マニュアルのダウンロードをするページです。

案内文の下に、資料への接続先を表示してありますので、そこからご覧ください。

 この度は、墓地墓石清掃マニュアルにご興味を示され、自分でやってみようとご決心なされました
ことに深甚なる敬意を表します。

マニュアルは、PDFファイルにしてございますので、ダウンロードしてご自由にご使用下さい。

 

 さて、墓石クリーニング用の使用洗剤等につきましてなのですが、使ってみて使用法が比較的楽で、
かなり効果がでる「ピロキシー」という洗剤がありましたので、その発注先をお知らせ致します。

 

これは、本編に示されているアクロンAとアクロンBがあらかじめ混合されているものと考えていただけ
たらよいかと思います。

  この薬品は、アクロンと較べれば反応が穏やかですが、その分取り扱いが少し楽かと思います。

  プロが使用する薬品は、気を付けなければならない注意事項が多く、なおかつ容量が一般の使用
量と比べて多いこともあって、費用がかさみますので、お薦めしません。

 まずはピロキシーをつかわれることで、かなりな効果が期待できることと存じます。

 

  ピロキシーは、1ガロンが定価4700円ほどでで買うことができお得です。資材業者を通して購入し
てもこの値段ですが、ネットで購入可能です。送料が別途500円ほどかかります。

   最初から高い洗剤を使わなくても、じっくり取り組めば効果もかなりなものです。そのほかの用途

を考えてみても、この洗剤はお得かと思います。

  ポリバケツに1リットルくらい取り分けて、それで足りなかったらまた継ぎ足すというふうにしてお使

い頂くとよいかと思います。

 

有限会社エムエフ

ピロキシー 4700円

http://www15.plala.or.jp/MFAOKI/s-bansen.html

 

 

 どの洗剤であれ、洗剤を塗ればすぐ汚れが落ちるというわけではありませんので、じっくり時間をか

けて取り組むということになりますが、これはピロキシー使用の場合でもアクロン使用の場合でも同じ

ことです。

 だとしたら、安くつく方でまずやってみるのがよいと思います。

ご先祖様との語らいの場と時間ということで、経験者の皆さんが仰いますように、きっと良いことが思い

浮かぶと存じます。

 作業を開始し、洗剤を塗布してこすっても、最初のうちは全くといっていいほど汚れが落ちません。

 布やペーパーに浸み込ませて貼りつけることで湿布したり、何度か洗剤の塗布とパッドで擦ることを
根気よく繰り返していると、突然、鎖がきれるように汚れが落ち始めます。これは快感です。

 

 少し付け加えて説明しますと、アクロンAは、主成分が過酸化水素水です。その濃度が35パーセ

ントと高濃度なので、7パーセントを越えると医薬用外劇物の扱いとなっていますが、(薬局などで売

られている消毒薬オキシフルは7パーセントくらいの濃度)、ゴム手袋等使って直接肌に触れないよう

に注意すれば良い。とはいえ、アクロンは高くついてしまうのは確かですし、本業でやるのでなけれ

ば量が多すぎです。

 

 墓石クリーニングで、墓石を綺麗にするという以外の、何か偉大なものにシンクロするという

ことについては、一定時間以上真剣に取り組むということが必要だと経験者はいいます。

 瞑想状態になっているときに、ハッと気づくことがあり、それが重大なヒントとなるのだと。

 何かを一所懸命やったという満足感、ここまでやったんだからという言うなれば人事を尽くし

たという達成感が齎すものは大きいのです。

 ご先祖さまや、守護していてくれる偉大なエネルギー体はいつもそばにいて、声をかけられ

ればいつでも手助けして下さるのだということにも気づくようになったとも聞きます。

 音に観ずるともいいますから、声にだしてお願いするのも良いようです。

  

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

  

墓石を綺麗にする方法を確立するのに試行錯誤する中で、今までに最長20日かかったものがありま

したが、このマニュアルのやり方では、そんなことはありません。

補足ですが、折角綺麗になったのだからと、最後に表面保護材を塗られる方がいらっしゃいますが、

基本的にはお勧めできません。

表面保護材は、時間経過とともに酸化して黄変しますが、これを除去する方法は見つかっておりませ

ん。

 

このほど、無料でマニュアルを開放することにしました。 

 多くの方々が墓石を綺麗にすることで、ご家族ご親族の皆様が幸せになれましたら嬉しいかぎりであります。


資料表示先

墓地・墓石清掃マニュアル
bosekimanyual.pdf へのリンク
携帯用簡易マニュアル
easymanual.pdf へのリンク


<p><br>