童話と短編
恩を返せなかった猫

                          たけうち おうしん

あたりの木々の葉っぱが、赤や黄色に染まって、もうすぐ寒い冬がやったきそうな秋が深

まった午後のことでした。日陰に入ると、もうとても寒い風が吹いていました。

やせ細って歩くのがやっとの子猫が、少しでも温かい陽射しをと、日当たりの良い場所を

探してよろよろ彷徨っておりました。

おなかはもうペコペコでした。

お母さん猫とはぐれてしまったのか、心無い人間に無理やり遠くに引き離され捨てられて

しまったのかわかりませんが、もう何日も食べ物にありつけていない様子でした。

今日何も食べられなかったら、もう生きていられない程に弱っていました。

 

それを見て、可愛そうに思った人間のお母さんが、台所からお魚を持ってきてあげようと

したのですが、用心深く後ずさりするばかりで、食べようと近づいてはきませんでした。

 

きっと、同じようにしてくれた人は、それまでにも沢山いたのでしょうが、親切に応えよ

うとしないその態度に、どこでも憎まれて、ますますひどい目に遭うことになったに違い

ありません。可愛がられる方法を知らなかったのです。

猫は、生まれて何日かの間、人に可愛がられることなく過ぎてしまうと、一生人に慣れる

ことがないと言われています。

今日一日何も食べなければ、もう危ないぎりぎりのところに来ているのに、素直にはなれ

なかったのです。

 

お魚を持ってきた人間のお母さんは、近寄ってこない子猫に向かって、そのお魚を投げて

あげました。

人間は、時に猫にとっての神様であることがあります。

でも子猫は、また石か何かを投げつけられて苛められたのかと思い、必死で逃げました。

それでも空きっ腹には我慢できない美味しそうなお魚の匂いには勝てませんでした。

逃げる途中で振り返ると、そのお魚が落ちているところまで走り帰り、口に咥えて一目散

に物陰まで走って行って隠れるなり、夢中で貪りました。

そうして、その日を生き延びることができました。

 

次の日も、子猫はお腹が空くと、今日も運がよければ餌にありつけるかも知れないという

かすかな望みに縋って、同じ場所に餌を求めてやってきました。

人間のお母さんは、今日も根気よく子猫が来るのを待っていてくれて、遠くから腹いっぱ

い食べることのできる量の餌をくれました。

そうして何日か過ぎると、子猫は、どの家から出てくるお母さんが餌をくれるのかを覚え

ました。

それからは、その家の玄関先に行って餌を待つようになったのですが、餌をくれる人の影

が少しでも動いただけで一目散に逃げ去り、人に慣れるそぶりは一向にみせませんでし

た。

 

毎日の餌に有りつけるようになると、子猫は見る見るうちに丸々と太っていきました。

それとともに、餌の選り好みをするようになり、嫌いな餌は一口も食べず残すようになり

ました。大好きなミルクは、一滴も残さず舐めるので、いつからかミルクが沢山入る器が、

餌場に備えられるようになりました。

その器は、子猫を見ない日であっても、いつの間にか空になるのでした。

 

お母さんの家族は、子猫を大事にしているお母さんにつきあって、猫が餌を食べていると

きは自分たちが遠慮して、玄関から出入りしないようにしていました。

「なんで面倒を見ている方の側が、面倒を見られている方に気を使わなくっちゃならない

んだ。」なんていう不満を言うことはありませんでした。

恩を着せようとか、何かの見返りを期待してのことではなかったのです。

でも、もし猫語が話せたら「他人に好かれるようにするには、もっと心を開いたほうがよ

いし、そうした方がもっと伸び伸びとした気持ちで楽々暮らせるよ。」と、教えたに違いあ

りません。

世間を狭めているのは、子猫自身だったのですから。

 

段々慣れてきといっても、子猫から5メートル以内には、世話をしているお母さんでも近

寄ることはできませんでした。

そうこうしているうちに子猫は成長して、誰の助けも借りず自分で餌をとることができる

ようになりました。

猫は、自分一人で大きくなったのだと思うようになり、好きな場所を探して生きようと旅

立ちました。

 

猫を見かけなくなって1年程過ぎたころ、線路を越えた向こうの草原に、白かった毛が真

っ黒に汚れたその猫が、走り回っているのを人間のお父さんが見つけました。

お母さんにその話をすると「そう、元気で生きていたのね。」と言って喜びました。

 

逞しく育った猫は、その後は猫社会の中で生きるための戦いに明け暮れました。誰も頼り

にできなかったのです。

気が付くと、生まれ育った場所からは遠く離れてしまっていて、帰り道はもうわからなく

なってしまっていました。

戦いに次ぐ戦いで、ある日猫は大怪我をしてしまい、自分で餌を獲ることができなくなり

ました。何日もそんな日が続いて、空腹に耐えられなくなりました。

「まてよ、この感じ、ずっと前に同じようなことがあった。」

今日何も食べることができなければ、明日を迎えることはできそうもないと覚ったのです。

その時になって、子猫の時に餌をくれた人間のお母さんのことを思い出したのです。

甘えてじゃれついたことは一度もなく、お礼もひとことも言わないで出てきてしまったけ

れど、今だって帰れば黙って餌を出してくれるということだけは解っていました。

でも、帰り道はもうわかりません。「顔を見せるだけで恩返しになるのだから。」という声

がどこからか聞こえてきたのですが、それもだんだん聞こえなくなっていきました。



玄関先に餌を食べに来て控えている子猫

短編 小説
番外編
 
   

    秘剣「寸のび」

 

 

 小伝馬町に構えられた佐々木一角の道場で

は、今日も賑やかな打ち合いの音が、武者窓

から外にあふれ出ていた。

 一角は、他流試合を拒まない。流派という

ものも掲げていない。入門者も、武士ばかり

ではないから、弟子の身形も揃っていない。

何故に他流試合を拒まないかというのも、腕

に絶対の自信を持っているからというわけで

はない。仮に、試合に負けて看板を外された

としても、一向に痛痒を感じる風には見えな

い。で、弱いのかというと、それが中々強く

て今までに殆ど負けたことがない。拘らない

伸びやかさを持っているということらしい。

 隼人は、ぶらりと佐々木道場を訪ねること

がある。そこで竹刀を持つことはなく、門人

の稽古を眺めたり、一角と僅かに言葉を交わ

すくらいのことであるが、楽しいのである。

 ある日、珍しく「頼もう!」と旅の武士が

一手の稽古を申し込んで来た。太平に慣れた

時代には、久しくなかったことである。

 手順に従って先ず門弟が相手をしたが、苦

も無く5人ほどが打ち負かされ、師範格の一

之瀬が相手をすることになった。

 佐倉何某と名乗る武士は、そこで初めて慎

重に間合いを取って対峙した。道場主の一角

は、まるで試合の帰趨など意に介してもいな

いように見える。佐倉何某は、見切りの名人

と見てとれたが、ただそれだけのこと。弟子

の一之瀬に任せて座り直しすらしなかった。

 佐倉は、間合いを詰めることができない。

詰めるどころか尺余も引いた。汗が滴り落ち

る。微動だにしない一之瀬の竹刀先が頭上に

のしかかってくるように思えて我慢の限界を

超えた。状況の打開をはかるに何らかの手段

も思い浮かばなかったが、身を捨ててこそと

ばかりに一気に間合いを詰めて打ち込んだ。

凄まじい速さでの一撃といえた。

 しかるに届かなかったのである。そればか

りか、後から動いた一之瀬の緩やかに見える

竹刀の動きを躱しも受けもできず、面を強か

に打たれていたのである。

 一之瀬の動きは見切れていたと、佐倉は思

った。剣の速さでは負けていない。

「参った。」と言えばよいものを、真剣なれば

決して負けはしないと、引き時を誤った。

 我の強さは、自らを省みる余裕をなくすの

が常である。

 「真剣にて今一手!」と、思わず叫んでし

まった。

 「やめておかれよ。」と佐々木が声をかけた

が、穏便にことを納めようとすること即ち一

之瀬の負けを見越しての言葉のように思え、

佐倉は言を曲げなかった。

 場所を城下の柏原に移し、真剣での試合が

なされることになり、行きがかり上隼人が見

届け人として立ち会うことになった。

 佐倉は、寸毫の見切りに絶対的自信をもっ

ていた。剣の速さは道場での立会で、自分が

勝っているとの判断がある。負ける気づかい

はまったくない。

 自分の間合いを作りさえすればよい。

 一礼して抜き合わせると、そうした。

 しかし、瞬きをする間もなく、一之瀬の切

っ先は佐倉の首元に伸び、寸止めされた。

 「そこまで!」隼人が声をかけた。

 ゆっくりと伸びてくる剣先を確実に目に捉

えていたにもかかわらず、佐倉は身動きもで

きなかたことに、呆然と立ち尽くしていた。

 番外編2  
   

           魔



 伊那の谷は、深い雪に閉ざされた。その上に座光寺富士に積もった雪が風に

吹き飛ばされてなお降り注ぐ。
 目も開けられぬ吹雪の中を、白く大きな何者かがふわりと舞い降りたのであ

るが、夕暮れ時であったというばかりでなく、余りにあたりに溶け込んだよう

な顕れ方ということもあって、誰の目にも触れることはなかった。
気づかれることのない表れは、危険を伴うことが多い。時代が変わるときとい

うのは、どこかが緩む。小さくてもそれは徐々に進む。
 人は、芯に座るものに従っていれば、それが義であれ仁であれ徳であれ美で

あれ礼であれ筋は通っていくのであるが・・・
それがなかなかに難しいものであるらしい。

 雪闇を切り裂いて、白羽の矢文が飛んだ。
それは雪の積もった屋根ではなく、雪を避ける為に閉ざされた雨戸に深々と突

き刺さったのであった。降りしきる雪の中とはいえ、痕も残さずやってのけた

ことに手練を感じさせてあまりあった。
 白羽の矢が立つことの意味は、この地にあっては石見重太郎の故事に直結す

る。

 強風に吹き払われたのか嘘のように晴れ渡った天空が表れると、そこは満天

の星空であった。
 その昔、星は天空に開いた管であり、そこから異界の光が漏れ出ているのだ

と信じられていた。
 雪の上に星明りに照らされてぼうと浮かんだのは、全身を白い毛で覆われた

ように見える影であった。異界からの現出にも見えた。
影は即ち光。一体何を揺るがそうとするのだろうか。
 このところ、京への様々な扮装の旅人の往来が増えたかにみえる。

 河原一蔵は、代を継いで十二代となる。微禄な下級武士として目立たない勤

めを果たしてはいるが、武芸をもってしたら家臣中随一の腕であるとの自負は

ある。ただ目立つことがないように控えねばならぬ役目を負っているから、そ

れが自意識を苛む。誰からも軽んじられていることをもって隠しおおせている

との思いは強いが、時折すれ違う薄田隼人だけはどうも苦手で、平静を装いな

がらも背筋に緊張が走る。腕前を見破られているのではないかとの気がかりが

残るのである。表舞台に立てるのであれば、肝胆相照らすつきあいができるよ

うになるのにと思うのである。このままで持てる才能をあたら埋もれさせてし

まうのかと、鬱勃たる想いに悶々とする日を徒に過ごしていた。
 「草」としての役目はとうに忘れ去られているのか、一向に及びはかからな

い。天狗党が移動しているのに何らの手立ても講じられていないのに、「つなぎ」

の気配すらない。
単身で道中を襲い、闇中に首魁数人を斃す位のことなど雑作もないことと扼腕

するのみであった。
 働く場所があるのに放置され続けることにより、さしもの忍耐の緒が切れた。

魔に憑かれてしまったとしか言いようがない。
 白羽の矢が立ったのは、小雪の屋敷であった。懸想していたのである。小雪

に何事か起これば隼人が係ってくるであろうことは容易に想像できたが、その

行動はもう後先を考える正常さの埒外であった。
 知らせを聞くやすぐに、隼人は急ぎ小雪を飯田城に伴い堀公に預けた。後の

動きをとりやすくするためであった。解決の目途がないわけではなかった。
 城を下がる道で、何食わぬ顔で登城してくる河原一蔵と出会った。
「そこもとか?」「矢張り見破られていましたか。」いっそ潔くはあった。
「場所を改めよう。」「相わかり申した。」
歩を進めた先は、狒狒退治伝説の由緒を持つ
姫宮神社であった。
「そこもと、我慢がしきれなくなったか?」
芯からその力量を惜しむような隼人の声音であった。「そこもとなら、憑りつい

た魔などいかようにも取り払えよう。このまま何処なりと行かれよ。働く場は

いずれ出て参ろう。」
「去るにしても、ここでの試合を所望。」
おめおめとは負けぬ気概を示さずにはいられなかった。
「それよ。自らを誇示せずばおけぬところに
憑りつかれたのよ。世の為人のための力でなくてはならぬに・・・」
 抜き合わせて切り結び、すれ違いざま一蔵は絶対の自信をもって飛びくない

を投げた。躱しもできず横っ腹にそれは突き立っている筈であった。
 向き直って対峙したとき一蔵は愕然としたのである。隼人はなんの手傷も負

っていなかったのである。
 隼人は、弓の名手である福島に至近距離から矢を射て貰って、それを避ける

修練を積んでいたのである。
 一蔵は、これを境に人前から忽然と姿を消した。後に隼人たちが魔との戦い

に臨んだとき、強力な助太刀として現れることになる。
   それはないでしょ
   

幼いころから好きでした

こんなに好きだと気づいてからも

口に出せずにもう長い

心やすさの軽口ばかり

素直に好きと言えずにいたわ

 

会えば会ったで苦しくて

会わずにいようと決めたのよ

忘れられずに悩んだわ

そんなところに電話があった

たまには会って話をしよう

 

嬉しくってもうスキップしたわ

天にも昇るここちして

いつもに増しておしゃれして

待ち合わせ場所に急いだわ

時間前には着いてたわ

 

よー久し振りと手をあげた

笑顔がとてもまぶしくて

笑いも返せず見上げてた

顔がゆがんでいたかしら

綺麗じゃなくって見えたかも

 

会いたがったわけわかったわ

とんだわたしの勘違い

貴女の望みがそれだとは

私のともだち紹介してと

屈託もなく言う貴方

 

それが貴方の願いなら

悲しいけれどわかったわ

愛しているからそうするわ

これでほんとにお別れね

きっと幸せ掴んでね

   

戻る