んじる琴の音、という名前を選ん

で生まれてきた子である。観世音も、音を観ずるということだから、精妙な音は大切であ

る。耳を聾さんばかりの大音量や雑音に慣れてしまうと、いかなるメッセージも受け取れ

なくなる。

人は、見たいものしか見えないし、聞きたいことしか聞こえない。人間の器官である五

感は、真実が現にそこにあっても、素直でなければ気づくことはできないもののようなの

である。

小さな胸を痛めながらも、真央に心配をかけまいと健気に眠る振りをする琴音を抱きし

めて、まんじりともしなかった夜が明けた。

「おはよう。起きられそう?今日は数馬お兄ちゃんとお話してみようね」「うん。琴音は

平気だよ」努めてにっこり笑顔を作りながら、琴音は真央の顔を見上げた。

数馬が来ると、琴音は自分から話し始めた。「あのね、お兄ちゃん。昨日コワイおじちゃ

んたちが来て、お母さんを連れて行っちゃったの。お母さんは琴音のために、お父さんは

死んじゃったと言っているけど、それはウソで、きっとお父さんの所為なの」洞察力とい

うわけではない。

優しく素直にしていれば、幼くても愛してくれている人のことは見えているということな

のである。

「真央ねえ、僕に知らせたということは、何か見えるの?」

「ええ、大きな湖が見えるの。その場所に居る間はきっと守られていて大丈夫だと思うけ

れど、急がないと危ないわ。きっと諏訪のどこかの建物よ。」残留している思念を拾って

真央が答えた。

諏訪は、八ヶ岳の広大な裾野の中に位置する。信州は神州に通ずる。信濃の国の中ほど

にある諏訪は、諏訪大社により鎮守されている。

諏訪神社の祭神は、建御名方尊(たけみなかたのみこと)ということになっていて、古

事記にいう国譲り神話によれば、出雲の国からここまで逃れてきたとされる。

国を譲り受けるために出雲に派遣された建御雷尊(たけみかずちのみこと)が、「事代

主尊(ことしろぬしのみこと)は国を譲ると言ったが、他に意見をいう子はいるか」と大

国主に訊ねると、大国主はもう一人の息子である建御名方にも訊くように言った。

建御名方がやってきて、「ここでひそひそ話をしているのは誰だ。それでは力競べをし

て決めようではないか」と言って建御雷の手を掴んだ。すると建御雷は手を氷柱に変化さ

せ、更に剣に変化させた。

逆に、建御雷が建御名方の手を掴むと、葦の若葉を摘むように握りつぶして投げつけた

ので、建御名方は、敵わじと逃げ出した。

建御雷は建御名方を追いかけて、科野国(信濃の国)の州羽の海(諏訪湖)まで追い詰

めた。

建御名方は、もう逃げ切れないと思い、「この地から出ないようにするし、大国主や事

代主が言った通りにする。葦原の国は神子に奉るから殺さないでくれ」と言って諏訪の湖

に鎮んだ。

出雲と信濃、いずれがどう違うかは知れぬが、太古の神に近い場所であったであろうこ

とは想像に難くない。海からか山からか、ということである。

 数馬は、意識を開放し一点に思念を凝らすと、導かれるままに一つなる世界に入り込んだ

。空間を曲げると、二点間は隣同士というより同一点となる。もともと一つであった世界

であるから、すぐに思念は目的地である山荘らしき所に着いた。松田の仲間たちのバイク

に送られて、突然目の前に現れた数馬に、柄の悪い男達が喚いた。

「何だてめえは!どこから来たんだ」

「大島山の滝からね。お母さんを帰していただこうと思いまして」

「なんだと!何でここがわかった?折角来たが無駄だったな。帰れ帰れ。警察に言って

もいいが、これは夫婦の問題だ。相手にされ
ないぞ。法は家庭に入らずってヤツだ」無法

に慣れた物言いである。

「親分に聞かなくってもいいんですか?電話してみたら?勝手なことをすると後が怖いで

しょ?」

先がどう動くのか判っているように落ち着き払った数馬に、男達は不安を覚えた。

男達の兄貴分らしき者の携帯電話が鳴った。「ハイ親分、私です」

「一体何処に居る。すぐ帰って来い」

「いえ、ヤツの女房(バシタ)を押さえたのですが」

「お前は馬鹿か。そんな程度の智恵しか廻らぬ無能なら、お前は使い物にならない。そん

なのは放っておいてすぐ来い」

男達は母親を解放すると、あっという間に立ち去った。

 この親分というのが、この後の展開に関係してくることになるが、姿がまだ見えない。

  力というものは、圧倒的な暴力の差であったり財力による横暴であったり、衆を恃んだ

数によるものであるときは危うい。

何が悪で何が正義なのか、本当のところはなかなか見えてこないのであるけれど、人が口

にするときの根拠というのは、一面に過ぎぬことが多い。

一見平和に見える風景の裏側には、倦怠感や閉塞感や苛立ちが埋没している。気づかず

に過ごしているように見えても、我が身に及ぶキッカケがあれば、鬱積したものが一気に

吐きだされる。それが、個々ではなく集まった暴走のエネルギーということになれば、し

かもそれが数の力で正義だとリードされるとなれば、簡単に見境いなく破壊の衝動となっ

て膨れ上がり、付和雷同しての行為は責任の所在が何処にあるのかもわからなくなるから

、危険この上ない。

自分で判断できる能力を養っていなければ、誰が陥っても不思議ではない、という人間に

潜在している闇を誰もが抱えているからである。

 

   展 開

麻績神社の境内は、神社に神主が居ないこともあって、普段人影はない。鬱蒼とした常

緑樹の下に佇む社殿は、古さを際立たせ神錆びた雰囲気を漂わせている。

その高床式の社殿の下を覗き込んで、何かを探しているかの様子を見せる男がいた。人

並みはずれた記憶力を有し、およそ自分が触れた史料は残さず保存していることで夙に知

られる塩崎建国であった。膨大な知識をその頭脳に蓄えてなお、自らを蛙井と名乗りつつ

も、「されど天(そら)の深さを知ると言うこともある」というのが口癖である。彼によ

れば、外に知識を求めても自らの内を掘り進めれば得られる無尽蔵なる世界の方が大きい

のだという。

彼方なる記憶が、昔集った者たちの記録がこの場所に閉ざされてあるのだとしきりに告

げていることに導かれて、一人訪ねてきたのであった。であれば八人ということになる。

八というのは恐ろしい。

風雲急を告げていると急かされていた。かび臭い縁の下の土の中から見つけ出した木箱の

中からは、油紙に包まれた和綴じの文書が現れた。表紙には、「一(いつ)なる物」と書

かれてあった。その昔、棚田真吾が納めたものであった。

書き起こし部分に、「異界の穴を塞ぎ得たのは物質ではなく、母を思い妻を思い友を思

い無辜の民を慮ることから発する光の糸であった」との記述があった。

人は、目に見えるもののみ信じる傾向があるが、現に存在しているものであっても見え

ない、或いは見ないでいる物が多すぎはしないだろうか。見えないから無いとはいえぬ。

知識は物質に関わるものが多く、畢竟それは損得に結びつき易い。心といえるものに繋

がる物は、不急のものとされがちであるが、それでいいとは言えまい。

物質と物質を結びつけるのは、そんな思念に関わるものであろうし、物質の綻びから漏

れ出てくる魔ともいえる現象が増えてきているように塩崎には思えてならなかった。

もし鎌鼬なるものがそれであるとしたら、それは走りであって、後に如何なる重大事が続

くか測りようもない。

塩崎はまだ知らぬが、琴音の母親を置き去りにして去っていった男達のいずれもが、帰路

の途中で手足から血を噴いていたのである。

噂というものは早い。どこでどう嗅ぎ付けたのか、琴音の母親が浚われたのを知った記

者らしき者たちが寄って集って幼い琴音を取り囲み、無遠慮な質問を浴びせかけるのを背

に庇って、真央は「いい加減にして下さい。いたいけな子供に事情なんかわかる筈ないで

しょう」と窘めたが、正義と報道の自由を主
しての臆面のなさは、母親が帰って来たと

きの有様がおもいやられた。ひっそりと暮らしている母子のことを、興味本位に洗い浚い

にされることは、母子が求める幸せに結びつくには、前途多難であろうことが思われ、悲

しかった。

宇宙には四つの力が働いているというが、このうち重力だけが他と比べとても弱いのだ

という。重力のエネルギーが異次元に漏れ出しているのかも知れない。エネルギー保存(

不滅)の法則から言えば、それはどこかに戻って来る筈のものといえる。

思念は実体化するのだとするなれば、悪想念は暗黒の世界から戻ってくるのかもしれな

いし、その行き着く先は波動が合致するところともいえ、荒い波動や心の隙間に悪意ある

ものが憑依という形をとるのかも知れぬのである。

この世の生物は、他の命を食らわなければ生きられないのであるから、創造主は人間の

理性に何を求めてのことなのであろうか。人類の意識体のエネルギー進化が創造主の願い

であり、もって神の創らんとするものの現出に手助けを求めているのかも知れないが、謎

が多すぎる。気づきと感謝ともいうべきものが、その入り口となるようにも思えてならな

い。

琴音が数馬に、大島山の滝の巨大な一枚岩の一隅を指差して「お兄ちゃん、あそこから

何か黒いものが這い出そうとしているよ」と言った。

つるつるの岩肌のどこにも、穴はおろか裂け目もないのである。しかし言われた数馬にも

それが確かに見えるのであった。

意識のエネルギーを光にして飛ばし、穴を塞ぐことが安全に思えた。一瞬で、それは元

通りの岩肌に戻り、そこから常のごとく滝の飛沫は跳ね返るようになった。

人は誰しも、時に自分の内なる神性を垣間見たり、それに触れたりすることがあるが、

かすかな気づきであるそれを大きく育てあげるということをすることは滅多になくて、損

得や自我の方を優先させてしまうのが殆どである。

そもそも備わっている筈の力に気づくことを疎かにしてしまう仕組みが、また併せてあ

るのかもしれない。精妙なものは、育てるのが難しいが、できないことでは無いはずなの

に・・・

 琴音の母、綾音は、数馬と一緒に戻って来るなり飛びついてきた琴音を、黙ってぎゅっと

抱きしめた。良い子というのは、如何に可愛がられたかにより育つ。物質的に恵まれるか

どうかとか、或いは親が愛と思い違いする自己満足の行いの結果で与えられるものではな

いことは確かである。

子が次代を繋ぎ、完成された世界を宇宙に示すことが目的かも知れないが、何故にそん

なに時間が必要とされるのか、定かにそれとはわからない。

もうひとつ解らないことがある。子は、親を選んで生まれてくるらしいのである。いつ

の頃からか、子が親に対して「産んでくれと頼んだ覚えはない!」などと平気で言うよう

になり、親もそれに対する言葉を失って久しいが、とんでもないことと、心ある親子は現

に共々に知ることが出てきているようなのである。

 諏訪の湖(うみ)に、武田菱の紋所を打った石棺が沈んでいるという。その中には、武田

の碁石金や竹流し金を大量に軍資金として隠した場所が印された暗号が封印されていると

伝わる。

金峰山と諏訪湖と赤石山脈のどこかで作る大三角形。昔から山に入る者たちが秘かにい

う。

登山を趣味としていた琴音の父、真造がその石棺の沈んでいる場所を知っているのでは

ないかとの噂が流れたことがあり、以来真造の行方が不明となった。

金は、自ら現れるのを待たず探そうとするのは禍事とされる。所在を知るかどうか噂に過

ぎなくとも、何者か見えぬ影に追われる身となった。これはこれで、別の話とする。

 親が子を、子が親を思う気持ちは尊い。教えられてできるというのではなく、自然に発生

する。人は、喜びを共にすることはできても、他人の悲しみを悲しむことはできない。思

いやることができるにとどまる。言葉にならない想いには、無言の想いで応えることで解

りあえる。

帰る場所の灯とはそういうものであって、それがあれば人は巣立てる。

どこにあっても、空間を越えて通じ合えるエネルギーを強固にするのは、思いやる心。

そうした気持ちが、物質にとって替わられようとしているところに、禍はおこりやすい。

数馬たちの働きの糸口が奈辺にあるのか、なかなかに覚束ない。起こってくる現象に一

つ一つ対応してゆくよりないから、人の目覚めは遥か彼方のことになる。

自分さえよければという目先の損得で、力にまかせて物事を押し通すようになると、想

いというもので満たされなくなった体の中の隙間に、憑き物の波動が同調しやすくなり、

魔物に憑依されやすくなる。それはそれで邪悪とはいえ強力なエネルギーをもっているか

ら、弱い人間ならばたちどころに障りがでるし、肉体的に強ければ新たな力が加わってよ

り邪悪になる。その力を得た者は、それらをまわりに撒き散らすから、始末に負えない。

いずれ身を滅ぼすことに突き進んでいるという自覚はないから、歯止めが効かないし被害

を受ける人が出る。

放置すれば、それらが集まって、世界の滅びにつながることになることは想像に難くな

いが、気づいて何とかしなくてはと行動する人は少ないし、気づいていても見ぬふりをし

て見過ごす人の方が圧倒的に多い。我が身に及んだときには大騒ぎして、全部他人のせい

にするのが常であり、因果に思いがいたることはない。

太古の昔から、長い年月をかけて少しずつ育んできた智恵は、人との関わりを、それも

縦のつながりを避ける時代を重ねるにつれ、影が薄くなった。

お天道様が見ているなどという言葉は死語になり、なすべき義務は何処かに消えた。

パワーかフォースかということになる。

心から出るものでなければ、幸せとは言えまい。

 

赤石山は巍巍(ぎぎ=高いの意味)としてと、この地の高校の校歌に歌われる山脈に、

血をなせりとも歌われる天竜川を挟んだ対岸に位置する権現山が、赤く染まって揺れてい

る。権現とは、本地垂迹による通り仮の姿。権力も、仮の力ということであるから、権利

というのも仮の利益。本来の力というのに気づくには、意識を高めねばならない。あるべ

き姿に意識をむけなければ、そこには至らない。

六合とは、東西南北に天地を加えたもの。天地正大の気が無限の空間に溢れている。大

宇宙に遍満するエネルギー体の正体とは何なのであろうか。人は、その器官である五感に

頼り、証明できないものは「無いものだ」と言い勝ちだが、逆なのではなかろうか。即ち

無いと証明されない限り、それは有るのだと考える。

人類の長い歴史の中には人心が荒廃し乱れに乱れた時代も多々あったが、そこに正気が

燦然と光を放ち、あるべき姿に立ち戻る智恵を顕してきたのである。

道遠しと言えども、一旦端緒を得て流行を起こせば、雪崩をうった如く全て改まる。そ

の端緒となるパワーが求められている。有ると判れば、信じるのもまた人なのである。

粋然として、神州に集まるパワーが芽を出そうとしていた。

 夕暮れが過ぎて、街中には赤い灯青い灯が目立つようになった。日が落ちてまだ間もない

というのに、はや酔客が肩を組んで道をふさぎ、路地をよろめき歩いていた。

仕事帰りの綾音が、それを避けて側を通り抜けようとしたとき、その先で道端に足を投

げ出して屯していた派手な身形をしている男に肩が触れ、それも避けようとして倒れた。

倒れた拍子についた手に滲む血を拭きもあえず、「すいません」と誤る綾音に、その男は

自分のせいであるにもかかわらず大仰に肩を押さえて痛がってみせた。

「いたたたた・・・」

傍らのツレが、「おお、こりゃ大変だ。骨折したかも知れないぞ」と、そんなわけが少

しもないのに騒ぎたて「おい、おばさん。治療費を置いて行きな」と凄んだ。

そばに居たかなりの数の通行人は、ちょっと触れた位で、どちらかといえば女性の方が怪

我をしているのにと思いつつも、誰も間に立とうとはしなかった。

「そんな、ちょっと肩がさわったくらいで骨折なんて・・・」と立ちすくむ綾音に、頑丈

な体躯のその男は「ぼく、体が弱いの。働けないから生活保護を貰っているの。骨も弱い

の」と言ってのけた。

「生活保護は、断るんだね。それでよくブランドもので飾り立てて、宵の口から飲み屋

街に出入りできるもんだ。さっきから見てたけど、あなたの方が悪いんじゃないの?」

松田芳樹を訪ねて思わぬ時を過ごし帰宅途中の塩崎建国が声をあげた。

「なに、セイガク、横から口を差し挟むんじゃねえぞ。俺を誰だと思ってるんだ」と大声

をあげて凄んだ。

「知りませんねえ。どちらのどなたさんなんですか?」

「舐めた口ききやがって、「俺は」といいかけるのをツレが必死で止めた。

「馬鹿、組の名前なんか出すんじゃねえ」

引っ込みのつかなくなった男が、今まさに塩崎に殴りかかろうとしたとき、「どうした。

何事なんだシオ」と、松田がその中間にたちふさがった。渡し忘れたものがあって塩崎の

後を追いかけてきたのである。

松田を見ると、殴りかかろうとしていた男は急に卑屈になり、「松田さん、こちら様はご

友人なんで?」はるか年下に対するとは思えないほど、小腰を屈めて丁寧に尋ねた。

「ああ、やめとけやめとけ。コイツは強いぞ。」「そんなにお強いんで」「ああ、人間業

じゃないくらいね。触る前に一瞬で吹っ飛ばされるさ。やってみるか?」「いえいえ結構

で」

そそくさと立ち去る男達の背後から声が飛んだ。「骨折は、どうした!」立ち去らずに

経緯を見守っていた通行人からのものであった。

「いやあ、痛みも治まって大丈夫そうです」振り返って男が、バツの悪そうな表情で答え

た。今までであれば、触らぬ神に祟りなしとばかりに素知らぬ顔で通り過ぎていた人たち

の中に踏みとどまり、声まであげる人が出てきたということであった。

しかしながら、このように直接的行動で表にあらわれるものを匡して行く事の他に、一

見紳士風でいて力に頼って弱者をくいものにする巨悪が潜んでいるのを如何にするか。

押しなべて人たるの品性に立ち戻らせるのには、根本のところが問われてもいるのであっ

た。

地獄界というのは確かにある。八大地獄と八寒地獄、更に二百有余に分かれる。自らの

内心が知る細かな悪の積み重ねを自らが気づき正さねば、いずれ確実にそこに行き着く。

数馬は、天罰というに等しい形で物質を破壊することも、意識体で三界を地蔵のように

渡ることができることも何時のころからか知ったが、その力を振るったことはない。

破るるは新たなりと、意識や目覚めを与えることができねば、それはまだ権の力である

との自覚があるからである。

虐げられた人たちの鬱屈したエネルギーが凝り固まり、集まって放出されるような事態

に立ち到れば、それは阿鼻叫喚の世界になるだろうし、それ以前に大いなる力からの浄化

が始まれば、よんどころないことにもなりかねないことを危惧していた。

 人の、気づきと自覚が急務であった。

 

第二部 完

(第三部に続く)





 第三部

              序 章

宇宙は、何によって成り立っているのであろう。物質とエネルギーであると言い切って

いいのであろうか。

目に見える物質としての3割と、正体があきらかでない7割のエネルギーが等価であると

して、その双方が行き来するのだとしたら、そこに働く意思のようなものがあるのだろう

か。物質とエネルギーを織り成すのは、いかなる力なのであろうか。

何物をも通り抜けてしまうものがある。それが篩にかけられたように形となって止まる

のか、或いは何らかの焦点があってそこに物が形成されるのかわからないが、そこに物質

やエネルギーとして顕現させる何か大いなるものの意思があるように思えてならない。

それがあるのだとしたら、全てを消滅させる意思が働くことがあるかもしれない可能性

だって否定できないことになる。

ましてやそこに命の糸が絡むとしたら、ことは重大である。

生命が誕生して40億年、人類はまだそこに意識が向いてはいないようなのである。

見えないから無い、証明できないからそれも無視するということはできまい。大抵のも

のは有るとした方があたっている。

世の中に起こることの殆どは、それが何故なのか説明できないが、それが有るというこ

とは感じ取れるし、なんらかの意味を持っているのであろうということもわかる。

現実の世界と想像の世界の境目というのはどこなのだろうか。思考は現実化するとした

ら、心のありようというのは重大な意味を持つ。人の想念の総意のエネルギーが、現実の

物質世界を形づくる可能性は高い。

隼人たちが背負ったのは、実はその部分であったのかも知れない。

人は魂の磨きをするのに、肉体という衣が必要らしいのである。だから、生まれ代わり

死に代わって、その生あるうちを努めることになるのだろうけれど、誘惑に負けやすいと

いうこともあって、なかなか修養は難しい。

上に在りて驕らざれば、高くして危からず。節を制し度を謹めば、満ちて溢れず。高くし

て 危からざるは、長く貴を守る所以なり、満ちて溢れざるは長く富を守る所以なり。富貴

、其身を離れず、然して後能く其社稷(しゃしょく)を保ち、而して其民人を和す。

魂の器は、その志が高ければ、いかようにも大きくなるものなのに・・・

 秩序が定まらない混沌とした時代においては、圧倒的暴力が他を統べる。暴力と暴力の鬩

ぎ合いの中で、他にも言い分があるのだと知れてくるにつれ、他が納得して従う理屈とい

うものが醸成され、やがてそれは基準として守るべき法としてできあがっていく。

しかしながら、権力を得た者は、法を超えた力を振るいがちなのも、厳然とした事実で

ある。一なるものが別れてその持ち分を負担しあうのだとしたら、その個々が受け持つ役

割の公平さを、いかにして保つのか。

努力した者が報われるというのであれば解らなくもないが、この世的には必ずしもそうと

はいえぬ。さしたる努力をすることなく、人を出し抜くことで利を得る者が居ないという

ことではないからである。

自己実現を図るに、自分以外を手段であるとして憚らない考えを持つ者が富を得て、栄華

を極めるのを目にして、そういうやりかたに倣う者が溢れる可能性だってあり得る。

しかしながら、そうしたいわゆる上手いことをやったに見える結果を得たとしても、自分

が他から何も影響を受けていないとは思えないであろうから、持ちえた幸せに平安でいら

れるとは思えない。

「お互い様」「お陰様」ということで、生まれ変わり死に代わって調和のとれた世を現出

するため、この世的に徳を積むのが現世での修行かも知れぬ。代を繋いで貯金のように貯

めこまれた現世の修行の結果が記憶の底に残って、気づけば、引き出せる力が身奥に備わ

ってあると解っている人もでてきている。

 お陰様でという言葉は、時に触れよく使われる。自分以外の何かの力の助けがあってこと

が為せたと感じたとき、外に向かって自然に口に出る。神様だって、人から感謝されたら

きっと嬉しいに違いない。

次から次へと、「ああしてくれこうしてくれ、あれが欲しいこれが欲しい」と言われ続

けていたら、いいかげんうんざりする。

「大概にしなさい!この世的に自分ができることを、先ずやって見せなさい」というこ

とになる。要求の多い人に限って、自らの行いの前に、それを他に求める。

それにひきかえ、僅かばかり聞き届けられた「ご利益」に、「お陰様で」と感謝の言葉を

申し上げたら、神様は「なんだ、こんな位のことでそんなに喜ぶのか。ならばもっとよく

してやればもっと喜ぶに違いない」こう思うのが人の心と同じように、神心というもので

ある。

人間世界においてでも、感謝の気持ちを表すことで人心は動かされ、物事はうまく進展

する。文句ばかり言っている人が嫌われるのは、周りにいくらでもいるから、それは解り

やすいことでもある。

好かれなければ、何事もうまくいかないのであるから、「好かれるにはどうするか」と

いうこと。自分に何か叶えたい望みがあるなら、少なくとも他から嫌われてはならないの

である。

日本では、太古の昔から万物に霊性を感じ取り、それを神様がいるのだとして、それら

を八百万(やおよろず)の神と敬ってきた。周りのすべてに感謝できた、ということにな

る。

神様が一神だけであるとすれば、それ以外の神様を信じることは許されないし、突き詰

めれば他を認めることもできないということになるから、沢山の神様がいるとしていると

いう日本の考え方はひろびろしている。

全てを総べるのは、一つなる力かも知れぬが、自分より優れたものからの助けがあった

と感じたとき、生あるものであれ超常のものであれ、その全てを神と敬ってきたというこ

とである。

森羅万象全てを神として、祈りとともに生をつないできたこれらの行きつく先は、和。

和をもって尊しとしてきたのだと、思い当たることが多い。だから、日頃、ことあるごと

に「お陰様で」と、誰もが心から口にできていたのだと思う。

「おかげさま」は、自分以外から望外に日々受ける利益や恩恵を意味する「お陰」に更に

「様」をつけて、なお丁寧に感謝の心を表した言葉である。

「陰」は神仏などの超常的に偉大な物の陰。陰は即ち光のことであって、影とは違う。

偉大なるものの光があたったことが庇護を 得たことと受けとめ、「お蔭」と言ったのだ

と思う。

お陰様という存在は、見えないけれどもきっとあって、時々誰のところにも訪問して来

てくれているのだけれど、それに気づいて「お陰様」と言えるかどうかが、幸せへの入口

に立てるかどうかを分けているに違いないのである。

 数馬には、使おうとすればそうできる力が身奥にあると気づいてから久しいが、恣にして

良い力としてはならないとの自戒がある。

何は許されて、何はそうすべきなのかの判断は、数馬にはまだついていない。いずれ自

然に解ってくるとの思いがある。

例えば、手術して取り除かなければ命に関わる患部があったとする。しかし手術すれば

患者は痛がるし正常であった部分には傷跡が残る。可哀そうだから手術は止めた方が良い

か?

船が転覆する事故があったとする。救助艇は投げ出された全員を収容するキャパシティ

ーはない。取り敢えず収容できる範囲の人だけ救助してその場を離脱し、少人数だけでも

助けるか、それともそれは不公平として全員艇に乗せ、重みに耐えきれず諸共に沈むか?

V2号ロケットが首都を攻撃することが分かっていたが、市民を非難させると暗号が解読

できていることが漏れてしまうとして、多数の命を見殺しにしたのは許容されるか?

極端な例だが、極限の状態に於いてする判断というものを如何に考えるか。

人類の誰に対してもも良いというものは、今のところどこにもないし、どこをどのよう

にすれば神の意思に添えるのか?話し合いでそれは解決するのか?人道とは一体なんなの

か?解らぬ。しかしながら、身近な共同体がよいとして守ろうとしているものは取り敢え

ずある。

まずは身近の些細なことから始めれば、いずれ大きな方向性は定まっていく。「お天道

様は見ている」位の自制がきくようには、人なるが故、誰もがならねばならぬ。

その自覚はあっても、誰かから注意されるまでは改めずに過ごし、周りの反応をみている

という小狡い輩は、匡されればすぐに正気に戻れる。まだ確信的悪というわけではないが

、放置すれば取り返しがつかぬほど、それに染まるのが常なのだから、芽は早い目に摘む

に越したことはない。力の伴わない正義というのは、現段階では難しいから、そこに持て

る力は使えるか?

いずれにしても、残された時間は少なそうなのである。

 

「あ~、お兄ちゃんたち、道にゴミを捨てちゃいけないんだよ」通りかかった幼稚園児た

ちに窘められた数人の高校生がいた。

「ああ、ご免ご免。いけないことだよね。次からしないように気をつけるね」素直に認め

たのもいたが、「道路を清掃する人が片付けるからいいんだよ」と、変な小理屈をつけた

り、「生意気なチビたちだな。文句いうのは10年早いんだ」と居直るのもいた。

たまたま通りかかった真央が「君たち、その校章を付けているところを見ると、うちの高

校よね。恥ずかしいでしょ」と声をかけた。

真央だとわかると、突然態度が変わった。しかも真央の傍らに松田がいることに気づくと

卑屈なくらい身を縮めた。

憧れの人や怖い存在の者には逆らわない。過ちを改むるに憚ることなかれ、ということに

素直であることは難しい。しかし、幼い子供たちの意識が上がってきているのに気付いた

真央は嬉しかった。些細なことから始まり、それが集まって大きな調和を生むに違いない

と思えた。

他者は手段ではない。自分の都合で利用するというのは、国の成り立ち以来馴染まない考

え方の筈だった。

大いなる意思とは一体なんなのであろうか。

 神と崇められるのは、日本やギリシャのように、いわゆる八百万の神々というように多神

もあれば、キリスト教やイ
ラム教のように一神教というのもあるから、一概には比べら

れないが、一神教の神は、絶対
であり、創造という面が強調される。

この世の全ては、神が作ったものであり、人間に自由意志などはなくて、神の言う事には

逆らえないということになる。

もっとも、誰が口にしたかということには疑義が生じる。天動説の時代に地球が回ってい

ると唱えるなどは命がけであった。


八百万の神々などには、この世の創造者という面も一部あるが、どちらかと言えば人知を

超えた力を持っっていることの方が強調される。

人を寄せ付けない険しい山や、何百年も生きた古木がご神木とされるのも、共通認識とし

て極めて自然に受け入れられる。

このような神々は、敬い感謝することで持てる力を貸し与え、人間を幸福にすると信じら

れてきた。


一方、仏は、この世には気づけないでいるが確たる法則があり、それを自覚できた(いわ

ゆる悟りを得た)人が
この世の四苦八苦はその法則から生じるのだから、それを実感で

きればそれらを超越し成仏できる
とする。死ねば仏というわけではない。

全宇宙は、自らの内にすべてあるのだと、思索と修行の中で悟るということである。

一つのものが別れて、それぞれがその持ち分としての役割を果たすということであるなら

万物は等しく救済されねばならない。

法則に外れれば、それは破壊に向かわざるを得ないということでもある。

人間は、一般的に脳の3~5パーセントしか使っていなくて、残りの95~97パーセン

トは潜在能力として眠っているといわれる。その潜在的能力は、使うことができれば、全

て成功や幸せの為のものなのであると(誰もまだそんなことは言いませんが)思われる。

即ち、眠っている能力を引き出すことができれば、「全ての人は、この世に幸せになるた

めに生まれてくるのだ」という大命題を果たすことができるのだとすることを説く。

では、どうすればよいのか?先ず、感謝でも喜びでもいいから、日々現れる身の回りのそ

れらに満たされることが良いのだと思う。

大宇宙は150億光年の広がりの中に遍満するといわれるが、奇しくも、ある程度解明で

きているのは、その4パーセント程。残りはダークマターとダークエネルギーと呼ばれる

ものであって、未だ解明できてはいない。

石火光中にこの身を置いていることを省みもせず、蝸牛角上に争うことは、余りに卑小で

あり、生命体を持って生まれた意味がどこにあるのか、ときには意識せずばなるまい。

地上に生命体といわれるものが出現したのが38億年前だといい、人類が生まれて15万

年。

命を紡ぎ、人類が進化を目指したであろうその基になる染色体の組み合わせは、180万

通りにも及ぶといわれるが、もとを辿ればたった一人の母親に
行きつくのだという。

ここにも、一つから始まったという歴史がある。染色体の働きもまた5パーセントしか活

動していないといわれながら、一つの細胞が60兆個にも分裂して人体を構成し、おのお

のがその役割を果たすというのは、一体何を目指してのことなのだろう。

人類が58億人として、その中で袖触れ合う縁を結ぶ確率、時と環境を同一にして男女が

互いを好もしく思い、次代に子孫を残していくというのも、不思議といえば不思議なので

ある。

 人通りの中、 幼女を連れていながら、歩き携帯に夢中で、一所懸命話しかける我が子に

返事はおろか目をやることもしない母親がいた。

小石にでも躓いたのか、歩道から車の往来が激しい車道に転げ落ちそうになったその子

を、咄嗟に庇おうとした真央を、更に庇おうとして、「馬鹿野郎」の罵声を浴びせながら

、停車して安否を確認することもなく猛スピードで走り去った車のミラーで、数馬は強か

に脇腹を打ったのであった。

脇腹を押さえる数馬に「ごめんなさい、私がちゃんとできなかったから」と真央が言い

かけるのに「いや、僕の方こそ武道不覚悟で面目ない」と応えながらも、数馬は眉を顰め

た。

傷を確かめようと、心配いらないという数馬を説き伏せて、物陰でシャツを捲らせてみ

ると、血が滴っていた。それを見て何故か、真央は頬を赤らめた。幼い頃は、一緒に遊ん

でいて小さな傷を負うと、互いにそれを舐めあうのが常であった。それはもうできないと

思いながら、どきどきしたのである。今までにない感情のときめきであった。

数馬を説き伏せて、物陰でシャツを捲らせてみると、血が滴っていた。それを見て何故か

真央は頬を赤らめた。幼い頃は、一緒に遊んでいて小さな傷を負うと、互いにそれを舐め

あうのが常であった。それはもうできないと思いながら、どきどきしたのである。今まで

にない感情のときめきであった。

少し冗談めかして、「唾をつけてあげるね」と言うのが精いっぱいであった。

「かすり傷だから大丈夫だよ。真央ネーは怪我しなかった?それにしても真央ネーは、相

変わらず可愛いね」「も~う、こんなときに冗談言って。歩いて帰れそう?肩貸してあげ

ようか?」と手を引っ張った。

先ほどの幼女がつぶらな瞳で待っていて、「お姉ちゃんお兄ちゃん有難う」と言ってお辞

儀した。

「痛いとこない?気を付けて帰るのよ」と真央が答えているのに、母親は素知らぬ顔であ

った。

 

ほんとに久しぶりに、二人は手をつないで帰り道を歩いた。幼き春の日の野辺で、二人し

て遊んだ懐かしき日々を思い起こさせた。真央は温かい数馬の手をぎゅっと握り「ねえ数

くん。さっき気づいたんだけど、数くんのこと好きみたい」「なあんだ、そんなこと?僕

だって真央ねえのこと大好きだよ」

「そういう意味じゃなくって・・・」

「だから、そういう意味でさ」

真央はとても嬉しく、とても幸せであった。

麦の秋。二人して歩く道の両脇は、夕陽を斜めに浴びて、黄金色に色づいた穂が、風に揺

れて煌めいている。風の通り道は、何かが渡っているように見える。

麦の獲りいれが済めばすぐに、稲が植えられる。麦も米も科本科の植物。禾(のぎ)のあ

る植物の実を口にするから和という字はできた。同じ釜の飯を食うとよく言うが、同じも

のを食べれば同じ血ができる。同じ血が流れていれば、仲良くできる。人と仲良くしよう

と思ったら、一緒に食事をするのがよい。域内の和は、共にするものが多いから育ってい

るのかも知れない。

 「それにしてもどうして乱暴な人たちが後を絶たないのかしら?世の中が乱れているから

じゃないよね?他人の所為にすることじゃないもの」

「うん。他人の所為にしている人たちは、自分が悪いと知っているから、まだ救いようは

あるんだろうけどね」

精神病質サイコパシー)は、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に

異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス

と呼ぶ。

良心が異常に欠如している。他者に冷淡で共感しない。慢性的に平然と嘘をつく。行動に

対する責任が全く取れない。罪悪感が皆無。自尊心が過大で自己中心的。口が達者で表面

は魅力的。などが主な特徴とされる。

他人に対する思いやりに全く欠け、罪悪感も後悔の念もなく、社会の規範を犯し、人の期

待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振る舞う。

その大部分は、身近にひそむ異常人格者である。先天的な原因があるとされ、殆どが男性

である。脳の共感性を司る部分の働きが弱い場合が多いという。

サイコパスは、異常ではあるが病気(精神病)ではなく、ほとんどの人々が通常の社会生

活を営んでいる。本人も含め、まわりからも見分けはつきにくいが、かなりの人数がいる

という。

何か大きな犯罪などに関わると、それと知れるにとどまる。

 

家への分かれ道を入り近くまでくると、空き地に、どこか見覚えのある車が止められて

いた。先ほど数馬たちに接触したが停車することなく走り去った車であった。

路地から琴音が走り寄ってきて、真央の胸に飛びついた。思い余ったような真剣な表情で

ある。

「どうしたの?」「お母さんが、真央ねえちゃんのところに行ってなさいって言うの。こ

の前の怖い小父さんがまた来たの」

琴音を真央に頼み、数馬は急いで綾音の家に向かった。

「奥さんよお、旦那から預かっているものがあるだろう?」

「そんなものはありません」

「そんなはずはねえだろう。だったら何か聞いてることがあるだろう?」

「突然居なくなったんです。何を聞く暇もなかったんです」

「大人しく聞いているうちに喋りなよ。手荒なことはしたくないんだ」

押し問答の最中に、数馬が玄関を開けた。

「どうやら一人で来ているらしいから、今回も親分には内緒ってことですか。何をそんな

に聞きたいんですか?」

「またお前か。邪魔するんじゃねえ」言いも終えずいきなり殴りかかった男は、部屋から

開けたままであった玄関を越え、外に抛りだされていた。一瞬のことであり、男は何が起

こったのか解らず呆然としていた。気勢は完全に削がれていた。

機転を効かした真央が通報したのか、パトカーのサイレンが聞こえてくるのに慌てて、停

めてあった車に駆け戻り、急発進して立ち去った。

翌日、数馬の携帯電話が鳴った。

「権藤と申します。薄田数馬さんでいらっしゃいますね。昨日は私が目を離したすきに

、うちの若いものがご迷惑をおかけしました。卒爾ながらお目にかかりたいので、一人で

っています、今宮神社の境内までご足労頂きたい」大仰な言い回しながら、その申し出

が断られないという響きを含んでいた。

誰にも言わず、数馬は今宮神社に向かった。神社には、紋付羽織姿の60年配の男が、長

いものを包んだ風呂敷包みを携え、佇んでいた。

「今宮神社の境内までご足労頂くご面倒をおかけして恐縮です。権藤です。理不尽は委細

承知。腕前のほど見せて頂こう」多くを語らず風呂敷包みを解くと、二振りの日本刀を取

り出し、一振りを数馬に手渡すと、もう一振りの方を自らの腰に手挟んだ。

数馬も一言も発することなく、腰のバンドに鞘の中間ほどの位置で刀を差し込んだ。柄

頭は高い。刀は抜くともいうが、鞘走らせるともいう。抜く手も見せず抜くというのは、

鞘を後ろに引き抜くことでもある。

権藤は、すらりと刀を抜き放つと、静かに下段につけ、するすると間合いを詰めた。数

馬は柄に手をやってはいるが、抜いてはいな
い。少し目を細めて、見るともなくみている

だけであった。

そのまま双方動かずにいたが、やがて権藤は刀を引き「いや、恐れ入った。技前といい胆

力といい、とても敵うものではござらん。私もこの近在の出身だから、薄田さんのお噂は

かねがね承っていたが、お若いのにこれほどまでとは。ご無礼致しました。失礼ながら、

心底のほど私流に試させて頂いた。昨日ご迷惑をおかけしたうちの若い者、荒木ほか何人

かを束ね、世間様から後ろ指を指される親分と呼ばれて一家を構えております。若い時に

思うところがあって、半端ものは野放しにしておかず、目の届くところでまとめて抑えて

おかねばならぬというのが役目と思っています。そういう者たちは、残念ながら少なから

ず居るのです。広い空を竹の穴を通して見るように狭くしか物を見られない者や、狭い囲

いの中で一切れの肉を争うようなことをやっている者たちはまだまし、何とかできると感

じています。薄田さんには、私とは違った役目があるのだと伝わってきました。ご存知あ

るまいと思いますが、今回の浦安さんがらみの問題は、彼が登山中に膨大な量の武田家の

隠し軍用金を発見したのではないかとの噂に端を発してのもの。欲に目が眩んで己を見失

うのは為にならない。隠れているものは、現れるまで待って対処しないと天の掟に背くの

だと私は信ずる者です。当方の存知よりは、お伝えしておいた方がよいと思い、ご無理な

面会の場を勝手ながら持たせて貰いました次第です」

言い終えると、静かに去って行った。

翌朝、数馬が学校に行くために玄関を出ると、荒木が門先にいて、小腰を屈め「おはよう

ございます」と丁寧に挨拶した。

「また懲りずに現れましたか」「いえ、そうではないんです。親分から、皆さんのお手伝

いをすることで修行してこいと言いつかりまして」

「折角ですが、当方にそんな気はないので結構です」

「解っております。こんな格好ですから、目立つようなことは致しません。蔭ながらお手

助けできることを致します」

言葉遣いがすっかり改まっていた。

言葉は大事である。言葉の響きは、現れ出るものに影響を及ぼすエネルギーを持つ。美

しいものは美しい響きから生まれる。

「金塊の方はどうするんです?」

「それはもう言わないで下さい。親分からきつく叱られました。」

荒くれどもが、どうやら心酔している親分のようである。

 不思議な光景が見られるようになった。「こら、セイガク。道にごみを捨てたらいかんじ

ゃないか!」

今までタバコのポイ捨てなど平気でやっていた強面の男に注意されて、学生は道に投げ捨

てたごみを慌てて拾い上げた。逆切れして文句を言ったり居直ったりはできなかった。

学問は、何のためにするのか。知識は、道徳と人倫を兼ね持ってこそ信頼関係が築け、

教養として高められる。同心円上に同心協力関係ができるのが互いの認識となれば、この

世の持ち分としての役割を果たすことに他と比べる必要は生じない。

比べれば差別は生じるし、損得勘定が判断の基準ともなる。多くを持たなければ認められ

ないのであれば、庭にまかれた少しの餌を奪い合う鶏のように限られたものを奪い合う。

奪い合うというのは、足りないものがあるということ。有り余っていれば、それはない

のかも知れない。エネルギーと食糧が無尽蔵であれば、太陽の光や充満する空気に対する

ように、争わず感謝することで生きて行ける
のか?足りないと思っているのは何なのであ

ろう。

人として生まれさせ、宇宙のバランスを担わせようとした大いなる意思は、ひとり神のみ

がなすのではなく、一つから別れたそれぞれ一人一人が神を現出せよ、とのことかも知れ

ないのだとしたら、内なる神性に気づくかどうかという事は重大である。自我を主張し争

っている場合ではない。

四知。誰よりも自分が知っている。自らを律することが人たるの所以。

善をなせば善果が、その逆に悪を為せば悪が凝り固まって、社会は崩壊に進む。善をな

せば誰も穏やかになれるし、棘棘しさは影を潜め澄んでくるものが増える。小さなことか

らであっても、それは思いもかけなかったところから始まってきているように見えた。

このところ、虚空蔵山の地鳴りは静まりつつあった。しかしながら、異常気象は続く。

果たして間に合うか?


暗く不気味な一夜が明け、いつもと変わらぬ朝日の中に、小鳥の囀りが辺りを埋め尽く

していた。

「数くん、一緒に学校に行こう!」門口で真央が声をかけたが返事がない。いつもの気

安さで玄関を入り、さらに声をかけたが返答はなかった。胸騒ぎがして、真央は数馬の部

屋を開けたが、異常な熱気に押し戻されそうになった。

数馬は、布団の上で殆ど呼吸をしていない状態で倒れ伏していた。忘れたころに僅かに

胸が動くことで、生きていることが知れるくらいで、意識は完全に失われていた。

「数くん、どうしたの。しっかりして」と揺り動かそうと触れた真央の掌に、火傷しそ

うな高熱が伝わってきた。

突然、久しく聞いていなかったどこからともない声が、真央の耳奥に響いた。

「生き延びられるかどうか、試にかかっている。役目が果たせるかどうかは、本人が帰っ

て来られるかどうかだ。帰ってこられなければ、死ぬということだ」

躊躇いもなく真央は「代わりに私の命を召して下さい」と叫んでいた。

「それはならぬ。そなたにはそなたの役目があるからだ。命ではなく、そなたの美貌を

差しだせと言ったら、それはできるか?但しその後が辛いことになるかも知れぬぞ」

「数くんが助かるのなら、構いません」

即答であった。途端に真央は、顔が灼けるような熱さに見舞われていた。

数馬の意識は広がり続け、無限に続く宇宙を、星々の煌めく中を抜けて、どこまでもど

こまでも進んでいた。砕け散る星々をいくつも見ながら38億年を駆けて、なお続く彼方

を見やっているうちに、それが外の世界なのか自らの内にあるのか解らなくなった。意識

を内に向けると、急速にその世界は縮まり、我に返っていった。幾日もの昏睡だったのか

僅かの時間だったのか、自分では判らぬが、数日は過ぎているようであった。腹が空いて

いた。

気づくと、布団の傍らにつきっきりで看病してくれていたらしい真央が手鏡を握りしめ

、疲れ果てたのか突っ伏して眠っていた。花のようだった顔貌は変わり果てていたが、そ

れが真央であることに疑いはもたなかった。

数馬は、とても真央が愛おしく思え、優しく抱き起した。

「真央ねえ、見て来たけれど、本当に星は砕け散るよ。どうしてなのかは解らないけれど

ね。精神的に進化しないと滅びに向かうのかも知れない。2次元までのものは、簡単に曲

げ伸ばしできるが、3次元のものをそうしようとしても我々にそれはできないが、多分4

次元の住人なら、そうできるに違いない。彼らの世界では、想像したことが瞬時に物質と

して創造できるとしたら、意識が高まっていなくては危険この上ないから、我々がそこま

で進化できないなら、最初から作り直そうという意思が働いたっておかしくない。精神的

なものが高められなければならないと知らされたように思うんだ」

でも、地上で見た満月の裏側が、宇宙で見た時は真黒であったのを見て感じたように、

一つの物にどうして表裏があるのだろう?同じく、もとが一つであったのにどうして、わ

ざわざそこに正負や美醜や貧富や正邪の差異があるのだろう?合わせて理解できるように

なれということなのか?進化が進み、互いの意識が隠しようもなく相手の知るところとな

れば、別れているようでも一つのものと変わりないことになるというところまで行けとい

うことなのだろうか?

末法の世に救世主として現れるといわれる弥勒(マイトレーヤ)は、釈迦牟尼仏の次に

弥勒(マイトレーヤ)は、釈迦牟尼仏の次に仏陀となることが約束された菩薩(修行者)

であり、釈迦の入滅後567千万年後の未来に現れて、生ある者全てを救済するとされて

いる。出現するまでは、兜率天で修行しているとされる。

兜率天とは、須弥山の超常、12油旬(ユシュンは、長さの単位)の処にある天部で、

七宝の宮殿があり、無量の諸天が住まいしているのだという。弥勒はここに在して修行と

説法をしながら、閻浮提(えんぶだい)に下生成仏する時が至るのを待っている。閻浮提

とか須弥山とかは、仏教の世界観であるが、この壮大な構成を思索だけで創りあげたのだ

ろうか?

救世主の出現は、果たしてあるのだろうか?

それまでこの星は持ち堪えられるのだろうか?

一人現れればそれが為せるのか。それとも多くの者の意識が進んでいて、共に働くとい

うのだろうか?

そんなことを、記憶を呼び覚ましながら、真央に伝える数馬であった。

 琴音は、真央が数馬に優しくされるのを見るのが嬉しい。数馬が倒れ伏してから、真央が

付きりで看病している傍らでずっと見ていた。数馬の具合が悪いのは自分の所為なのだと

思い込み、自分が幼くて何もできないことに小さな胸を痛めていた。

真央が「琴音ちゃん、お兄ちゃんが眠っているのは、琴音ちゃんが思っているのとは全

然違うのよ。だから、今は心配しないでいてね。もう少し大きくなったら、あなたにもお

手伝いしてもらうことがいっぱいできるか
ら、その時にはお願いね」

つぶらな瞳に涙を湛えて見つめている琴音が愛おしかった。母親に対しても周りの誰に対

しても、どうしたら迷惑をかけないですむのかばかりが心にかかる。自分の悲しさを見せ

ないで明るく振る舞うことが皆を和ませるのだと幼心にわかっていた。

真央には琴音をじっと抱き締めてあげることしか今はできなかった。

幼いながら琴音にはよくわかっている。母が寝ている姿を見たことがない。自分を育てる

のに懸命に働いているからだと知っている。だから、早く大きくなりたい。少しでも、周

りの役に立つことができるようになりたい。一晩寝れば、朝になってどれほど大きくなれ

ているのか鏡を見ずにはいられない。鏡を見ることで、それが何なのか判らないけれど、

映っているものがあることを感じていた。

優しいものと怖いものがある。目を逸らさないで見なくてはならないのだと思っていた。

母や、真央や数馬もそうしているに違いないと知らず知らずに悟っていたからでもある。

仮令どうすることができないとしても、自分のことだけ考えればよいのだとは思えないで

いた。

何となく見えているそれらが、いつかは抜け出して、目の前に現れるのだろうか?自分が

周りから優しくされているのと同じようにおかえしができるだろうか?

考えるには、まだ自分の持っている言葉の数がたりなかった。

誰も居ない時、掌に乗るくらいの、背中に羽根がある小さな猫みたいなものが現れて、

じゃれつくようになった。幼い心には寂しくて仕方ないときに、慰めに出てきてくれるよ

うに思えて、それを身近に見ると自然に笑顔になれた。指先で撫でると、その猫みたいな

ものも嬉しそうにする。名前をつけてあげなくてはならないと思う。「ツバサちゃん」と

呼ぶことにした。

猫は部屋にいるとき、突然宙の一点を身じろぎもしないで見つめていることがある。あ

たかもそこに浮遊している霊があり、それが猫には見えているかのように思えて怖いとい

う人がいる。一説には、人間には聞き取れない鼠などが発する音波を聞き取ってのことだ

ともいうが、果たしてそれが何であるのかは判らない。そんなことは他にも五万とある。

見えていても見えなくていても、解らないことの方が多いのである。

優しくすれば、優しい波動が自分に返ってくるのだと思う。にこにこしていられれば、周

りにも笑顔が集まってくるのだとも思う。そうしようと思えばそうなるのだとも思ってい

た。

「琴音ちゃん、いつも一緒にいる手乗りの子猫ちゃんみたいな子って、お饅頭食べるかし

ら?」

「真央ねえちゃんにもツバサちゃんが見えるの?何も食べないけれど、優しく撫でてあげ

ると喜ぶの」

つながりがあることが、琴音を元気づけた。

琴音は、周りの人にとっては良いのか悪いのか判らないが、およそ物を欲しがるというこ

とがない。何かを欲しがったら、それをできない母が、悲しい思いをするのではないかと思

ってのことでもなさそうである。そんなことよりも、気持が伝わりあうことの方が胸を

満たす。


ロシアの童話に『金の魚』というのがあるが、琴音はまだ誰かから聞いたこともなけれ

ば物語を読んだこともない。まだ幼くて、本が読めないからでもある。

昔むかし、あるところに貧しいお爺さんとお婆さんが住んでいました。ある日、漁師で

あるお爺さんが漁に出かけると、網に小さな金の魚がかかっていました。

珍しいので家に持って帰ろうとしたところ、魚は「何でも願いを叶えてやるから逃がして

下さい」と頼んだ。

無欲のお爺さんは、願い事を何一つすることなく、魚の頼みを聞きいれて海にその小さな

金の肴を逃がしてやりました。

家に帰ってそのことをお婆さんに話すと、ただで魚を逃がしたお爺さんのことをひどく怒

り、魚のところに戻ってパンをくれるように願いごとをしてこい、と申しつけました。

お爺さんは仕方なく海に行き、魚にパンを頼んで帰ってきました。すると、なんと家には

本当にパンがあったのです。

味をしめたお婆さんは、次には桶、綺麗な着物、更には新しい御殿と次々に要求を募ら

せ、お爺さんを魚の所に行かせました。

欲深いお婆さんは女王になりたいと言いだし、ついには「神になりたい」とまで言うよ

うになりました。それをお爺さんが頼みに行くと、魚は黙りこくって暗い海の中に消えて

行きました。

お爺さんが家に戻ってみると、御殿は消え失せて元の粗末な家になり、お婆さんは元のボ

ロを着て座っていました。金の魚は二度と網にかかることはなかったのです。

物質も、つまるところは波動である。我欲ではなく望めば、器量にあったものが現実化

し、それが無限に充たされる可能性はある。

しかし、拠るところが違えば害悪をもたらすことはあるから、いずれかの意思が働くの

か、無制限に提供されるということにはならない。

「自分の欲望を際限なく満たしたい」という思いと、それを基にした行動を合わせて「貪

る」と言う。もっと欲しい、もっとしたいなどの「もっと」がいつまでも際限なく続く状

態というのは、どんなに手に入れても満足することがないのだから止まるということを知

らない。

得てして他者との比較になり、少しでも周りの権力者より多くの金や名誉を手にして自分

の力の強大さを誇示しようとするから争いの基にもなる。いついかなる時も心が休まるこ

とはない。

心とは即ち意識のこと。生きていれば「嫌だな」とか「辛いな」などと思うことが少なか

らずある。「苦しみ」の気持ちは、特に「思い通りにならない」時に感じることが多い。

「諦める=明らかに物事を見る」ことが必要になってくるのだが、何を明らかにするのか

が解ってこなければ、苦しみと恨みが残るだけのことに終わる。

原因が「自分の欲」なのであれば、自分自身でどうにかすることができる。人間の「~し

たい」や「~になりたい」などの欲求そのものは、生きる原動力として大切なものであり

得るが、それが必要以上の限りない欲望になれば、常に満足できない状態となる。何をや

ってもよいということにはならない。報いというのは、制御装置なのかも知れない。

全ての人が無限の欲望を持って「むさぼる」ことをしたら、結果的に誰もが穏やかな気持

ちでいられなくなる。「自分だけが大事」という考え方は、逆説的には自分を苦しめるこ

とにもなっている。自分が自分を大事だと思うのことは、周りの全ての人たちも等しくそ

う思っている。こんな単純なことにもなかなか意識が向かないのだから、争いの種は尽き

ないことになる。

どのような力が働けば、誰もがそれらに気づけるのであろうか。

さほど遠くない場所に、一部の人々から健康に良い「気」を発生させるゼロ磁場地域であ

ると言われる分杭峠というのがある。長野県伊那市と下伊那郡大鹿村との境界に位置する

標高1,424mの峠である。

高遠藩が他領との境界に杭を建てて目印としたことに、分杭峠という名が由来するといわ

れ、峠には「従是北高遠領」の石碑がある。

静岡県浜松市の秋葉神社へ向かう街道として古くから利用された秋葉海道の峠の一つであ

る。秋葉街道は西日本の地質を内帯と外帯に二分する中央構造線の断層谷を利用した街道

であり、分杭峠は中央構造線の谷中分水界にあたる。

日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っ

ている、という理由から「エネルギーが凝縮しているゼロ磁場であり、世界でも有数のパ

ワースポットである」とされていて、この構造線の延長線上には、日本の名だたる神社

仏閣が存在する。諏訪大社も、その一つといわれる。

何らかのエネルギーが集まる場所を、古人は感じ取る力を備えていたに違いない。

金峰山と諏訪湖を頂点とする大三角形の一つとして考えると、このあたりに武田氏の埋

蔵金が隠されてあっても不思議ではない。自然に現れるのを待つか、探すかということに

なる。

三州街道の麻績の里に、今はそれが何であるかを定かには知る人がいなくなっているが、

古くから秋葉様と呼びならわされた場所がある。苔むした大きな石碑が何基か残っている

のみである。

およそ人というのは、一体何を守ろうとするであろうか?それは多分自分が心底大事だと

思っているものであるに違いない。親子兄弟家族であったり、地域社会であったり、国で

あったり、富であったり、権力であったりする。

そのいずれもが、自己のみに捉われての行動に出るのでなければ、悪いとは一概に言え

ない。されど、価値観に違いがあれば判断のしようもない。


「琴音ちゃん、今度お休みの時にお母さんに運転を頼んで、お兄ちゃんと一緒に諏訪湖を

見に行こうか?琴音ちゃんのお母さんはお忙しいから、お弁当は私が作るわ。何が好き?

車は、私の父のを借りるから」」

いつも一人でいる琴音を見かけて、真央は優しい声をかけた。

「わあ、嬉しい。一度行ってみたかったの。お母さんにお話ししてもいい?」

弾んだ声が返ってきた。

「勿論いいわよ。私からもお母さんにお許しが頂けるようにお誘いしてみるわ。」

 休日は、朝から快晴であった。お弁当を詰めた大きなバスケットを車に積み込み、真央は

数馬と一緒に琴音の家を訪ねた。

「今日は、琴音ちゃんをお借りしての休日になりますます。宜しくお願いします」

「こちらこそ、お世話になります。私がなかなかできないのに、何から何までお気遣い頂

いて感謝します」

松川インターから高速に乗って、諏訪湖にはすぐ着く。近いからと言って、誰もがいつ

も行く場所というのでもない。

長野県には海がない。だから古い昔の笑い話がある。

初めて諏訪湖を見た弟が「兄ちゃん、海というのはこの5倍位広いのか?」

「馬鹿言え、海っていうのはこの10倍は広いんだ」

奈良にうまいものなしというのに対し、「いや、鹿煎餅というのがあるではないか」と

いう類と同じ冗談である。

「おねえちゃん、諏訪湖って広いんだね。向こう岸が見えないね」

「そうよ。この湖をぐるっと回って、間欠泉のあるところでお弁当にしましょ。間欠泉っ

ていうのはね、温泉が地下から空中に凄い勢いで時々吹き出すのよ」

諏訪湖のほとりの一角に、間欠泉が噴出している。間欠泉に面しては平成2年に諏訪湖間欠

泉センターという施設が建設され、間欠泉について解説プレートなどを用いて解説してい

るほか、一般客が間欠泉の噴出を見物することができるようになっている。

同センターに隣接した公園内には温泉を利用した足湯の設備が無料で開放されており、間

欠泉見物の時間待ちや散策の足休めとして利用する人が多い。

そこでお昼の休憩をしようというのである。お腹が空くころになるし、見晴らしも開けて

いて、次の噴出を待つのに丁度よい。

今は、温暖化のせいか全面に厚い氷が張る冬が少なくなったが、昭和十年代までは諏訪

ほぼ全面が氷結した。

「琴音ちゃん、この湖がね、冬になると氷で覆われてしまうのよ。ても東のほうの7ヵ所だ

けは、湖の底に源泉があって、そこは氷らないから7ヵ所の穴が開いているように見えるの

よ。だからそこのことをここでは七ツ釜と呼んでいるのよ」

「諏訪湖が全面凍って氷が厚くなると、昼と夜の気温の差で大きな音がして氷の亀裂が

走ることがあるの。これを昔の人たちは諏訪の神様が渡ったのだといって、御神渡り(お

みわたり)と呼んだのよ。後で諏訪大社にも行ってみようね」

 諏訪大社は信濃国の一宮であり、末社含め全国25,000社に及ぶ諏訪神社の総本社である。

長野県中央部の諏訪湖を挟んで、南に「上社本宮」「上社前宮」、北に「下社秋宮」「下

社春宮」の24宮からなる壮大な面積を持つ神社である。

本州を東西に分断する大断層、糸魚川・静岡構造線(フォッサマグナ)の中央部にあり、

大地のエネルギーが凝縮された磁場の上にある。

背後にある守屋山はそのものがご神体で、そこは本殿を持たない原初的な神社形態でもあ

る。諏訪大社本宮の神体山とされている守屋山(標高1650m)であるが、この山は信

州の霊峰の中心に位置し、諏訪湖を見下ろす場所に在る。

地図では分からないが、守屋山西岳に立って見渡すと、北アルプス、御岳山、中央アルプ

ス、南アルプス、八ヶ岳、蓼科山、浅間山が円を描いているように囲む中心の場所になっ

ていて、あらゆる霊峰のパワーを一身に集めることができるポイントでもある。

 「琴音ちゃんは因幡の白兎のお話し知ってる?」「うん、ワニに皮を剥がれちゃって泣い

ていた兎さんを、大黒様が助けてあげたの」

「そうよ、大国主命は、出雲の神様だったの。国譲りの神話というのがあるんだけど、

大きくなったら古事記というのを読んでみるといいわ」

真央が琴音にいろいろ話している傍らで、数馬は周りに押し寄せてくる異様な気配を先

ほどらいずっと感じていて、自然にふるまっているように見えても緊張を解くことがなか

った。

莫大な武田の隠し金の噂にからみ、未だに張り巡らされている監視の網ということなの

であろうか?

神社を巡りながら、春宮と秋宮があるのに、何故に夏宮と冬宮がないのだろうとの想い

がふと浮かんだのであった。

 阿堵物(あとぶつ)という言葉がある。金銭を蔑んで呼ぶ言葉でもある。

王夷甫(おういほ)は、金銭を卑しいものとして「銭」という言葉を使ったことがなか

った。

そこで、金銭に貧欲な彼の妻は、王に銭と言わせようと試み、彼が寝ているとき寝床の周

りに銭を一面に
撒いて王が歩けないようにしておいた。王は起きだしてその有様を見ると

すぐに下女を呼び「阿堵物(この物)をすっかり片付けよ」と命じた。

即ちどうやっても、汚らわしいものとして「銭」という言葉は口にしなかったというこ

とである。爾来、阿堵物というのは、銭の異名となった。

(註:阿堵=晋・宋時代の俗語で「これ」「この」などの意味を持つ。)

しかし、彼のように金銭を卑しいものと決めつけるのは偏りすぎであろう。金銭の用い

方が間違っている者が周りに多かったからに過ぎなかっただけではないのか。

「地中にある金(gold)は、自然に現れるのを待て」といわれる。金は、お金としても

使われる財物でもあるが、無理やり掘り出してはならぬという戒めである。

お金というのは、そもそもそれ自体が悪いのではなく、使われ方がどうかということで

あろう。あやまたずに使うことは難しい。自らの欲望を満たすだけのものであったり、他

を支配するためであったりして、必要以上に貯め込み滞らせると弊害が出る。

しかしながら、善であれ何であれ何事かを為すのには、良くも悪くも資金がなくては叶

わぬ。

その使われ方が広く世のため人のためであれば、限りなく幸せな効果は波及する。そうい

う使い方ができる高い志をもち続けられるかどうかということである。


古事記における出雲の国「国譲り神話」は、天津神系のタケミカズチノミコトと国津神系

のタケミナカタノミコトの戦いをもって締め括くられる。敗れたタケミナカタは、科野の

国の諏訪まで逃れた。

タケミカズチは、鹿島神宮の主祭神、タケミナカタは、諏訪大社の主祭神として祀られて

いる。

海外の他民族同士の戦いでは、敗者を皆殺しにしたり奴隷にしたりするが、古代の日本で

は、服従しさえすれば、命まではとられなくて、後に神として祀られた。

 わが国における世界に類を見ない最高の徳目は「和」であり、それは儒教にいう仁・義・

礼・智・忠・信・考・悌や、西洋にいう愛を超えたものであって、日本人が有史以来積み

上げてきた共栄の為の知恵。その共通概念なくしてなりたたないものでもある。曲折はあ

ったにしても弱肉強食を良いとしなかったのである。

神の霊魂は、優しく穏やかな「和魂(にぎみたま)」と、荒ぶり猛々しい「荒魂(あらみ

たま)」という二つの側面を持つ。きちんと祀れば、神は和魂の働きをするし、そうでな

ければ荒魂の働きをする。願い事をするのに粗略であってはならないということである。

近頃人々の意識の中から遠ざかった感が否めないが、それは等しく、永きにわたって人間

関係においてもそうであった。

 余談ではあるが、神様は一体二体ではなく一柱二柱というように「柱」で数える。古来よ

り神は自然物に宿ると考えられた。中でも大木には神が住まうとされたから、ご神木と崇

められるものが多い。同様に、地面から天に向かって垂直にのびる柱は、神が降りてくる

ための通り道と考えられた。

仏像などで見られる光背というのは、いうなればオーラ。身近に神を感じていたころの人

たちは、体から発するエネルギーであるオーラを見てとることができた。当然のことなが

らご神体として位置付けた自然物にもそれを見たから崇めたに違いないのである。

 穏やかな日々が過ぎているように見えても、数馬は心がせかされる。

星をも砕く力とは、一体なんなのだろう?天空にある星のことなのか?それとも地球と言

う星のことなのだろうか?

何らかの危機が迫っていて、何事をかなさねばならぬ使命を負っているということなのだ

ろうか?

諏訪近辺には、鏃に加工された石器である矢ノ根石が産出された。硬くて鋭い断面を作

り出せるその石は、鏃だけということではなくナイフ様の刃物としての加工もなされ、も

のを切ったり削いだりするのに使われた。

矢ノ根石すなわち黒曜石は、黒色ないし暗色の火山ガラスであり、化学組成は通常、流紋

岩質で、破断面は貝殻状を呈する。

そもそも日本列島は、環太平洋火山帯の一部であることから多くの火山が存在する。この

火山活動に伴って流紋岩質マグマが、高温高圧の状態から地上に噴出したり、或いは地表

近くに貫入したときに急冷した場合に「黒曜石」が生じると言われている。黒曜石は石器

時代、石器製作の材料として鉄器にかわる重要な役割を果たした石材である。その黒曜石

というのは、どの火山でも産出するものというわけのものではないから、この限られた黒

曜石原産地と、それらの範囲を越えた黒曜石製石器類出土遺跡の分布から、当然のことな

がら黒曜石という石器原材の産地とその使用地に、需給関係が両者間に存在したことは容

易に推定できるが、道とて開けていない原初の森に隔てられたそれら地域間を如何にして

搬送したのであろうか。この黒曜石の伝播が、どのような形態で行われたかは推測の域は

出ないが、少なくとも何らかの「交易」活動として存在したことは確かであろうけれども

広大すぎる範囲に及んでいるのである。

利便性の高い物が広がるのはわかるとして、狩猟採取の用途のみに使われたのか、戦いの

道具として使われたのか解らないことも数多い。


赤石山脈の最北端に位置する守屋山。諏訪ピクニックの数日後、数馬は何かに導かれる

ように杖突峠側からこの山に登った。

守屋というと、物部守屋が頭に浮かぶが、何か関連があるのだろうか?彼はこの地とは遠

く離れた河内国の渋川郡で厩殿皇子により射落とされた筈。

蘇我馬子・は泊瀬部皇子・竹田皇子・厩戸皇子などの皇子や諸豪族の軍兵に攻められたの

が、歴史に丁末の乱と称されるものである。

守屋は一族を集めて稲城を築き、守りを固めた。その軍は強盛で、守屋は朴の木の枝間に

よじ登り、雨のように矢を射かけたので、その威力に皇子らの軍兵は恐怖し、退却を余儀

なくされた。

これを見た厩戸皇子は仏法の加護を得ようと白膠の木を切って四天王の像をつくり、戦勝

を祈願、勝利することができたら仏塔をつくり、仏法の弘通に努めると誓った。

そして願いとともに矢を放ち、大木に登っている守屋を射落た。寄せ手は勢いを得て攻

めかかり、守屋の子らを殺し、守屋の軍は敗北して逃げ散った。

守屋の一族は葦原に逃げ込んで、ある者は名を代え、ある者は行方知れずとなった。

そんなことを考えながら双耳峰の最初の頂上に至った。頂上からの眺めは頗る良い。東峰

に小さな祠が祀られている。

そこから歩みもとめず西峰に向かった数馬に向かって、およそ山には似つかわしくない薄

衣をひらひら風になびかせながら降りてくる女人に行き会った。

「そなた、隼人かえ?」と問いかけられた数馬は、それが自分のことなのだということに

全く疑いをもたなかった。

「そうじゃ。今そなたの脳裏に浮かんだとおり、そなたの母として現じ小雪としてもわら

わは顕れた。そなたは昔、自らが極めた剣技により修得した能力により、守らんと信じた

ものを、その身を挺して守ったのであろう。そしてその後はどうなった?黄泉から蘇って

思うところはあるか?

人は望むものを手に入れる為に力が必要だと思っている。武力や暴力であったり、金力で

あったり、権力であったりするが、それを手にした途端、その先に何をしようと思ってい

たのかを忘れてしまう。その先があった筈なのじゃ。何事をか為さんとすれば、何らかの

力は必要じゃ。気づけばそれらは誰もが持っている力ではあるが、他を虐げることなくエ

ネルギーを形にすることができるようになるには段階がある。

確かに、未開ゆえ誰かが統べて導かねばならぬ時代もあろうが、義として立てた理想であ

っても時代を継ぐ者ものがそれを自分に都合よく変えてしまうことはよくあること。

自分勝手に振る舞うことのみが目的となっている者共には、まだそのような能力は与えら

れぬ。

体の仕組みと同じでどこも大事ではあるが、それぞれに役目というものがある。全部を慮

ることができるかどうかじゃ。無尽蔵にあるものは、誰も奪い合いはしないものじゃ。そ

れによって争いは起こらぬ。

この世が物質で成り立っている以上、何かを得ようとすれば対価が必要となるが、豊かで

あろうとするなら対価以上のものを与えねばならぬ。余分に支払うもよし、相手が喜ぶよ

うな感謝の気持ちでもよし、付け加えることはあっても決して見合う価値から少しなりと

も奪ってはならぬ。そうしてこそより豊かさが増すというのが真理じゃ。

奪えば奪われる、与えれば与えられる、教えれば教えられる。

本来、宇宙にはものを生み出す元となるものは無尽蔵にあるから、かまわず供給しても許

されようが、当たり前に手に入るのだと思う者がいるならば、それは許されぬ。手にした

ときに畏まることがあってこそ湧き出ずるがごとく現出するようになるのじゃ。

物質的にはほどほど発展しつつあれど、肝心の魂が追いついておらぬ。『星をも砕く力』

とは、見切りをつけられたら創り変えることを辞さぬ大いなる意思があるということと知

るがよい。

さほど猶予はないぞえ。前世から200年も経ってはおらぬ。400年はかかる転生が、

それほど急を告げているということじゃ。

此度も共に生きる仲間ができているようなのは喜ばしい。今生は、金力と肉体の快楽を学

んでみるかえ?

「もそっと近う寄れ」

手招きされ誘われたのは、柔らかく眩いばかりの光に包まれた空間であった。光は溢れて

いるがまぶしくはなくて、限りなく心が穏やかにいられる場所であった。

「まずそなたがわらわの中に入ってきやれ。神話にいうところの『まぐわい』じゃ。しか

る後、わらわがそなたと一体となって国生みをする。何が生まれいずるかはわからぬが、

この世に生を受けたら増やすことが努め。産みの苦しみというが、それは嘘じゃ。途轍も

ない快感に見舞われよう」

そういいつつ、ハラリと羽衣を足下に落とした。現れた裸身はこの世のものとは思えぬ美

しさで、導かれて内に入った数馬は余りの快感に震えた。



                           第3部 完
                                             


第4部

 

誰の脳にも、見たり聞いたりなど普段日常的に使っている「意識」とは別に、普段意識

的に使っていない「潜在意識」と呼ばれるものが存在し、それは大抵のことを可能にして

しまう能力があるのだという。内なる神といえよう。

この潜在意識というものは、今までに聞いたり、読んだり、見たり、言ったり経験した

ことの全てを記録する膨大な記憶装置でもある。

ここには、世界中の全ての図書館にあるものを合わせた情報量よりも遥かに多くの情報を

記憶できるということが証明されているともいう。

潜在意識が何かを記憶するとき、その記憶は所謂世の中で言われる「いい」か「悪い」か

に区別されない。しかもその上、潜在意識は事実上の現実と、想像上の現実を区別しない

のだともいわれているのである。

そこでは現実と想像の区別がつかなくなってしまい、思考と行動が潜在意識によって現実

に導かれてしまうこともあり得るということになる。

潜在意識は一番強力であることから、いくら強い意志を持っていたとしても、潜在意識に

は適わないのである。

意識的に何事をかをしようと思っても、「今日は特別だから明日から始めることにしよう

」等と考えてしまうのは、潜在意識のパワーによるものである。潜在意識は変化を好まな

い。

しかし、もしもこの潜在意識を、自由自在にコントロールすることができれば、自分の意

識や行動は、常に成功に向けて自動的に進むことがプログラミングされるといわれている

から、望みを叶えるのには強力である。

ただ、この領域につながるのはなかなか難しい。気づきのキッカケは、小さなことからな

のだという。

いずれにせよ、この世のものはすべて波動によって成り立つ。人は何であれ、自分の目で

見えるものしか信じない。地球が回っているのではなく、星が自分の周りを廻っているの

である。

真理に近づきそれを悟ったり知ったりするには、まだ幼いのかも知れない。

内なる神がそのようなものであるなら、それは一人個人のものということではなく、全て

に繋がる意思があってのことであろうから、個に捉われていても仕方あるまい。自分のこ

とのみ考えれば足りるということにしているなら、その世界に通ずることはないであろう

し、大いなる意思に沿うことにもならないことになる。もっともっと大きな世界を知らね

ばならぬ。

目覚め気づいた人が少なかった混沌とした時代には、その真理に気づいた人が他を導く役

割を負った筈なのである。導くためには、何らかの力は必要で、そのおかれた環境に応じ

、腕力であったり金力であったり権力であったり教えであったりした。

多くの人がそれを我がこととして気づくのに時間がかかりすぎた。手段としての力であっ

た筈のものがいつの間にか目的そのものに変節し、混沌は複雑に絡み合うものと成り果て

た。

全ては一つなのだ、というたった一つの事が理解を越えてしまっているのかもしれない。

感謝と優しさは、厚い膜で覆われてしまっていて、攻撃的なものがより表層に出てしまっ

た。

 

近くの寺から勤行でもしているのか鈴(りん)の音が聞こえてくる。宇宙は波動で成り

立つというが、この星の周波数は7.83ヘルツ。528ヘルツの音は、覚醒に影響があ

るらしい。

衣食住が何の不安もない程に充たされた時、人はそれを感謝して、次の魂の磨きの段階へ

移れるのだろうか?それともさしたる努力もなく手にすることができたことを当たり前な

こととしてしまって、怠惰の道を進むのだろうか?

人は、大いなる意思をもった偉大なる存在が別れてできたものであるから、気づきさえす

れば、互いに争うことなく、思ったこと望むことを、何事であれ実現する能力を芯の我と

いう領域に持っているのだという。

その、内なる神とでもいうべき領域は、もともとが一つのものであったのだから、自分も

他人も区別しない。思ったことをそのまま具現化できるといわれてはいるが、なかなかそ

の通りにはいかない。

ブロックしている大きな障害があるからである。

この領域に繋がるためには、過去世から今に至る誤まてる想念を清浄化し消し去らねばな

らないのであり、そのために、気づくまで人は何回でも生まれ変わる。

この世の中のあらゆる苦悩は、それらを起こした原因である誤まてる想念を気づかせる為

に、結果として現れているのであるから、現れた以上消える筈のものなのだが、消し去る

ための方法を修得できないから、改めて掴みなおしてしまいかねない。

それを消し去る事が、何事をも可能にする内なる神に通ずる道なのに、それが解らない。

最悪なのは、恨み言や復讐心を頑なにいつまでも抱き続けることであるから、それが苦悩

として現れているのだと気づいたら「復讐は終わった」と宣言し「許せないけれど許す」

と小声で言って、それらを解放してしまうのが良い。

拘りを捨ててしまえば、苦悩の業は消えて行く。

どちらかというと、他人を許すのは簡単であるが、自分を許すのは難しい。

人は、今更取り返しようもないのだけれど、後悔することを沢山抱えていて、それが自ら

を責め苛むことがらが多い。いつまでも捉われ続けて自らの魂を傷つける。

それらを、これは手前勝手なこととは違うと思い決めて、こういうことは再び繰り返さな

いと自らに宣言し「禊は終わった」と小声で言って、それらを解放し、新たな自分として

出直すことである。

自分を許し他人を許し、自分を愛し他人を愛すことができるようになることが、今生に生

れ出た意味なのだと知ることから全ては始まる。


真央は、大学受験の合格発表が終わり入学手続きを終えると、すぐに休学の手続きを済

ませ、誰にも知らせず一人で暫らく暮らす決心をした。

数馬にも「私は大丈夫だから、しばらくは探さないでね」と告げたのみで、数馬が真央

のことだからと信頼して、その理由を尋ねることもなく了承してほどなく行方が杳とし

て知れなくなった。

真央は、受験勉強中に突如夢か現か定かならぬ状態になり、大いなる意思に抱かれて宇

宙の果てまで溶け広がりそうな目眩く快感を得たのであった。そのことを忘れてしばらく

経った頃、体の異変を感じたのである。生理がとまり、こころなしか腹部が膨らんできた

のである。心を許せる数馬とだって、手を握り合ったことも抱き合ったこともないのにで

ある。

しかし、何かは解らぬながら、この先がどうなるのかそれを自分の努めとして一人で確

かめようと覚悟したのであった。

 

この世のものは、自然より齎される潤沢な恩恵に感謝するところから始まり、人の潜在

意識が共有するものの中から現出した。

しかしながら、ものが現出することの意味を忘れ、欲望に基づくものからでも物が現れ

出ることに味をしめ、それを自らの手にだけにすることも覚えた。

欲望により手に入れたものは、それを失うことを恐れるのが自然の成り行きだから、それ

を守るための手段を考えるに至る。利権が生まれるということである。得た物は、自分だ

けで囲い込もうとするようになるのが常となった。

類は類を呼ぶ。朱に交われば赤くなるの喩えのとおり、それに与している間に本来の意

味を見失ったのである。波動が合うものしか身近に起こらなくなって行った。

高次の精妙な波動に近づくには、目標が定まったある一定のスピードが必要なのかも知

れない。高次元のものが見えれば、それはそのように現出される筈のものなのだと思えて

ならないが、大多数の人は、目先の損得の感情に流されるから、そのことに気づくことが

なくなってしまっていったのである。利権利得を囲い込むようになって長い。もっと慈愛

に満ちた世があることに目覚めねばならぬ。宇宙に遍満するエネルギーは無限にあり、心

身ともに豊かになれる可能性はあるのだ。

目に見える形でないと信じないと言うなら、手始めに噂に残る埋蔵金を探し出してみよう

かと思う数馬であった。

「数馬にいちゃん、真央ねーちゃんは帰ってこないの?」可愛らしい笑顔で数馬を見上

げて瞬きをしない大きな目で尋ねた。

「昨日の晩、おねーちゃんの夢をみたの。お兄ちゃんと仲良くしていてねって言ってたの」

「うん、真央ねえは大事なお役目があって、いま忙しいんだよ。でも琴音ちゃんのことは

忘れていないから大丈夫だよ」

なにかの徴候なのでもあろうか?

久しぶりに、数馬・松田・河尻・福島・川田が顔を合わせた。受験などを控え、それぞ

れに忙しいから一堂に会すのは珍しかった。

松田が口を開いた。「先日、荒木が声をかけてきて『兄貴、最近見慣れない与太者風の

奴がうろうろするようになったんだけど、俺の口から言うのもなんだが、浦安さんは大丈

夫かな~』って言うんだ」

「俺のことを兄貴というのは勘弁して欲しいが、与太者なんてのも古臭い言い方だが、

的を射ているようにも思えるんだ」

またぞろ武田の隠し金を狙って蠢きだしたものが出てきたということか?

噂の域を出ない話が出てくるときは危うい。欲のみで動く者が蔓延れば碌なことにはなら

ない。いっそのこと日の目を見させたほうが良いという時期を迎えているということなの

かも知れない。

しかしながら、事を成すには大義が要る。そんな覚えはなくとも、自らの欲望のままに動

くと、関わった人たちにまで災厄を及ぼし、業火を背負わせる結果を招く。

いかなる大義を立て、どのように事をなしていくかということは重要な問題となる。

 「この間、守屋山に登ったのだが、その時に感じたことがあって、少し武田のことを調べ

てみたんだ。守屋山も金峰山も諏訪湖も気になるが、古文書や暗号地図があるとは聞かな

いから、誰もが知っている川中島や三方ケ原のことを除いて、ざっと読んでみたんだ」


数馬が概略を説明した。

 

武田信玄は元亀4年(1573年)2月に野田城の戦いで城を落としたが、その頃から持病が

悪化。軍を甲斐に引き返すために信濃へ入って間もなく病死した。享年53歳。

信玄ゆかりの移転前の長岳寺に移送して火葬した後、兵は影武者をたて、喪を秘して甲斐

へ帰還したとされる。

が、根羽村横旗の信玄塚に葬ったとか、駒場の山中で亡くなったとか、どれが真実かは定

かでない。

武田軍の伝令部隊は百足衆と呼ばれた。

工事部門を受け持つ金山衆も百足衆と呼ばれるが、なぜ金山衆が百足衆なのかというと、

鉱山(坑道)は百足のように主トンネルから足を伸ばして分かれていく様が百足のような

ので、坑道のことを「百足」と呼ぶことからだという。

伝令部隊、金山衆のように工作をする部隊を総称して「百足衆」なのだと考えられる。

しかし、大河ドラマに出てくる百足衆は、主に伝令部隊のことを指しているようである。

武田には直属の12名の伝令部隊「百足衆」があったという。

百足、と聞くと気持ち悪く思うかもしれないが、百足は戦の神とされる毘沙門天の使いと

いわれており、更には百足は後ろには歩かないことから「後退しない(負けない)」とい

う信仰もあって、よく兜の前立てのデザインにも使われた勇ましい虫なのである。

しかし、坑道などに潜み、刺されると大事になるから、人は恐れて近づかない。

ついでにいえば、蜻蛉も決して後ろに下がらないことから、別名で勝虫とよばれたから、

意匠に多い。

武田信玄といえば、「風林火山」の旗印が有名である。この「風林火山」は「孫子」を出

典とする兵法の心得として、信玄の旗指物となって使われた。

「風林火山」の原文は「孫子」の軍争編に記された「疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如

山(疾きこと風の如く 静かなること林の如く 侵掠すること火の如く 動かざること山

の如し)」の一節であることを知る人は多い。

「兵は神速を尊ぶ」という言葉がある如く、合戦においては進軍の速さが大事になってく

る。

風のように速く、炎のように相手を蹂躙することこそが合戦の要になる。そして、静かに

進軍の時機を待つことも合戦では重要なのである。相手の挑発に乗ってしまったがために

、大将が討ち取られて軍が総崩れになった例は枚挙に暇がない。

孫子を重要視したということは、諜報活動も重視したということになる。武田の忍者は透

破と呼ばれた。

透破は、「すっぱ」「とうは」「とっぱ」などと読み「スッパ抜く」の語源となった忍者

の名称・通称からであるといわれている。武田信玄が使った透破は「三つ者」とも呼ばれ

て、各地の情報収集や情報操作・人心操作などの諜報・工作活動に従事したと言われてい

る。

「忍者」というと摩訶不思議な忍法で武士や他国の忍者たちと戦うイメージがあるが、武

田信玄は「孫子」に基づいた工作活動などに手堅く活用していたようである。

 

塩尻峠は、長野県塩尻市と岡谷市の境にあって、諏訪盆地と松本盆地を隔てる峠である。

ここで、塩尻峠の合戦というのがあった。

塩尻市柿沢に首塚・胴塚がある。塚は天文十七年(一五四八)七月十九日の塩尻峠の戦い

が終わり武田軍が首実験を行ったのであるが、遺体を放置したまま陣を引き払ったので、

村人が哀れに思い、この場所に埋葬したと伝承されている。

第2章で紹介した千人塚といい、この首塚といい、人は悼み手を合わせたり花を手向ける

ことはしても、そこを暴くことはしない。

しかしながら、これらとは違うが軍資金を埋めたと言われるところには、そのような塚の

謂れが多いのも謎めいた話しではある。

運搬し、それを埋めた者たちの口封じのためだとも伝わるから、恐ろしいことではある。

本当か嘘か定かならざるも、世に武田の埋蔵金、豊臣秀吉の隠し金山、徳川の埋蔵金の噂

は底深く残っている。

 

 天文十七年七月十日、小笠原氏と通じた西方衆と呼ばれていた諏訪湖西岸の武士や、諏

訪氏一族の矢島・花岡氏らが、武田氏の領する諏訪に乱入した。信玄は 翌日にこの知らせ

を聞き即日出馬したが、極めて慎重な行動をとり、十八日になって漸く大井ケ森(山梨県

北杜市)から諏訪に入った。小笠原長時は信玄 の動きに対応して五千余の軍勢を揃え、塩

尻峠(現在国道20号線が走る塩尻峠ではなく南側の勝弦峠とされてる)に陣を張った。

ところが、それまでゆっくり動いていた武田軍は急に進度を速め、翌十九日の早朝六時頃

に塩尻峠の小笠原軍を急襲した。

通常、戦は峠の上に陣を取った者の方が有利なのが常道なのであるが、小笠原方では、昨

日までの武田軍の動きから推測するに、まさかこれほど迅速に攻撃を仕掛けてくるとは夢

にも思ってもいなかった。不意をつかれて、武具をしっかり纏った者が一人もおらず、大

半が寝ぼけ眼という状況であったという。

不意を突かれた長時軍は、一方的な敗北を喫し、将兵千余人が討ち取られてしまい、長時

自身もほうほうの体で逃げ帰らざるを得なかった。

武田信玄の有名な言葉 に、「人は城 人は 人は堀. なさけは味方 あだは敵なり」とい

うのがある。

この言は、『甲陽軍鑑』品第三十九に「ある人が信玄公の御歌として言う」として紹介さ

れているものであるが、本当に信玄の歌なのかどうかは定かでない。

しかしながら、これが信玄の軍事・政治哲学を端的に表現しているものであることは確か

なようである。

武田信玄は、大将として功名を得る資格の第一として「人材を見分ける能力」をあげて

いると言える。

そのための一つの手段として、「日ごろから領内の様子や家臣の状態などをよく観察し

ていて心にとめ、それについて後日、素知らぬ顔をして部下に訊ねる」ということをやっ

ていたという。

それも通り一遍の返答では満足せず、くどいほどに問い質すし、それに対する言葉のや

り取りを通じて、その部下の人柄や才能、あるいは意欲、物の考え方、心掛け・深慮遠謀

の程度などを見極めていたとされる。

信玄の具体的な人物評価基準は次のようなものであった。

心掛けを持たないものは向上心がない。武道に無案内(心得がない)の者は、根掘り葉掘

り尋ねてでも、細かいことまで知ろうとしない。

そのように追及心のない者は、必ず不当な発言をする。失言をする者は、必ず心おごりや

すく、或いは逆に消極的になる。おごったり沈んだりする者は、首尾一貫しない。

言行の首尾が一貫しない者は、恥を弁えない。恥知らずのものは、何につけてもすべて役

に立
たぬものである。

そうは言いながらも、彼は、一方で、そのような評価基準に合わない者であっても、その

性質にそって生かしてつかうことを心掛けていた。

これが『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、讎(あだ)は敵なり』の真意と解さ

れている。

彼はそのことを「甘柿も渋柿も、ともに役立てよ。」即ち、人はその性質にそって使う

とが大事であるとしていた。

決して人をつかうのではない。わざ(意欲)を使うのである。その人の持ち味や能力を殺

すことがないように人をつかってこそ、心地がよいとしていた。

信玄は、号を機山と称した。

 

憎しの(294)山は753、186は15夜さん。この3桁3段の数字の配列は、縦

横斜めの合計数が15となることから、魔方陣と呼ばれる。

181459(人は石垣)1846(人は城)

中央アルプスのほぼ中央に位置する名峰で、伊那谷の太田切川、木曽谷の伊奈川の源とな

っている空木岳という山がある。

山名の起こりは「卯木」からきている。春に伊那谷からこの山を眺めると、中腹以下は

黒木の森なのに、山頂部は残雪模様が美しく映え、それがあたかも満開のウツギの花のよ

うに見えるところから、その名がつけられたようである。

 こんなことが基礎知識になろうかということで、順番はともかく皆に話し終えた。

 

その気になっていれば、必要な情報はどこからかか入ってくるものである。要は気づく

かどうかということである。

不穏の気を放つ者が跋扈しだしたということは、乱れの始まりである。

風越山・権現山からの鳴動が起こっていることも気になる。破壊されることは、避けねば

ならない。

人は輪廻転生を繰り返しても、生老病死の四苦の軛からは逃れられない。それから逃れる

には、輪廻の輪から脱しなければならないという。即ち解脱。

宇宙の真理と我が一体であることを悟るということなのであろうが、一つなるものとはそ

れのことなのであろうか?

それを覚ることが遅いからといって、砕かれて作り直されるというのでは救われない。行

き違いはあるとはいえ、人間まだまだ捨てたものではない。十分に育った姿だって見られ

る筈。


一方、真央は出産が近いことを感じ取っていた。体形は周りからそれと覚られるような

変化はないが、なぜかそう感じていたのである。通常の妊娠に至るようなことは身に全く

覚えがないから、一人で人知れず産もうと思っていた。

払暁、それは突然にきた。伝え聞くようなそれに伴う痛みは全くなくて、むしろ快感であ

った。

生まれ出たのは、両手の掌に乗るほどの光の玉であった。

愛おしく掌にそっと捧げていたが、しばらくすると光の玉は窓を開け放つようにと言うよ

うに促した。

名残りを惜しむように真央の周りを何回か撫でるように周回すると、西空に向かって眩い

光の尾を引きながら飛び去って行った。

朝日があがるとすぐに「光りの玉が生まれたわ」とだけ数馬に伝えた。

数馬は「わかった」とだけ答えた。

 

数馬は、考え込むことが多くなった。

因果の法則というのがある。原因があるから結果があるというのが真理なのだという。

しかし、原因があれば必ず結果が現れるというわけではない。現れるのには、そこに縁、

即ち交差する何かがあってこそということになる。

だとすると、万物は相互に依存し合っているから認識されるということになる。

原因が解らない結果に人は苦しむ。原因が解っていれば受け入れやすいのだと思える。

さればこそ、先人が「罰があたるようなことはするな」といってきたことに、意味があり

そうである。

楽しみを与え、苦しみや悲しみを取り除きあうというのは、人間にのみできることであろ

う。

後味が悪い行いをするよりは、慈愛に満ちた振る舞いを心がける方が気持ちが良い。後生

もよかろうものを、敢えてそれに反することを、何故に人はしがちなのだろうか?

何が足りないとして殺伐とした世界を目指すのか。滅びにつながらないのか。

 

衣食足りて礼節を知るという。「管子」牧民の「倉廩 (そうりん) () ちて則ち礼

節を知り、衣食足りて則ち栄辱 (えいじょく) を知る」から出ている言葉であるが、人は

物質的に不自由がなくなって、初めて礼儀に心を向ける余裕ができてくる。

多少の欲望は、進化を助ける。充たされないから際限もなく求めるというのが良いとは思

わないが、我慢しすぎるのも、良い結果を生むとは思えない。

ならば、まずエネルギーと食糧が満たされれば、人は違ってくるのだろうか。

鎖国時代であっても、日本の文化程度は高く保つことのできた民度が醸成されていた。

既得権益からの反撃は予想されようが、メタンハイドレード、海水から無尽蔵に取れて燃

やすことができるマグネシウム、水素電池などで、まずエネルギー問題を解決する。

食糧は、米作を復活すれば確保できよう。肥満になるほど食べなくても、玄米食の栄養価

値は高いとされているから、十分賄えよう。

貪ることをやめて、精神性を高めることに目を向ければ、争い事はなくなる。

我一人良ければ良いというのではない。皆が望むような平和な状態を現出することができ

れば、追随するものは表れよう。先ず隗より始めよ、ということである。

そのようなことに武田の軍資金を見つけて使うというなら、大義と言えるだろうか?

 

真央が帰って来た。誰が見てもそれと知れるほどに、全身から光を放っていた。

「いよいよ始める決心をしたのね?」と、数馬にかけた第一声がそれであった。

「うん。口実というかキッカケは宝探しだが、必要なものは望めばいくらでも供給され

ると思う。」

「そうね。私たちが持っている力は、そういうものだしね」

「うん。だからこそ、それをどう使うかには熟慮がいる。なまじ変な組織を作れば乱れ

の原因にもなりかねないから、信頼できる人たちを集めて考え方の芯を固めなければなら

ないだろうし、そこは真央ねえに頼むしかないと思っている」

久し振りに会っての会話は、これで足りた。

人は、生まれてから依存、自立、相互依存という過程を経て精神的に成長する。この世に

一つなるものがわざわざ別れて現出するところに、どのような大いなる意思の目的がある

というのだろうか?そのあたりの共通認識が二人にはある。

正と負の間には空の世界があり、空は無とは異なって、そこに膨大なエネルギーが潜ん

でいることは想定できる。

自らの努力により進化することは当然として、ほぼ完全に自分でできるという段階にな

ったとき、その空の領域に全てを委ねるということができる対象として歩めということな

のか?

プラスとマイナスの中間にあるゼロの持つ無限の意味に気づけということなのか?

誰もが中道を歩める度量を持てるようになれば、世の中が変わるであろうことは間違い

なさそうなのである。

 

何も無いのだとしてきた処に、実は無限のエネルギーがあるのではないかと気づき、そ

れは状態が変化すれば何にでも形を変えて顕れるのではないか?そのことに無知であった

と自分で分ると、考えるようになる。

考えると、認識できるものがでてくる。物質であったり概念であったりする。形となっ

たそれらを取得すれば、実在となる。それらは望めば無尽蔵に現出するに違いないが、貪

欲に自分だけが囲い込むことがないようにするには、人の精神性がまだ育っていない。空

気のように誰もが等しく共有して余りある量があるのに、最初は奪い合い、必要以上に個

人で貯めこむ。手段としてあるものが、目的となってしまってきたのが、これまでであっ

た。貪欲は不幸を呼ぶ。

 

何事かをするときは一気にやる。一気にやって圧倒的な差がついているものに、人は争

う姿勢はみせない。争えば何とかなりそうなものは、奪い合う。

宝探しは手段である。探さなくても見つけられる、というより、やれば見つかることが

確実だから、それは口実ということである。

必要な資金を得た後に何をやるか、ということである。

大いなる意思に見限られて、作り直しの工程に入るのを座視しているわけにはいかない。

その役目を負って生まれてきたた、との想いが、いつからか醸成されてきていた。

調和が取れればよいのではないかとのおぼろげな推測はある。いかに美しくそれが実現で

きるかということである。

                                 第4部 完



第 5 部

 

お手並み拝見とでもいうのか、門出を祝してとでもいうのか、時ならず花が咲いた。

そもそも一つだったものが、別れて物質になったり、時間になったり、精神と呼ばれるも

のになったのは何故なのだろう。

精神或いは霊と呼ばれるものを磨き上げるための手段として、大いなる意思は、同時に様

々な物質をも現出せしめたというのであれば、今はその手段として現れたものを得ること

が目的と成り果てている段階ということになるのであろうか。

幸せで調和のとれた世界というのは、一体どんなものなのだろうか。

精神の昇華を果たし、それで調和のとれた新たな世界を次々に作りつないでいけというの

が、大いなる意思の目的なのだろうか。疑問は尽きない。

ただ、このままではならないということが、朧に意識されるにとどまっていることだけは

数馬たちには確かであった。

先は長いが、残された時間が少ないという急かされるような意識が日増しに強まる。

 

信玄は、甲斐の国に城は作らなかったが、川中島周辺には強固な山城を多数作っている。

後に真田家の持ち城となった松代城の元々は海津城であり、それは信玄が作った。

貝津城とも茅津城(かやつじょう )とも言われ、茅の生い茂った地であったと伝える説も

ある。

しかし、後世に信玄の城について語られることは少ない。不思議なことではある。

不思議といえば、何故に信州の地を欲しがったのであろうか。甲州では米があまり獲れな

かったということもあろうが、信州は神州に通ずると思っていたのだろうか。諏訪大社の

意味するところは大きい。

志半ばで潰えてしまった信玄は、大義としたものが、神の意に沿わなかったのだろうか。

後に天下を取った徳川家康が目指した、戦のない世を作るということは、それに沿ったと

いうことなのだろうか。

 

久々に、塩崎建国が顔を出した。記憶力抜群の塩崎は、余りに膨大な量の情報が流れ込

んでくることで、PCにおけるヒートランのような原因不明の高熱を発し、長らく臥せっ

ていた。

漸く小康を得て、口を開いた。

いろは48文字というのがある。一文字も重ならずに文として成り立つものが二つある。

 

色は匂(にほ)へど 散りぬるを 我が世たれぞ常ならむ 有為の奥山今日(けふ)越えて

 浅き夢見じ酔(ゑ)ひもせず

 

鳥啼く声す夢覚ませ 見よ明け渡る東(ひんがし)を 空色栄えて沖つ辺に 帆船群れ居ぬ

靄の中(うち)

 

現在は五十音図で表される。即ち2音足りない。五十音を訓読みすれば、「ことだま」

と読める。

古来より我が国で使われる言葉は響きの中に魂、即ち神を感じ取る感性をもっていた。

であれば、諏訪を守るご神山である守屋山は守矢とも書ける。事実、守矢神社というのが

この地にある。

文字は言葉を表す記号であるということに立ち返れば、漢字ではなく平仮名で読むことで

解ることも出てくる。

薄田数馬(漱ぐ多禍事魔) 桜町真央(咲く良万智魔覆う) 松田芳樹(魔通堕与職) 

河尻明(華和事理明 福島次郎(覆死魔治老) 川田勝夫(禍破舵活男) 塩崎建国(詩

央左記長け邦) 浦安琴音(裏矢守異根)

言われてみれば、数馬は多くの禍いごとや魔を漱ぐように動いてきたし、真央は、身内に

潜む多くの知恵を使い、周りを花の咲くように優しく包み込むことで魔を覆ってきた。

松田は、圧倒的な剣技で魔を堕し、有るべきところに通してしまう天職ともいえる力を与

えられているようである。

河尻は、華のような和やかなことわりを明らかにするためであれば、自らの命さえ差し出

すであろう覚悟を、前世からの記憶がそうさせるのか、時々垣間見せていた。

福島は、常々言っているように、守るものがあるうちは人より先には死なないで、魔を覆

し治めるまで老いるであろう。

相変わらず思い込みの激しい川田は、禍を打ち破る舵取りに活きる男になるかも知れぬ。

塩崎は、本邦一の記憶を、長く詩のように記憶に残していく役目。

琴音は、何を為すのだろう。守矢というのが気になる。


数馬の仲間たちの後ろに影が貼りつくようになった。表立っての動きというのはまだ無

いが、一挙手一投足が窺い見られている気配があることを、皆がひしひしと感じていた。

 

来世であるとか永遠の命とかいわれるものは、現世の虐げられた弱者の魂の救いの為に

編み出された手段なのではないかという側面が強い。

そういう世界が存在するということを証明できれば違ってくるのかも知れないが、それは

不可能に近いから、現世で利得を受けている人たちが既得権益を手放す筈もなく、それを

侵そうとするものがいれば、阻もうとすることはあり得る。

ときにそれは、人たるの則を越えることだってなくはなかろう。現世利益を手にする強者

が、自らを律することができるには、余裕というものが必要である。

自らを高めようとしないものを、神は手助けしない。手助けされて得たものに対し、怠惰

な者たちが抱くのは、それが自らに好もしい物でなければ得られた結果に感謝するどころ

か不平を言い、責任をその与えた側に押し付けて恥じない。自らの努力をなくして得られ

るものでなくては進化はない。他人のせいにしていて理想は生まれない。

英国の植民地であった米国が、独立の為に戦ったのは、たった4パーセントの人たちであ

ったといわれている。残りの者たちはわれ関せずであり、甚だしき者たちは酒を飲みなが

ら傍観していた。

しかしながら、数は少なくても自らの意思で立ち上がれば、事態は変わるということであ

る。

 

近頃、伊那の谷あいに咲く桜の名木を見に来て、それを縁のようにして住みつく人が増

えた。

その彼らに共通しているのは、柔らかにこの地を覆うように感じられる光のドームが見え

るということであった。

その光のドームは、日に日に透明度と強度を増していくようである。

人は、道徳的にも知識的にも価値観的にも、全員が連帯できるほどに成熟しているわけで

はない。冷静に己を滅して見つめ直してみたとき、自分が拘っているものがそんなに大き

なものではないと気づけないものだとは思えない。その拘りを捨てれば、もっと自由での

びのびした世界が開けてくるように思える。軛となっているものは、意外に小さい。

抜け出せないと思い込んでいるのは、自分自身であって、他人のせいではない。

 

日いずる東に位置し、古来から周りを海と言う天然の要害で守られ、南北に延びる緑豊

かな島は、四季折々に美しく彩られ、黄金の国と呼ばれる国であった。

この地の西の大陸は、西に行くほど砂漠地帯であり、その先の西に開けた文明はあるには

あったが、古くからの人類憧れの地は、この神に選ばれた東の国であった。

偏西風の行きつく先、将来の末法の世に救われるであろうとされる14万4千人が栄えら

れる国と思いなして、古代に渡り住んだ裔もあろう。

この神域ともいえる国は、侵そうとすれば神風に吹き払われ、護られているということを

忘れ、逆にこの地から外に出ようとすると、禍は起こった。

内なる豊かさに意識が向けば、そこに黄金郷を築ける約束の地であることは、疑いようが

ない。

何を理想として目指し、それを範として続く世界を如何に現出して行くかということに目

覚めなければならないということである。

この地に生を受けた使命とは、そういうことなのである。

「かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」と、昔歌った人がい

るが、個人の欲得から離れ、神がかり状態で突き動かされるように一身を捧げる人が出る

時、歴史は動く。

最初に起こした波動がうねりにまで育てば、それは広く伝播し、留めようのないエネルギ

ーとなる。人為の思惑から掻き回す波であれば、それは荒く、如何に強くとも、広がるに

は限度がある。それは弊害を齎すことが多いから、付き従う人が限られるからであろう。

天意に沿えば、人の為せる業とは到底思えないことが起こることは、歴史上も枚挙に暇が

ない。

大事をなそうとすれば、そこに抵抗は必ず起こってきたが、それと争うことがなく進むこ

とができれば、それに如くはない。

磨き上げられた鏡に映る如く、善には善が、悪には悪がそのまま返れば良い。

悪意から出る攻撃が、そのままブーメランのように戻り、それが強ければ強いほど強烈に

発信源に帰るとなれば、侵す者はいずれいなくなる。

薙刀の技に木の葉返しというのがある。真央には、その先のものが身内にあるのを感じる

のであった。あくまで、防御に特定されるときに出る力なのであろうが、単なる技前のこ

とではなく、意識の世界のことであり、それは星をも砕く力であることが想像できた。

それは、数馬と松田にも備わっているに違いないとも真央は思うのであった。

隠れているものを無理に探し出そうとすると禍が起こるものでも、天機が満ちて自ら現れ

出ようとしている気を覗わせていた。

 

宝探しは、目的ではない。その先をどうするかということである。

ロマンは、義と志を持つ人を集めやすいが多人数であることが要件ではない。何故なら、

一人立つだけでも国は掬われるからである。

しかしながら、賛同者は多いに越したことは無い。エネルギーの総和は大きい方が良いに

決まっている。

 

手続き上、埋蔵金を発見した場合は警察に届け出る。警察は、埋蔵金が発見された日時

、場所、埋蔵金の特徴などを6ヶ月間公告します。そして、6ヶ月以内に埋蔵金の所有者

が判明した場合、埋蔵金を発見した人は、埋蔵金の価格の5%~20%分を報労金として

もらうことができる(遺失物法28条)。

これは落し物を拾った人が落とし主からもらえる報労金と同じことになる。

それでもかなりの額にはなり、ことを始める端緒としての資金には十分であろう。

あとは、ワラシベ長者のように先を膨らますことはできる。

経済的支柱は、何をやるにも必要であるが、利益を求めるのが目的では狭ますぎる。いず

れそれは争いの種になりかねない。目指すものを見失わなければ良い。

全てを自分がやらねばならないということでもない。得意分野に力を出し合え、それを互

いにリスペクトしあう土壌をつくることで、先に進むことはできる。

必要以上の財物を独り占めするかのように抱え込む者がいるのは確かである。起きて半畳

寝て一畳等とまで達観する必要はないにしても貪ることを止めないのは何故なのだろう?

得てしてそういう者たちが表面に出ることはない。蔭からの支配を目論んでいるのだろう

か?

それを阻害しかねない動きには敏感に反応する彼らの側にだって、超常能力を備えている

者を抱えていても不思議はない。

数馬たちの行動が、都合の悪いこととの判断をすれば、人知れず妨害して潰してしまおう

とする可能性はある。

数馬たちの背後に、いつのころからか張りつくようになった影というのは、そういうあた

りから来ているのだとしたら、危険が伴う。どのような手段をとるか予想し難いからであ

る。

塩崎建国が口を開いた。「諏訪大社の主祭神は、出雲系であり、出雲といえば国譲りを

したとして歴史で習う。普通に考えれば、戦いに敗れて国を取られたとなるが、果たして

それだけなのだろうか?

だとしたら、敗者を最大級の神社に神と祀って後の世まで残すだろうか?同じことが他

にもいえる。戦いに敗れた武将を神と祀り、後々も尊崇される民族というのは、一体なん

なのだろう。他国であれば、墓を暴いてでも駆逐し尽くすというのに・・・

元々が同根であると知っているからなのではないのか。だとしたら、主流派争いというこ

とであり、より正当性を持った者が支持されたということになる。

信玄という名も、文字を変えれば真言とも箴言とも書ける。信玄は、喪を隠せと箴言即ち

戒めの言葉を残した。単なる戦略だったのか?」

更に言葉を繋いだ。「世に、武田の隠し軍資金の話しは多い。夜叉人峠だとか瑞牆山だと

か赤石山脈のどこかだとか諸説がある。一般的にそれを運んで隠す仕事に携わった者は口

を封じられるし、後々の為に暗号化した地図位は残すが、そんなものはない。さっきも言

ったように、同族間で後々後事を託せる者が現れたときには、自然にわかるという信頼関

係があるとしか思えない。意外に簡単に見つかるのではないだろうか?」

 

前章のどこかに、八と言う字は恐ろしいと書いた。八と言う字は末広がりで目出たいと

もいうが、八の別の読み方はヤーである。

ヤーというのは、神様への呼びかけ。ヤオヨロズの神というときのヤである。だから、恐

ろしいというよりは、畏ろしいというべきかも知れない。

古くは神様への供え物として生贄を捧げた。別の言い方をすると、犠牲。牛と羊を自分の

身代わりとして焼いた。それは可哀そうなことであり、今後悪いことはしませんという誓

いであった。羊の下に我と書いて、義という字ができた。義とはそういうものである。

生贄など捧げなくとも済むように、身を処さなければならぬということである。

人間がまだ神と直接会話ができていた時代、豊かに与えられるそれらを当たり前だとして

疎かにする者が現れて、安易に流れ、惰弱の内にあっても事足れりとしていた者と、他よ

り少しでも利を得ようとする者が出るに及んで、諍いの種は徐々に膨らんだ。

それでも、優れたリーダーが長として集団を束ねていられるうちは良かったが、その長同

士が争うようになり、集団が巨大化していくにつれて、本来の目的は見失われ、神との道

は途絶えていった。物と心を分けて考えるとそうなっていく。

人間は、命を繋いでいくのに物が必要だという原点があることが、そもそも問題なのかも

知れない。

物を得るのは、心を育てるより簡単にできる手段がいくらでもあることも拍車をかけた。

善因が善果を結び、悪因が悪果を齎すのが因果応報の真理とはいえ、選ばれた者のみが元

の地に回帰できるというのは狭い。移り住んだこの星を栄えさせるために、営々と増やし

続けてきた命を、輝かせることができない筈はない。

深奥に潜む神性が目覚めればできる。

日の本は 岩戸神楽の始より 女ならでは夜の明けぬ国と歌われるように、わが国は女性の

意思が底流で大きく働いている。

世の中は、女の望むように変わるといわれるが、それだけに女性の自覚というのは重要な

のだと思う。良妻賢母という言葉がかつてはあった。これを差別であると目を剥くむきも

あるが、疑いもなく優れた女性に対する尊敬の言葉であった。

表の部分では男が全身全霊をもって力を尽くし、基盤の部分を女が支える。

お互いがその持ち分を尊重しあえているうちは良かったが、いつの間にか働いて糧を得る

男が偉いのだと勘違いする者が増えた。そうなるにつれ、女も表にでなくてはならないの

だという意識が拡大したのは、歴史の趨勢でもある。

しかし、今度は女の側にも勘違いは生まれることにもなったように思える。収入を得るこ

とが、人としての価値ではない。

楽に生活ができるのは、稼ぎの多寡によるのは事実だから、子にもちょっといい生活がで

きるような生き方を望むようになり、それが目先の損得しか考えない大人にしか育たない

ことにもつながった。

志高く、世の為人の為に働こうとする人材を育成するよりも先に、権利を主張することの

みに走る人も出てきたのは、仕方のないことかも知れない。

残念ながら、特性を生かし合うことは、いつからか思案の範囲外になっていってしまった

ように見える。

結果として、さしたる努力をしなくても全てが同権であると主張することに走る男女が増

えていった。

同権であるのが悪いのではないが、目先に追われて、特性を生かし合うということで生み

出されるものが、どこかに押しやられてしまっていないかということが気になる。

男に子は産めない。釈迦も弘法もひょいひょい産むなどということはできない。

男女共に、表面的に現れる損得が人生の重大事と捉えられることになれば、それが過度の

競争心を生み出し、全ての人がとまではいわないが、志を高く掲げて働こうとする気が薄

れていってしまう人が増えていくのは、やむを得ないのかも知れない。努力する人を軽ん

ずるようにもなる。思いやる心と、感謝の気持ちが薄れた世界は、殺伐としてくる。

 

魏志倭人伝にある「倭国は乱れ、あい攻伐して年を歴る。すなわち、ともに一女子をた

てて王となす。名づけて卑弥呼という。鬼道につかえ、よく衆をまどわす」のように、乱

れたときに女性の力は大き